• 記事: 26138
  • 質問に対する回答: 18088
  • コメント: 18229
  • 準備ができて答え: 15061

アリスインワンダーランド 感想

アリス・イン・ワンダーランドのレビュー・感想・評価 - 映画.com 映画『アリス・イン・ワンダーランド』フル動画で無料視聴する!字幕・日本語吹き替え|オンデマンド部

アリスインワンダーランド 感想

アリス・イン・ワンダーランドの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全145件。評価3.2。みんなの映画を見た感想 ... ①まず、U-NEXTのホームページを開き、「まずは31日間無料体験」をクリックしてください。➁氏名、生年月日など会員登録を記入してくださいこの際に、メールアドレスをログインIDにするをチェックした場合、メールアドレスがログインIDとなるため、メールアドレス(ログインID)とパスワードは忘れないように別のところにも記録を残しておきましょう。③無料トライアルに内容と(前ページで入力した)個人情報の確認とクレジットカード情報を記入してくださいクレジットカード情報を入力しても、31日間の無料期間内に解約したら料金を請求されることはありません。登録情報を確認して、最後に確定をすれば登録は完了です。利用すれば、無料で作品を視聴することができます。見放題作品数では「U-NEXT」にやや劣りますが、動画をポイントで無料視聴するだけなら「TSUTAYA TV / DISCAS」もおすすめです。TSUTAYA TV / DISCASに初めて登録される方は、30日間の無料お試し期間と1100円分の動画視聴ポイントがもらえます。このポイントで新作映画2本の視聴が可能です。もちろん、見放題作品も充実しています。ただ、U-NEXTの配信数には敵いませんが…。また、TSUTAYA TV / DISCASのお試しプランではDVD/CDが借り放題 舞台は前作から3年後。亡き父の後を継ぎ、船長として大海原でたくましく活躍するアリス。 しかし、厳しい現実に直面し再び不思議の国、ワンダーランドへと誘われるー。 そこにいたのは、悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターだった。 大切な友、マッドハッターを救うため、アリスは“時間をさかのぼって過去を変える”ことを決意する。 そこに待ち受けるのは、ワンダーランドの住人たちの秘められた真実と、時間の番人<タイム>との戦いだった―。 2010年作ジョニー・デップ出演「アリス・イン・ワンダーランド」2016年作「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」。「不思議の国のアリス」のその後を描いたディズニー映画。見た目に子供向けのファンタジー映画と思いきや、大人も楽しめるアドベンチャー作品。特に時間の旅は良かった!!

映画『アリス・イン・ワンダーランド』のあらすじ・ネタバレ・感想 ... アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 映画無料動画フル視聴【吹替/字幕】Pandora/Dailymotion/9tsu動画配信サービス最新情報 | 見逃さNighッt!

アリスインワンダーランド 感想

『アリス・イン・ワンダーランド』の感想 夢であふれたワンダーランドも、ティム・バートン監督の手で見事に不気味な世界になりました。 「ワンダーランド」が実は「アンダーランド」だったという設定にすることで、ティム・バートン監督が得意と ... そもそもティム・バートンが好きじゃないので元も子もないのですが、前作は「ティム・バートンによるふしぎの国のアリスの造形」を楽しむ以上でも以下でもない映画でした。 続編『時間の旅』では前作の要素は残しつつ、進歩をしている、上方置換のような映画。 上方置換とはいえ最高とは言っていないです。決して。 マッドハッターがある日見つけた紙の帽子の欠片。 幼い頃に初めて作った帽子で厳しい父親に捨てられたはずのものが存在するなんて…つまり家族は生きている… ということを考え病むマッドハッター。周りは諦めさせようとするも、病みを悪化させるだけでついに瀕死状態に。 という時点でなんかよく分からないのですが、まあとにかくアリスはマッドハッターを救うため時間旅行へと出かけます。 アリスが行った先は「タイム」の城。 いかにも悪役っぽい予告を見せられてきましたが、映画を観ていると最初からどう見ても善人。 赤の女王と付き合っている?以外は言っていること至極真っ当だし、どう考えても盗むアリスが悪い。 それでもアリスはとにかく時間旅行をするのです。 過去では赤の女王と白の女王の歴史や、アンダーランドの仲間の幼少期が見られます。 何とか赤の女王誕生を阻止しようとするも、歴史は変えられない。 一方、タイムはクロノスフィアを奪われたせいで死にそうだし時間自体が危険な状態に。 そんな世界に危機をもたらすほどの大冒険の末、ハッターの家族は死んでいないという超凄い大発見をして帰ってきます。 で、みんなで赤の女王と戦い、赤の女王は暴走してまたワンダーランドが危機になり、なんだかんだで平和に終わりました。 白の女王は赤の女王に幼少期の過ちを侘び、アリスは時間は奪われるものつまり敵ではないと気付きます。 おわり。 前作同様、物語の外郭には、現実世界のアリスの人生に起こる問題があり、ワンダーランドでの事件を解決することで、現実世界のアリスの人生が前に進んでいくという構造。 そこに「時間」というキーワードが絡み、アリスらしいTimeの洒落が散りばめられたストーリーが展開されます。 とはいえ、時間を奪われるものだと考えタイムも悪だと考えるアリスにはあまり共感できないまま話が進んでしまい、タイムが不憫でなりません。 デザイン面では、前作のキャラクターはそのままに、その幼少期を描くなどのサービスも。 そしてタイムが加わったことで、機械仕掛けのモチーフがワンダーランドにアクセントをもたらしてくれました。 それ以外は相変わらずやりたいことを順番に入れていった感が強く、『ズートピア』旋風の今こんなに何も伏線回収しない物語もすごいです。 赤の女王が赤の女王になった理由もそれだけ…?

アリス・イン・ワンダーランドの感想とネタバレ!大人になったアリス... 映画「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。HuluやNetflixで観れる? | 海外映画ドラマ情報局

アリスインワンダーランド 感想

映画「アリス・イン・ワンダーランド」の感想. 映画「アリス・イン・ワンダーランド」は童話「不思議な国のアリス」と「鏡の国のアリス」を原作とし、主人公のアリス・キングスレーが大人になったその後をティム・バートン監督が描いた作品です。 というものでいまいち。 何よりストーリーの核となる「時間は奪われるものではなくそこから何かを得るもの」というメッセージに何の意外性もなく、最初から受け入れられるものだったのが、何も入ってこなかったところではないかと思います。 現実世界に戻って同じ決断をという終わり方が前作と同じ(だと誰もが勘付く)分、そのポイントも薄れ…

アリス・イン・ワンダーランド2/時間の旅 あらすじと感想!タイムトラベルで謎が明らかに! ... アリス・イン・ワンダーランドの無料動画はある?見逃し撲滅リサーチ。 | ドラマ・映画・アニメの動画視聴しまくり!作品辛口感想館

アリスインワンダーランド 感想

「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」の感想 7月1日より公開が開始された映画「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」を見てきたので感想などを書いていきたいと思います。 今作品は2010年に公開された映画「アリス・イン・ワンダーランド」の続編となっており、正式タイトルに ... 我が家では毎週土曜日を「ムービー・ナイト」にして、子供達と一緒に映画を一本選んでみています。 今週選んだのは、『アリス・イン・ワンダーランド』。2010年に公開された『ふしぎの国のアリス』の実写版です。 以前『チャーリーとチョコレート工場』を観たのですが、子供達の評判もよく、家族全員で楽しめたので、今回はジョニー・デップつながり(?)でアリスインワンダーランドをチョイス。 『ふしぎの国のアリス』は、100円ショップで購入したアニメ版DVDを持っているのですが、映像が古いためか、こちらは子供達の食いつきが悪く、あまり見てもらえませんでした。 なので実写版で見てくれるのか、少し不安もありましたが、結果は◎。 8歳児も5歳児も食いついてみてくれました。やっぱり最新の映像技術(と言っても9年も前ですが)は興味を惹くんですね。 ほとんど下調べもせずに、マッドハッター役のジョニーデップだけで選んだので、内容を知らずに観ましたが、観てみてびっくり。 あらすじは、原作の『不思議の国のアリス』ともディズニーアニメの『ふしぎの国のアリス』ともかなり違っていました。 原作やアニメでは、アリスは姉と一緒に川辺で歴史の本を読んでいるシーンから始まりますが、映画『アリス・イン・ワンダーランド』では、全然違います。 あらすじはこんな感じ…

アリス・イン・ワンダーランド2/時間の旅のネタバレと感想 アリスインワンダーランド 感想 舞台

アリスインワンダーランド 感想

アリス・イン・ワンダーランド/時間の度の感想. 映像が綺麗で、小学生ぐらいまでの女の子が見たら喜ぶでしょう。ただ、それ以上の年齢にはストーリーが穴だらけということがバレてしまう内容です。 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」は、2010年に公開された前作の続編のストーリーになっていて、前回活躍した登場人物の過去が描かれています。 この作品では、家族の絆や赤の女王と白の女王が争っている原因などが描かれているので、ファンにとっては見逃せない作品です。 中国から帰国しまだまだ目標や夢が尽きない主人公のアリス。 しかし、あることが原因で母親と言い争いになり、再び自分がどんな人間か迷い始めます。 そんな中彼女の元へ懐かしい友人が姿を見せ、アリスは再びワンダーランドへ……。 この作品では、時間がテーマになっていて仲間の為に主人公のアリスが画策し戦うストーリーになっています。 時間がテーマになっているので、誰でも共感しやすく家族との絆なども重要なポイントとして描かれているので子供から大人まで楽しめる作品です。 スポンサーリンク ジョニー・デップ ミア・ワシコウスカ ヘレナ・ボナム=カーター アン・ハサウェイ サシャ・バロン・コーエン 船で中国へと旅立ったアリス。 5年間の航海を終えて帰ってきた彼女は、再び新たな旅の計画を考えていました。 アスコット郷に旅の成果を話そうとするアリスでしたが、彼は他界し会社はヘイミッシュのモノに。 ヘイミッシュが名前を継ぐパーティーが開催されると聞いたアリスは、母親と一緒に招待されてないパーティーへ。 ヘイミッシュは、新しい奥さんと子供と一緒にアリスを出迎えて嫌味を言います。 アリスは全く気にせず、彼に次の航海の話しをしようとしましたが、「君には事務職をしてもらう」と言われてしまいました。 会社の権利は自分もあると主張するアリスでしたが、アリスの母ヘレンは内緒で株を売っていたのです。 しかも、父親の残したワンダー号を担保に借金をしていました。 次の航海に出れないと聞いたアリスは、母親に激怒し「お父様の船を売るなんて」と言いましたが、ヘレンは「あなたが自由にできるお金を作っただけよ。もう結婚を考えないと」と心配していたのです。 言う事を聞かないアリスにヘレンは「ワンダーはただの船。もうお父様はいないのよ。」と言ってしまい、アリスは「お母様みたいにはなりたくない」と部屋を飛び出し庭へ出ました。 自分の夢見ていたことができないと知ったアリスは「ワンダーを手放すなんて、私は何者なの。」と呟くと「君はアリスだろ」と懐かしい声が。 顔を上げると蝶々になったアブソレムの姿があったのです。 アブソレムは、ひらひらと舞い書斎の鏡の中へと消えて行きます。 アリスは、鏡に手を突っ込み「ヘンテコだわ」と言いました。 そして、外に人がいることに気づいて迷わず飛び込んで行ってしまいます。 アリスは再びワンダーランドへ。 アブソレムは「ずっと気づかないかと思ったよ。彼との別れが近い」と彼女に言います。 アリスは、誰のことを言っているかわかりませんでしたが「急げ」と言われてドアを開けると、真っ逆さまに落ちてしまいました。 落下した彼女が体を起こすと、そこではみんながお茶会をしていたのです。 「おかえり」とみんなに言われ喜ぶアリスでしたが、「マッドハッターがイカレタ」と言われます。 元からだと思ったアリスでしたが、彼が暗くなったと聞き驚きました。 ある日みんなで遊びに行った時にマッドハッターは、青い紙で作った帽子を発見したのです。 マッドハッターの家族は、何年も前にジャバウォッキーによって殺されていました。 その日から彼は笑わなくなってしまい、アリスは会いにいくことに。 マッドハッターは、アリスが来たことに大喜びし「君しかいない」と言いました。 彼は「僕を信じて欲しい。家族のことだ、死んだと思ってたけど生きてるかもしれない」とアリスに伝えます。 青い紙の帽子は、父親が昔マッドハッターの前で捨てたことがあったのです。 しかし、それが見つかったということは家族も逃げ出し生きているかもしれないと希望を持っていました。 マッドハッターは、父親と大ゲンカし謝ることができなかったのです。 再び家族とやり直せると考えたマッドハッターでしたが、アリスは「家族は戻らない。亡くなったの」と言います。 アリスが「絶対に無理」と言うと、「お前はアリスじゃないな。出て行け。アリスなら僕を信じてくれる」と彼女を追い出しました。 追い出されたアリスは、白の女王たちの元へ戻り「家族を連れ戻せば元気になるけど、そんなこと無理よ」と言います。 しかし、白の女王は「ありえるかも。1つだけ、とても無茶で頼めない」と言いました。 みんなが止めましたが、白の女王はクロノスフィアを使って時間を遡ることができるとアリスに教えます。 クロノスフィアとは、万物の時間を流している大時計のことでした。 ワンダーランドに存在するモノは、過去にこの世界に存在していたので自分と遭遇するとどうなるかも予測できない程危険だったのです。 クロノスフィアを使えるのは、別の世界のアリスだけでした。 アリスは、クロノスフィアを持っているタイムのもとへ。 タイムの住んでいる城へ行ったアリスは、歩いているタイムを見つけ隠れました。 タイムは、アンダーランドの生存者たちの部屋へ入っていきます。 彼の後をこっそりつけるアリス。 タイムは、時を刻むのを辞めた時計の名前を呼ぶと懐中時計が下りてきて蓋を閉じると、命が終わりました。 反対側の部屋へ時計を持っていったタイムは「安らかに」と口にします。 アリスは、彼に見つかってしまいました。 「少しだけ時間をください」というと、「この私こそが時間だ」と彼は言います。 彼はアリスの話しを聞かず、「ポケットに死んだモノが入っているな。どんなモノでもいつか手放す日が来るのだ」と言いました。 アリスのポケットには、死んだ父親の形見の懐中時計があったのです。 大時計へ案内されたアリス。 タイムは、大時計と一心同体だったのです。 クロノスフィアを貸して欲しいと言うと、「歴史が崩壊するかもしれない」とタイムは言ってアリスを放りだそうとします。 タイムは「過去は変わらない。しかし、そこから学ぶものはある」と言いました。 アリスが出て行ったふりをして隠れていると、赤の女王イラスベスがタイムの元へ。 タイムは、イラスベスのことが好きで彼女に贈り物をします。 イラスベスはウソ泣きをしてクロノスフィアを頂戴と言いました。 タイムは、渡せないと彼女をなだめます。 しかし、その間に城の中を歩き回るアリスは、クロノスフィアを見つけました。 アリスがクロノスフィアを取ると、城で働いている秒と分に追いかけられます。 タイムもすぐに異常に気づき、アリスを止めようとしました。 しかし、クロノスフィアが起動し彼女はワープして時間の旅へと出てしまいます。 使い方のわからないアリスでしたが、船に似ていると気づき過去に行きました。 城にいたイラスベスは、「あのアリスのせいで私は国を追われた」と叫びます。 しかし、タイムはクロノスフィアを失い大時計が壊れると自分自身も消滅し、アンダーランドも滅びてしまうので、急いで彼女を追いかけることに。 マッドハッターの両親が死んだ日に行こうとしたアリスでしたが、タイムの攻撃で指針がずれてしまいました。 アリスが飛んだのは、まだマッドハッターがイカレル前だったのです。 マッドハッターと出会ったアリスは、イラスベスとミラーナの成人の日の儀式についていきます。 イラスベスに王冠を付けようとするマッドハッターの父でしたが、彼女の頭は大きく王冠が割れてしまいました。 マッドハッターが笑ったことで、みんなが笑い出し「次に笑ったやつは、二度と笑えなくする」とイラスベスが激怒します。 両親に注意されるイラスベスでしたが、彼女は「みんな打ち首だ」と口にしてしまいました。 国王は、「お前が立派な女王になる日を夢に見ていた。しかし、その日は来ない。次の女王はミラーナだ」と宣言したのです。 困るミラーナでしたが、国王は「イラスベスお前は器ではない」と言い放ちます。 激怒したイラスベスは、頭が更に大きくなってしまい「ハイトップ一族には復讐する」と言って去ろうとしましたが、ミラーナに引き留められました。 するとイラスベスは、「あんたのせいよ。みんなに真実を話しなさいよ」と言われ、ミラーナは黙り込みます。 マッドハッターは、父親に「ハイトップ一族としてお前は最低な行いをした。イラスベスは、お前のせいで王冠を失った」と怒りました。 残念な息子だと言われたマッドハッターは、「家を出て行くよ。それならもうガッカリしないでしょ」と去ってしまいます。 アリスは、マッドハッターを引き留め家族の元へ戻るように言いました。 マッドハッターは、アリスに「君は頭がおかしいね」と言います。 しかしアリスは「私は父を失った。あなたにはチャンスがあるのよ」と言いましたが、「何があっても、父みたいになりたくない」と言って去ってしまいました。 ハイトップに忠告しようと戻ったアリスは、そこでイラスベスが頭を打ってから人が変わったことを知ります。 その事故を防げれば、マッドハッターの家族も助かり彼を救えると考え、急いでその日に向かいました。 その後、お茶会をしていたマッドハッターたちの元へタイムが落ちてきたのです。 タイムは自己紹介し、「アリスを探している」と彼らに言いました。 マッドハッターは、「今日アリスをお茶に招待したんだ。君はツイてるね」と嘘をつきます。 タイムをからかうマッドハッターたちでしたが、彼はウソをつかれたと気づき怒って「アリスがお茶会に来るまで、お茶会がはじまる1分前を永遠に続けてやる」と言って去っていきました。 タイムの言葉を疑うマッドハッターたちでしたが、時計は動かなくなりイスからも立てなくなってしまったのです。 そのころアリスは、マッドハッターたちが子供の頃に行っていました。 イラスベスの元へ行こうとしていたアリスでしたが、子供のマッドハッターに見つかり「きれいな頭だね。父さんは一番の帽子屋なんだ。案内してあげる」と案内されることに。 家に着いたマッドハッターは、青の紙で作った帽子を父親に見せましたが捨てられてしまいます。 彼は傷つき部屋にこもってしまいましたが、父親は「浮ついたことを許し、あの子の素晴らしい才能を潰したくないんだ。」と言ったのです。 アリスは、マッドハッターの父親が彼の為を思い厳しくしていたことを知ります。 お城では、子供のミラーナとイラスベスがお菓子の取り合いをして母親に怒られてしまいました。 ミラーナは、こっそりお菓子を盗んイラスベスのベッドの下に食べかすを隠します。 その後母親がタルトが無くなったことに気づき、2人を呼び出しました。 イラスベスのベッドの下に食べかすがあったので、彼女は母親に疑われてしまいます。 ミラーナは、本当のことを言わず「私は食べてない」とウソをついたのです。 信じてもらえなかったイラスベスは城を飛び出し、アリスはハイトップの店を出て彼女を探します。 イラスベスが頭を打つのを止めようとしたアリスでしたが、結局彼女は頭を打ち付けてしまったのです。 そのせいで彼女の頭は腫れ、駆け付けたミラーナは呆然とします。 アリスは、過去は変えられないというタイムの言葉を思い出しました。 そして、マッドハッターの父親が青い紙の帽子のごみ箱から取り出すのを目撃します。 アリスは、タイムの城のアンダーランドの死者の時計を思い出し、彼がハ行の名前を口にしていた中に、ハイトップが居なかったことを思い出しました。 タイムが名前を呼ばなかったということは、そこにハイトップの時計は無く、マッドハッターの家族が生きていると確信しました。 確信し喜ぶアリスの元へタイムが。 タイムの顔色は悪く、「自分がどれだけ無茶なことをしているか、危険を犯しているかわかっているのか」と怒ります。 クロノスフィアを失い、時計が止まりそうだったのです。 あと一度だけと頼むアリスでしたが、鏡が揺れたのに気づき「ごめんなさい。マッドハッターを助けに行く」と言いました。 鏡の中に飛び込んだアリスが目覚めると、ヘレンの姿が。 彼女は、ヘイミッシュの部屋で倒れていてクロノスフィアを探している様子をみたみんなは異常だと思い入院させたのです。 手錠に繋がれ、注射を打たれそうになったアリスを見てヘレンが止めようとしましたが、追い出されてしまいます。 アリスは、先生に注射を打ち逃げ出しました。 ヘレンは、職員を足止めし「逃げて」と叫びます。 アリスは、クロノスフィアを探す為にヘイミッシュの家へ。 クロノスフィアを見つけたアリスは、再び鏡の中へ入りハイトップ一族が襲われた日に向かいます。 逃げ惑うハイトップたちを見つけたアリスでしたが、彼らは赤の女王の部下たちに捕らえられ連れていかれてしまいました。 マッドハッターの家族は、イラスベスに攫われていたのです。 アリスは、元の時間へ戻りマッドハッターに家族が生きていると伝えようとします。 しかし、彼の心臓は止まりそうになっていました。 アリスは、「ありえないなんて言って、本当にごめんなさい。あなたを信じるべきだった」と言います。 すると「俺を信じてくれるのか?」とマッドハッターは目を開け「君だね?君はアリスだ」と言いました。 アリスは、マッドハッターに家族がイラスベスによって捕まっていることを話します。 元気になったマッドハッターは、イラスベスの元を目指しました。 タイムは、彼女の元へ戻り「ハイトップのことを彼女は救う気らしい」と言います。 その言葉を聞いたイラスベスは、タイムのことを捕らえ「これからは私が好きにする」と言い出しました。 仲間とイラスベスの元へ向かいましたが、マッドハッターは家族を見つけられず悲しみます。 しかし、マッドハッターの家族は小さくなり砂の中へ閉じ込められていたのです。 小さい家族を見つけて喜ぶマッドハッターとアリスでしたが、クロノスフィアをイラスベスに奪われてしまいました。 イラスベスはみんなを捕らえ、ミラーナを連れてクロノスフィアを起動させます。 タイムは、「自分の姿を見るとこの世が破滅する」と忠告しました。 彼が苦しむ姿を見たアリスは、全て自分のせいだと後悔します。 するとイラスベスの部下がアリスたちに協力し牢屋から開放しました。 タイムは「君が止めるんだアリス」と彼女にイラスベスたちを託します。 残ったみんなは、タイムを城に連れて帰ることに。 そのころイラスベスは、ミラーナが自分に罪を擦り付けた時間にいました。 ミラーナは、その時と同じように「知らない」と答えてしまいます。 イラスベスは、「?

映画「アリス・イン・ワンダーランド」がフルで無料視聴できる動画配... 『アリス・イン・ワンダーランド』|感想・レビュー - 読書メーター

アリスインワンダーランド 感想

映画「アリス・イン・ワンダーランド(Alice in Wonderland)」がフルで無料視聴できる動画配信サービスの比較や作品情報(キャスト・あらすじ)や感想のまとめです。

アリス・イン・ワンダーランド・メイズ ... アリス・イン・ワンダーランド前作をチェック!ネタバレあらすじと感想 | Yuenosu@Revue

アリスインワンダーランド 感想

上海ディズニーランドの「アリス・イン・ワンダーランド・メイズ」の口コミ評価、感想、待ち時間、注意点などをまとめています。ティム・バートン監督の映画『アリス・イン・ワンダーランド』をテーマにした世界初の迷路。ゲストはマッド・ハッターのティ...

映画『アリス・イン・ワンダーランド』のネタバレあらすじ結末と感想... 【アリスインワンダーランド】映画のあらすじ・登場人物&キャラクター・主題歌・声優

アリスインワンダーランド 感想

アリス・イン・ワンダーランドの感想・評価・レビュー ジョニーデップ扮するマッドハッターの印象が強い作品だが、他にも白の女王にアンハサウェイ、アリス役にはミア・ワシコウスカを起用しており、それぞれが作品のイメージに忠実に描かれている ...