• 記事: 24228
  • 質問に対する回答: 23466
  • コメント: 27812
  • 準備ができて答え: 30815

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎 国立成育医療研究センター 目の周りに出るアトピーの原因・症状・治し方は?

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。アトピー性皮膚炎では、皮膚の“バリア機能”(外界のさまざまな刺激、乾燥などから体の内部を保護する機能)が低下していることが分かっています。 皮膚の炎症の1つアトピーとは 意外に多い「目の周り」のアトピー 目の周りのアトピーは失明の恐れも 全身性のアトピー性皮膚炎の中でも、特に目の周りの症状が重症化している人がいます。あるいは、身体の他の部位は異常がないのに、目の周りだけにアトピー性皮膚炎を発症する人もいます。皮膚科や眼科には、この症状の相談に来院する患者も少なくないようです。悪化すると視力低下にもつながる恐ろしい症状と言われています 目の周りにできるアトピーの原因 もともとのアトピー体質に加えて、目の周りが特に乾燥すること、目の周りに負担をかけること、目の周りにアレルゲンが付着することなどが原因で、目周りに特化したアトピー症状をきたすことがあります。 目の周りに限定したアトピーとは言っても、発症してしまう人は、多かれ少なかれもともとアトピー体質です。遺伝、食習慣、ストレスなどが原因です。 加えて、目の周りに何らかの負担がかかることによって、目周りに特化したアトピー性皮膚炎が生じることになります。たとえばパソコンからの生暖かい送風を長時間目に受けている場合や、不衛生な手で目の周りをこすったりすることなどです。 また、目の周りのかゆみが気になって掻いてしまうと、ますます症状が悪化してしまいます。かゆみに対する反射的な動作そのものが、目周りのアトピーを重症化させる原因になっているとも言えます。 どのような症状か 目の周りのかゆみ、赤み、まぶたの湿疹、目ヤニなどが主な症状です。これらの症状を総称して眼瞼炎と言います。目瞼炎が悪化すると、ヘルペスウイルスによるカポジ水痘様皮疹に発展するなど、合併症を引き起こすこともあります。 目瞼炎に次いで多く見られる症状が結膜炎です。重症化した結膜炎は「春季カタル」と呼ばれます。 次いで、白内障、角膜上皮障害、網膜剥離といった発症順位となります。 通常の白内障は高齢者に多く発症しますが、アトピー性白内障は若い人でも発症します。 また、かゆみに耐えられず激しく目をこすったり叩いたりすると、網膜剥離になる恐れもあります。目の周りにアトピー症状が起こした人のうち、約2.1%の人が網膜剥離を発症しています。十分に注意しなければなりません。 対処法 長期的にはアトピー体質の改善を測る対処を、短期的にはかゆみ・赤み等を緩和させる対症療法で対処します。 長期的には、保湿、バランスのとれた食習慣、規則正しい生活、ストレスの解消などがアトピー体質を改善へと向けていきます。短期的には、ステロイド軟膏の塗布や、患部の冷却などです。 なお、医師からも説明はありますが、ステロイド軟膏が目に入らないよう、くれぐれも注意して使用してください。目に入ると、最悪の場合、緑内障になる恐れがあるためです。 長期的な体質改善を目指すうえで試みたい方法の一つに、サプリメントの継続的な摂取があります。 サプリメントには即効性はありませんが、腸内環境の改善を促したり角質層の水分量を増やすなど、長期的にはアトピー体質の根本的な改善に寄与する効果が期待できます。 実績や評判などを参考にし、ご自身に合ったサプリメントを探してみるのも良いでしょう。 アトピー性皮膚炎の眼合併症 眼の周りにアトピー性皮膚炎ができると、合併症として「アトピー性眼瞼炎」や、「白内障」「角膜上皮障害」「網膜剥離」と言った合併症を引き起こすことがあります。 アトピー性皮膚炎患者のなかで何らかの眼合併症がみられたのは13例(55.8%)であった(重複例を含む).眼合併症はアレルギー性結膜炎が68例(男性36例, 女性32例で28.3%に,白内障は4例(男性20例,女性 23例 )で 179%に認 めた.〜中略〜今回の調査でアトピー性皮膚炎に最も高頻度に見られた合併症はアレルギー性結膜炎であったが,アトピー性皮膚炎に合併しやすい理由として,アトピー素因による発症以外に,皮膚炎による眼瞼・角膜・粘膜の掻破などの機械的な眼部への刺激も原因と考えられている. 出典:『アトピー性皮膚炎の眼合併症-』アレルギー,43(7),1994 それぞれの合併症について、発症率や症状などを詳しく見ていきましょう。 アトピー性眼瞼炎 アトピー性皮膚炎で引き起こされる眼瞼炎は、眼の周りのかゆみやまぶたの湿疹、目やになどの症状が特徴の合併症です。症状がひどくなると、上下のまぶたの皮膚が硬く、分厚くなってしまいます。 また、痒くて手で患部をこすったり叩いたりすれば、眼球に圧力が加わり眼球を傷つけてしまう可能性も。黄色ブドウ球菌や、細菌感染、ヘルペスといった感染症を引き起こすこともあります。 アトピー性眼瞼炎になった場合には、目の周りを掻いたり叩いたりしないことが大切ですが、寝ている間に無意識に目をこすってしまうことも大いにありえます。 アトピー白内障 アトピー性眼瞼炎が悪化して引き起こされることもあるアトピー白内障も、特に注意したい合併症です。 白内障とは、目の水晶体と呼ばれる部分が白く濁り、物がかすんだり眩しく見えたり、二重に見えたりなど、見え方に障害が生じます。また、そのままにしておけば視力が低下してしまうこともあります。 アトピー性皮膚炎と白内障が合併する仕組みやメカニズムは詳しくわかっていないものの、目の周りのアトピー性皮膚症状が強ければ強いほど、合併率も高いと指摘されています。アトピー性眼瞼炎のかゆみにより目をこすったり叩いたりすることも原因と考えられています。 アトピー網膜剥離 目の網膜と呼ばれる部分は、カメラのフィルムのような役割を果たしている期間です。網膜が網膜色素上皮細胞と呼ばれる土台から剥がれてしまう網膜剥離は、視力の低下や視野の欠けなどを引き起こします。 アトピー網膜剥離の患者の約7割が15〜25歳の若い世代です。また、両目で網膜剥離を引き起こすケースも4割近くと言われていますから、将来の視力障害を予防するためにも、早期発見と早期治療が大切です。 周辺網膜と呼ばれる部分だけが剥がれてしまうことが多いアトピー網膜剥離は自覚症状が出にくいことも特徴の一つ。先程ご紹介したアトピー白内障と併発しているケースも多い病気です。 見え方に異変を感じたら、早めに眼科医に相談しましょう。 参考:日本眼科医会『アトピー性皮膚炎と目』(2018年1月31日確認) アトピー性皮膚炎の眼合併症の対処・予防 長期的にはアトピー体質の改善を測る対処を、短期的にはかゆみ・赤み等を緩和させる対症療法で対処します。 保湿、バランスのとれた食習慣、規則正しい生活、ストレスの解消などがアトピー体質を改善へと向けていきます。短期的には、ステロイド軟膏の塗布や、患部の冷却などです。 眼の周りや顔にアトピー性皮膚炎ができた場合、ここまで見てきたように眼に何らかの合併症を引き起こすリスクが高いため、合併症を予防するためには定期的に眼科的な検査を受けて、早期発見と治療をすることが大切です。 また、ステロイド軟膏を使用している場合には、急に使用を中止して副作用として眼合併症を引き起こしたり、眼にステロイド剤が入ってしまい緑内障を引き起こしてしまうケースもあります。薬の使用には十分に中をする必要があると言えるでしょう。 「アトピー性眼瞼炎」の治療には、皮膚科によるアレルギー反応を抑える治療が何よりも大切です。また、「アトピー性白内障」と診断された場合には、状況に応じて通常の白内障と同じように手術を行うこともあります。 ただし、「アトピー性網膜剥離」を合併している場合には、手術が適応外のケースもあるため、注意が必要です。「アトピー性網膜剥離」の治療には、網膜が硝子体に引っ張られて剥離が進行するのをストップするために、網膜穿孔をふさぐための手術治療が必要となります。 参考:日本眼科医会『アトピー性皮膚炎と目』(2018年1月31日確認) 参考:『アトピー性皮膚炎の眼合併症-』アレルギー,43(7),1994 アトピーのかゆみを抑えるのであれば質の高い睡眠を かゆみを抑える方法は、実にさまざまなものがあります。 しかし「あらゆる方法を試しても、眠ろうとした途端にかゆみで寝付けない…」。そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。 それはいまあなたが試している方法が、一時的なかゆみを抑えるものにすぎないからかもしれません。 かゆみを根本から改善するためには、かゆみで眠れなかったり、眠りながら無意識にかきむしってしまっているという「アトピー悪化の悪循環」を止める必要があります。 ここで紹介したかゆみを一時的に抑える方法は積極的に取り入れつつ、しっかりと質の高い睡眠を取り、免疫バランスを整える。 アトピー悪化の原因となる悪循環サイクルを断つことを、ぜひ同時に実践していき、効果的にアトピーを改善させましょう。

アトピー性皮膚炎 - Wikipedia 【医師が断言】アトピー性皮膚炎は普通の治療で完治する | 1万年堂ライフ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎という言葉が医学用語として登場するのは、1933年である。アメリカ人のザルツバーガー皮膚科医が、皮膚炎と結びつけてアトピー性皮膚炎 (atopic dermatitis)という病名を初めて使用した。 これってアトピー? どうしたら治るの? 何が原因なの? ステロイド薬は怖い…。 毎日のように寄せられるアトピー性皮膚炎へのさまざまな疑問や不安に、皮膚科専門医の花川博義先生が分かりやすく答えられた書籍をご紹介します。 タイトルは、『あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎 ~どうすれば治る? 子どもも親も楽になる正しい治療法 良医・名医の見つけ方』。 『皮ふと健康 おトク情報』に続く、あんしん健康ナビシリーズの第2弾です。 多くの悩める親子を、完治まで導いてきたからこそ断言できる、「普通の治療でアトピーは治ります」とはどういうことでしょうか? 今回は、この本を執筆された熱い思いを「はじめに」からご紹介します。 (1万年堂ライフ編集部より) アトピー性皮膚炎は普通の治療で完治できる 「謎多き皮膚病」。それがアトピー性皮膚炎です。発症に多くの要因が関与していることに加え、情報による混乱が謎に拍車をかけています。 情報化社会に伴い、診察風景も変わってきました。多くの患者さんが、病気について「予習」してきます。病名を告げると、「ちょっと待ってください、ググりますから」とスマホで検索をする若者もあります。 医学情報は身近になりましたが、アトピー性皮膚炎ほど、原因と治療についての諸説が入り乱れた病気はありません。 平成4年、テレビの特番が、標準の治療薬であるステロイド外用剤の副作用を強調し、「最後の最後に使う薬」と結論づけたことをきっかけに、医療不安が広がりました。 それを契機に、多くの企業がアトピービジネスを展開し、さまざまな情報が流されました。 原因は食べ物だ、水が悪い、シックハウスのせいだ、ステロイドを塗ったからだ、先祖のたたりだなど、さまざま。 治療についても、これを塗れば治る、これを飲めば治る、これを買えば治る、これを拝めば治ると、言いたい放題です。 「情報の氾濫で、頭が混乱♪ 訳が分からん、もう知らん♪」(ラップ調で) ネットや本で調べれば調べるほど、分からなくなる病気。それがアトピー性皮膚炎です。 混乱の原因を考えてみますに、標準治療が知られていない、いや発信が少ないからではないかと思います。「アトピー性皮膚炎」で検索すると、その情報の偏りに驚かされます。 当たり前の情報があまりにも少なく、奇をてらう記事があまりにも多い。地道な標準治療より、一発逆転ホームランをうたった特殊治療が目立ちます。 例外の誇張も気になります。「消防士が火を消した」は、話題性がなく、「消防士が放火をした」がニュースになります。「薬で病気が治った」より、「薬の副作用でひどくなった」が興味を引くでしょう。 スキャンダルを好むのが人の常ですが、まれなケースばかりが強調されると、いらぬ不安と不審を抱いてしまいます。 混乱をきたしている今だからこそ、「普通の治療でアトピーが治ります」と、当たり前のことをお伝えしたく筆を執りました。 この本が、「謎多き皮膚病」のナビゲーションとなればうれしく思います。 特別に目次を一挙ご紹介! 『あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎』には、こんな内容が紹介されています。知りたかった悩み解決のための正しい知識が盛りだくさんです! 1章 アトピー性皮膚炎を取り巻くナゾ アトピーはかゆみとの闘い ~皮膚炎が、さらなるかゆみを引き起こす これってアトピー? 「あせも」「小児湿疹」と診断されることも アレルギー検査をすれば、原因が分かるのでしょうか 治療のヒントは「鼻」にあり。天然のアブラがお肌を守る 大発見! 遺伝子で解明された、皮膚の大事なバリア機能 アレルギーマーチを予防するには、お肌の放任主義はいけません 塗り薬は先手必勝!「モグラたたき」ではよくありません 治らない理由は、「塗る量」が少ないのです コラム 薬は少なくなると、効きめが弱くなる? いつ発症して、いつ治るのか。見通しをつけておくと安心です 「治った」に二つある。まずは第一ゴールを目指しましょう 2章 ステロイドは怖い薬ですか? よくある誤解①「塗った所が黒くなる」 ~黒くなるのは、ステロイドのせいではありません よくある誤解②「使い始めるとやめられなくなる」 ~上手に使えばとても便利な薬です よくある誤解③「副作用が怖い」 ~怖くありません。「副作用かな」と思ったら、医師に相談を 「脱ステロイド」ではなく、「卒ステロイド」を目指しましょう 塗り分け不要。これ一本! 新薬「タクロリムス」の特徴と上手な使い方 コラム パパに薬を塗ってもらおう 3章 治療のあれこれ みんなの皮膚にすんでいるブドウ球菌の脅威 ~夏型アトピーには「1デイ2シャワー」 強さが同じでも効きめが違う ~塗り薬には相性があります コラム ジェネリックと先発品の違い 二千年の経験の集大成 漢方薬の上手な使い方 玉石混交。試してもいい民間療法の見分け方三つ 症状の悪化を防ぐ、凄ワザ、裏ワザ、隠しワザ アトピーの人がなりやすい目の病気 ~年に一度は眼科で検査を アトピーの人は、とびひ、みずいぼにもなりやすい 4章 良医・名医にかかるには 近所の医者に「しっかり」診てもらうためのポイントは? 良医でも、「持ち時間」が少なければ、力を発揮できません 皮膚のことは、やっぱり皮膚科。医者と病院選びのヒント 短い診療時間を最大限に活かすには ~医師に言いたいことを、あらかじめまとめておくとスムーズです あなたの良医・名医は案外近くにいるかもしれません 5章 アトピーっ子を持つ親の立ち位置 タッチングケアの幸せな効能 ~薬を塗るのも親子の大切なスキンシップです 子どもを責めない、親も自分を責めない 親の役割は、ともに苦しむことではなく、子どもを支えること 子どもの訴えを受け止める。それだけで、子どもは癒やされるのです 親も子も、心が楽になる心の持ち方 「アナタはアナタ。私は私」 アトピーっ子と、その親御さんの気持ちに寄り添った温かいアドバイスの数々に、読み終えたあとは、きっと心が軽くなっているに違いありません。

アトピー性皮膚炎の症状・原因|くすりと健康の情報局 アトピー性皮膚炎|アレルギー疾患|分類から調べる|病気を調べる|病気解説2600項目|根拠にもとづく医療情報の提供|家庭の医学 大全科

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは. 日本皮膚科学会によるとアトピー性皮膚炎とは、「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。 どんな病気か かゆみの強い慢性の湿疹で、増悪や軽快を繰り返します。多くの場合、アトピー素因(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などを生じやすい体質)をもつ人に生じます。主に小児期に発症し、成人では軽快することが多いのですが、成人になって再発したり、重症になることもあります。 原因は何か 多くは環境中のダニや食べ物などの成分がアレルゲン(アレルギーの原因物質)となり、それらに対する免疫グロブリンE(IgE)抗体がつくられて、皮膚にアレルギー性の炎症を起こします(表7)。 小児では、卵、牛乳、小麦などの食物が原因として多くみられます。その他、イヌ、ネコなどのペットのフケや毛、体内や皮膚の表面にすんでいる真菌(カビ)などの成分もアレルゲンになります。 また、皮膚の最上層である角層内の天然保湿因子やの細胞間物質(セラミドなど)の異常などにより皮膚のバリア機能が損なわれ、冬の乾燥や夏の発汗、衣類などの刺激に対して皮膚が弱く、炎症を起こしやすい状態になります。炎症を起こした皮膚の表面には細菌が増殖しやすく、さらに悪化させる要因になります。 成人では、これらにより生じた皮膚の炎症が職場や家庭内の精神的ストレスで悪化することがあります。家族にアトピー素因のある人が多く、他のアトピー疾患の合併も多くみられます。 症状の現れ方 年齢によって症状が異なります。乳児期には滲出液の多い紅斑が顔面や体幹、四肢にみられ、幼小児期になると首や四肢の関節部などに乾燥性の病変がみられます。 思春期や成人になると全身、とくに顔面、くび、胸背部などに紅斑や丘疹(ぶつぶつした隆起)などの症状が強くみられます。ざらざらした黒ずんだ乾燥肌(アトピー皮膚)のことが多く、かゆみが強いために掻破による傷(かき傷)がみられます。眼のまわりの症状が強い場合には、アトピー性白内障や網膜剥離を起こすことがあります。 アトピー性皮膚炎に単純ヘルペスが感染すると顔面や上半身などに小さな水疱(直径が数㎜の水ぶくれ)が多発し、ぴりぴりした痛みを伴います。これはカポジ水痘様発疹症と呼ばれ、感染が広範囲に及ぶと発熱を伴います。 検査と診断 多くはそれぞれのアレルゲンに反応する免疫グロブリンE(IgE)抗体が上昇し、血液中の総IgE抗体量も上昇します。皮膚炎の悪化時には、白血球のうちアレルギー疾患で増加する好酸球の割合が増えています。しかし約20%はIgEが上昇しないアトピー性皮膚炎として存在します。 治療の方法 皮膚のかさつきを抑える目的で白色ワセリンや尿素などを含んだ保湿剤を、炎症を抑える目的でステロイド軟膏を用います。免疫抑制薬の軟膏タクロリムス(プロトピック)も有効ですが、刺激感や感染症などの副作用に注意が必要です。 内服薬では抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を用います。抗炎症作用のある漢方薬が有効なこともあります。細菌や単純ヘルペスの感染症を伴った時には、それらに対する治療が必要になります。 病気に気づいたらどうする 原因対策を行います。家のなかのダニ対策や小児では原因食物の除去を行います。ただし、過剰な食物除去は成長障害を来すため注意が必要です。皮膚の清潔を保つことは重要ですが、石鹸の使用により皮膚は乾燥するので、入浴後は保湿を十分に行います。 掻破によるびらんが著しい場合には、軟膏を塗った上にガーゼや包帯を巻いて掻破から皮膚を守ります。十分な睡眠をとることや胃腸の調子を整えること、精神的安定を図ることも重要です。

アトピー性皮膚炎について メディカルノート

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹(しっしん)が、全身または部分的に発生する病気です。よくなったり悪くなったりを繰り返すという特徴があります。 アトピー性皮膚炎は、アレルギー性の体質や皮膚のバリア機能の低下など、さまざまな原...

アトピー性皮膚炎とは?|治療薬にも種類があるってご存知ですか?|...

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。本サイトでは、アトピー治療にお役立ていただける情報をお届けしています。

「アトピー性皮膚炎」の症状・部位別症状を解説 ロート製薬: 商品情...

アトピー性皮膚炎

(1)「アトピー性皮膚炎」の症状・部位別症状を解説のページ。ロート製薬の商品情報、キャンペーン情報、ブランドサイト一覧、CM情報、さまざまなコンテンツをご用意しています。

アトピー性皮膚炎 - 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

アトピー性皮膚炎

Q2 アトピー性皮膚炎とはどのような病気ですか? q3 アトピー性皮膚炎はどのようにして診断されますか? q4 アトピー性皮膚炎の重症度は何を基準に判断されますか? q5 治療の目標はどこに設定しますか? q6 アトピー性皮膚炎に対する薬物療法の基本的な ...

アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は多病因性の疾患である.アト ピー素因(体質)とバリア機能の脆弱性等に起因する 皮膚を含む臓器の過敏を背景に,様々な病因が複合的 に関わる事がアトピー性皮膚炎の病態形成に関与す