• 記事: 22737
  • 質問に対する回答: 27402
  • コメント: 30865
  • 準備ができて答え: 22312

うつろひたる菊 現代語訳 正月

蜻蛉日記 「うつろひたる菊」解説 文LABO 気になる歌人/歌

うつろひたる菊 現代語訳 正月

蜻蛉日記「うつろひたる菊」解説。(教科書によっては、「嘆きつつ」というタイトルがついている場合もあります。)作者は藤原道綱の母、という名前が残っていない女性なのですが、日本史上、初の女性の手による日記文学であり、平安期を代表する女流文学の一

蜻蛉日記のうつろひたる菊の「正月ばかりに~ねむごろなるようなりけ...

うつろひたる菊 現代語訳 正月

蜻蛉日記のうつろひたる菊の「正月ばかりに~ねむごろなるようなりけり」の口語訳教えてください!そのあとの、「さて、九月ばかりになりて~」からの口語訳はほかの方が質問されてるのがあったんですけど

蜻蛉日記「うつろひたる菊・町の小路の女」原文と現代語訳・解説・問...

うつろひたる菊 現代語訳 正月

「うつろひたる菊」の現代語訳. そうして、九月頃になって、(兼家が)出て(帰って)しまった時に、文箱があるのを何気なく開けて見ると、他の人(=女)の所に届けようとした手紙がある。

蜻蛉日記 うつろひたる菊の現代語訳を教えてください正月ばかりに~から... -...

うつろひたる菊 現代語訳 正月

蜻蛉日記 うつろひたる菊の現代語訳を教えてください正月ばかりに~からです 【蜻蛉日記/うつろひたる菊】9月ごろになって、(兼家が)出て行った時に、文箱が置いてあるのを、手なぐさみに開けて見れば、よその女のもと...

蜻蛉日記『町の小路の女・うつろひたる菊』(さて、九月ばかりになりて...

うつろひたる菊 現代語訳 正月

蜻蛉日記『町の小路の女・うつろひたる菊』 このテキストでは、蜻蛉日記の一節『町の小路の女』の「さて、九月ばかりになりて、出でにたるほどに〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては『うつろひたる菊』や『なげきつつひとり寝る夜』と題する

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳 - 勉強...

うつろひたる菊 現代語訳 正月

蜻蛉日記(かげろうにっき) 作者:藤原道綱母(ふぢわらのみちつなのはは) 「黒=原文」・「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』解説・品詞分解問題はこちら蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』問題1 さて、九月 ...