• 記事: 23285
  • 質問に対する回答: 23490
  • コメント: 25090
  • 準備ができて答え: 22361

ご教示くださいますと幸いです

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け 英語部 「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ | TRANS.Biz

ご教示くださいますと幸いです

「ご教示ください」と「ご教授ください」は、どちらも「教えてください」という意味をもつ言葉ですがニュアンスの違いがあることをご存知でしょうか。今回は、「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いを解説しますので参考にしてください。 「ご助言」は「ごじょげん」または「ごじょごん」と読み、”助けになる言葉を意味します。例えば先生、または上司や先輩といった目上の人に問題のヒントやアイデアを教えてもらうことが「ご助言」にあてはまります。自分の【助け】となる提案やアドバイス、口添えを指した【言】葉で「助言」を意味しています。どちらの読み方を使っても間違いではありませんが、現代では「ごじょげん」のほうが一般的とされ、「ごじょごん」は古い読み方になります。古くは「じょごん」のほうが多く用いられていましたが、近代日本に入ってからは読み方が「じょげん」へと移り変わっていきました。夏目漱石の小説の一節にも「じょごん」というフリガナが振られています。目上の人にアドバイスをもらうときに使用する「ご助言」。使い方を間違えてしまうと相手に対して失礼な言葉になってしまいます。ビジネスシーンで使用する際に気をつけなければならない「ご助言」の注意点を2つご紹介しましょう。目上の人からの「助言」にはしっかりとした言葉で敬意を示すことが大切です。「ご助言」は【助言=アドバイス】であることから、相手が教えてくれた知識や技術までが「アドバイス程度の軽いもの」と相手に思われてしまう危険性があります。助言をもらったときの返事に「ご助言ありがとうございます」と返してしまう人がいますが、「ご助言」は目上の人に”アドバイスを求める”言葉であるため、もらった側が言うのは不自然です。目上の人から教わったときのお礼に「ご助言」を使うと失礼になるため注意してください。「ご助言」は目上の人からアドバイスをもらいたいときに使う言葉ですが、むやみに使用するのは避けた方がよいです。「助言」は丁寧な言葉ですが、敬語のなかでは尊敬度が低い表現になります。ビジネスシーンでは「ご助言」を失礼と受け取る人も少なくないので、使用するなら距離感の近い目上の人に限定するのが無難です。取引先の相手など、社外に向けて使う場合は別の丁寧な言葉に言い換えましょう。「ご助言」は安易に使うと失礼になってしまいますが、決して悪い言葉ではありません。使う相手を選んで正しく使えばビジネスシーンでも使用できる丁寧な表現です。正しい「ご助言」の使い方についてチェックしていきましょう。 ・I will be happy if I receive your advice regarding the selling method of the products.

「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使... ご教授?ご教示?教えを乞う場合の敬語あれこれ | リクナビNEXTジャーナル

ご教示くださいますと幸いです

「ご教示」とは「ごきょうじ」と読み、「教えること、伝達すること」という意味があります。「ご教示ください」「ご教示いただきたく存じます」「ご教示を賜りたく存じます」といったように使います。ただ、この表現は堅苦しい印象をもたれがちです。 ⇒商品の販売方法について、ご助言いただければ幸いです。 ・I completed the plan. I will be happy if you check it and afterwards give me your advice.

目上に「ご教示ください」は失礼?より丁寧な敬語、意味、メール例文 「ご助言」とは?意味や使い方・注意点・「ご教示」など類語との違いも徹底解説! | CHEWY

ご教示くださいますと幸いです

「ご教示ください」は目上の人に失礼?ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに?とご心配のあなたへ。「ご教示ください」は目上に失礼とまでは言わないものの、親しい取引先や上司につかえる程度の丁寧レベル。 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご教示いただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。ご参考にどうぞ。 「ご教示いただければ幸いです」の使い方 何かしら教示をお願いするときのビジネスメールに使います。取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、 」を入れるケースもあります。どちらを使っても正しい敬語です。 メール件名: 2018年卒・新卒採用予定の有無(就活大学・就活一郎) 転職株式会社 採用担当者 様 突然のメールにて大変失礼いたします。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 メール件名:貴社製品に関する問い合わせ 株式会社転職 ご担当者 様 お世話になります。 突然のご連絡、大変失礼をいたします。株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 ①検討用途:電気自動車のエンジン部材 ②求める物性:高耐熱性、高耐久性 貴社ホームページにて製品一覧を確認しましたところ、 商品AとBが目的に合致すると考えておりますが、いかがでしょうか。 などあり。 ここで「ご教示のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 もともと、とくに深い意味はありません。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 ちなみに「ご教示の程」というように漢字をもちいてもOK。あなたのお好みでお使いください。 ビジネスメールではなく会話や電話シーンであれば…

ご教授いただければ幸いです・ご教授くださいの意味/使い方/英語 - ハ... 「ご教示」に関連した英語例文の一覧と使い方 - Weblio英語例文検索

ご教示くださいますと幸いです

ご教授いただければ幸いですの意味. ご教授いただければ幸いですの意味は 「教えてください」 です。 敬語表現なので目上の人に使う場合の言葉です。 似た言い方として 「教えていただけますと幸いです」 があります。 教授の意味 どちらの表現も謙譲語をうまくつかい、このうえなく丁寧な敬語フレーズとなっていることがわかります。 したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご教示」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「ご教示いただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで、 うしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…

「ご教示いただけますと幸いです」の正しい使い方は?|例文や意味を... 「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方 | 大人のための正しい敬語の使い方

ご教示くださいますと幸いです

「ご教示いただけますと幸いです」という言葉や、「ご教示ください」「ご教示賜る」という言い方を就活やビジネスの場面で目にすることがよくあると思います。しかし、学生にとっては使い慣れない表現かもしれません。今回は「ご教示いただけますと幸いです」という表現の使い方につい ... 「ご教示ください」と「ご教授ください」はどちらも「教えてください」という意味です。どちらも話し言葉としてはほとんど使われず、書き言葉として使われます。「ご教示ください」はビジネスの場面(特にメール)で用います。 「ご教示ください」は一般的に使われますが、「ご教授ください」はめったに使われず、誤用と考えている人もいます。 教示 … 一般的なことを教える 教授 …

「ご教示」と「ご教授」どちらが正解?正しい意味・使い方の決定版! ご教示くださいの正しい使い方を知っていますか?|ハタラクティブ

ご教示くださいますと幸いです

「ご教示」は「どうぞ教えてください」という言葉を丁寧に表現したものです。ビジネスシーンでよく使われる「ご教示ください」「ご教示願います」の正しい意味や使い方、「ご教授」との違いを確認しましょう。 「ご教示ください」は「教えてほしい」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教示(読み:ごきょうじ)のもとになる単語は「教示」であり、意味は「教えること」 「教示」に尊敬語「お・ご」を使うと「ご教示」という敬語の完成。 「ご教示」に「ください」をつなげて「ご教示ください」としたときの意味は… 「教えてください」 「教えてほしい」 このように解釈できます。尊敬語をつかっているため自分の行為ではなく、相手に「教えてほしい」という意味になります。 使い方は文字どおり、上司や取引先になにかしら教えてもらいたいときのビジネスシーンで使われます。 「ご教示ください」を敬語としてみていくと…以下のようになりたちます。 意味は『教示してもらえたら嬉しいなぁ、幸せだなぁ』、つまり「教えてもらえたら嬉しいです」となります。 「いただければ」は「もらう」の謙譲語「いただく」+可能形+仮定の「~れば」 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。以下の例文もご参考にどうぞ。 と言い換えできます。 ここまで紹介した「ご教示」の使い方はおもに2つあり、 ①謝罪・お詫びのビジネスメール結び締め ②許可・許しを得るビジネスメール結び締め といったシーンに使うフレーズであり決まりきった使い方のみ。 「ご教示くださいますようお願い申し上げます」の使い方 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメール結び締めとして使います。取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、 となり「ご教示くださる」なのか「ご教示いただく」なのか「ご教示のほど」なのか「ご教示いただければ〜」なのかでニュアンスが違います。 どれを使っても丁寧ではありますが使い分けについても考えてみます。 いろいろと考えてはみましたがこれまで示した例文はどれも丁寧であり、使い分けする必要性はありません。 強いて言うのであれば「ご教示いただければ幸いです」がもっとも丁寧なお願い・依頼のフレーズ。 これまでと同じようにビジネスメール結び締めとして使います。以下の例文をご参考にどうぞ。 宜しくお願い申し上げます」です。 「ご教示のほど~」は上司など社内の相手に限らず、社外取引先につかったとしても丁寧な敬語フレーズです。 ここで「ご教示のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 せっかくですので「ご教示いただきますようお願い」「ご教示くださいますようお願い」の違いを考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると…