• 記事: 20109
  • 質問に対する回答: 26385
  • コメント: 27072
  • 準備ができて答え: 20558

ハロウィン 意味 由来

ハロウィンとは?由来や意味&起源は?なぜかぼちゃ?ジャックオーラ... ハロウィンにはなぜかぼちゃ?由来となった野菜や意味をご紹介! | ニュースとりっぷ

ハロウィン 意味 由来

ハロウィンとは?由来や意味&起源は? ハロウィンは、 キリスト教の祝日「万聖節」の前夜のお祭り で、毎年 10月31日 に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことです。 ハロウィン 2017.07.31 ハロウィンはここ数年ですっかり日本にも定着したイベントですね。 ハロウィンと言えばジャックオーランタンなど「かぼちゃ」のイメージが強いですが、どういった由来や意味があるのでしょうか。 今回は、ハロウィンにはなぜ「かぼちゃ」が使われるのかということについてご紹介したいと思います。 ハロウィンにはなぜかぼちゃなの? ハロウィンにはかぼちゃ、というイメージはアメリカから広まったものです。 ハロウィンはもともとヨーロッパからアメリカに伝わった、ケルト文化(主にアイルランド・イギリス北部や北欧系)の収穫祭です。 ケルト文化では10月31日のハロウィンの日は、夏の終わりであり、冬の始まりでもありました。 この日は霊界の門が開くとされており、死者の霊が戻ってきたり、悪霊や魔女がやってくると信じられていました。 日本のお盆とよく似ていますよね。 人々は悪い霊から身を守るため、魔除けのたき火を焚き、仮面をつけて過ごしていたんだそうです。 この魔除けのたき火にちなみ、ハロウィンのジャックオーランタンが作られるようになったのです。 ジャックオーランタンと言えば「かぼちゃ」ですよね。 実は、ジャックオーランタンがかぼちゃで作られるようになったのは、アメリカに伝わってからです。 アイルランドやスコットランドなどでは、もともとかぼちゃ以外のある野菜でジャックオーランタンを作ってきました。 アメリカに移民と一緒に入ってきたハロウィンのジャックオーランタンは、アメリカでたくさん収穫される「かぼちゃ」で作られるようになり、「ハロウィン=かぼちゃ」として広まっていきました。 それでは、ハロウィンでもともとジャックオーランタンに使われていた野菜とは、いったいなんだったのでしょうか? ハロウィンのかぼちゃの由来となった野菜は? ハロウィンのかぼちゃの由来となった野菜は「カブ」です。 ハロウィン発祥の地であるケルト文化圏では、カブまたはルタバガと呼ばれる西洋カブの一種が、ジャックオーランタンに使われていました。 カブが使われた理由は、 ・ヨーロッパで古くから普及していた野菜だったこと ・魔除けになると信じられていたこと などが考えられます。 ハロウィンは収穫祭でもありましたので、身近な収穫物であるカブを儀式に使ったということもあるのでしょう。 ジャックオーランタンの由来についても簡単にご紹介しておきますね。 昔、ジャックという嘘つきで怠け者の最低男がおりました。 あるハロウィンの夜、ジャックが酒場で飲んだくれていると、悪魔が現れてジャックの魂をとろうとしました。 慌てたジャックは悪魔にこう言います。 「頼む、この世の名残に最後の一杯酒を飲ませてくれないか」 悪魔はこの願いを聞き入れ、酒代となるコインに変身しました。 するとジャックは、たちまち銀の十字架を使ってコインになった悪魔を財布に閉じ込めてしまいました。 悪魔はジャックに取引を持ち掛けます。 「もしここから出してくれたら、10年はお前の魂をとりに来ないと約束しよう」 ジャックはこの条件をのみ、悪魔を解放してやりました。 10年後、再びジャックは田舎道で悪魔に出会います。 ジャックはまた悪知恵をしぼり、悪魔にこう言いました。 「頼む、この世の名残にあの木のりんごを一つとって食べさせてくれないか」 悪魔はこの願いを聞き入れ、りんごの木に登りはじめました。 するとジャックは、持っていたナイフでリンゴの木に十字架を刻み付けました。 十字架が苦手な悪魔は、リンゴの木の上から降りることができません。 またしてもジャックに騙された悪魔は、ジャックにこう言いました。 「今後一切お前の魂をとることはしない。頼むからここから降ろしてくれ」 二度も悪魔をやり込めることができ、ジャックは大喜びで悪魔を解放してやりました。 時は流れ、やがてジャックがこの世に別れを告げるときがやってきました。 しかし、ジャックの目に余る悪人ぶりに神様もあきれはて、天国に行くことは許されませんでした。 ジャックは仕方なく地獄へと向かいましたが、途中であの悪魔に出会います。 悪魔はジャックをみるとこう言いました。 「お前の魂をとることはないと約束した。だからお前を地獄へ入れることもできない。」 天国へも地獄へも入れないジャックは、あの世の暗く寂しい道をさまよい続けることになってしまったのです。 ジャックは泣きながら悪魔に頼みました。 「本当に最後のお願いだ。せめて俺に明かりをくれないか」 悪魔は地獄の炎をとってジャックにあたえました。 ジャックは、道に落ちていた萎びたカブに地獄の炎を入れてランタンにし、永遠に天国と地獄の間をさまよい続けることになったのでした。 これが、ジャックオーランタンの由来です。 ハロウィンのかぼちゃの意味は? ハロウィンのかぼちゃには、魔除けの意味があります。 かぼちゃを笑い顔や怖い顔にくりぬくことで、悪い霊たちをこわがらせて追い払うことができると考えられているのです。 悪霊除けですから、正式は家の戸口の上り段など玄関先に置くようにします。 また、ジャックオーランタンは「鬼火」の意味も持っています。 さまよう死者の持つ地獄の火ですから、黄色いかぼちゃはイメージにぴったりかもしれませんね。 ハロウィンにかぼちゃを食べることには、収穫祭の意味も込められています。 ハロウィンはいろいろな文化が融合して変化してきたお祭りのようなものだと言えるでしょう。 終わりに ハロウィンのかぼちゃについて由来や意味をご紹介してきました。 かぼちゃがもともとはカブだったとは・・・ちょっとびっくりですよね。

起源や由来、仮装の意味は?ハロウィンの疑問まとめ ジャックオランタンの由来を知ってる?仮装をする意味などもご紹介 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

ハロウィン 意味 由来

仮装やコスプレが定着する中で実は知らない本当のハロウィンについてまとめました。「ハロウィンってどんなお祭り?」「どうして仮装するの?」「起源や由来は?」といった今さら聞けない疑問を徹底解説! もうすぐやってくるアメリカのイベントはハロウィンです。かぼちゃを切り抜いたジャックオランタンを玄関先に置いている人もいるのではないでしょうか?そもそも、ジャックオランタンとは何か?ハロウィンを盛り上げるためにこの2つの由来を一緒にご紹介します。ジャックオランタンとは何か?ジャックオランタン、又はジャック・オー・ランタンなど、呼び方は微妙に違います。この言葉を聞くとハロウィンを連想する人も多いのではないでしょうか?実際、アメリカでは毎年盛大に盛り上がっている年間行事です。しかし、ジャックオランタンという言葉を知っていても由来や意味などを細かく知っている人は少ないのではないでしょうか?どうしてかぼちゃが使われているのか?子供や大人が仮装する意味とは?ハロウィンが近いからこそ、その由来を細かく見ていきます。ジャックオランタンの言葉の意味と由来は?由来はアメリカではない!?ジャックオランタンと聞くとアメリカを連想し、更にはハロウィンを連想する人が多いのではないでしょうか?実際、ジャックオランタンという言葉の由来はアイルランド、スコットランドに伝わっている鬼火のような存在を指します。テレビなどでもアメリカの子供が仮装し、家々を回っているのを見るとアメリカを連想しがちですが、元々の由来は英国、イギリスなんです。「ジャックオランタン」この名前の訳は「ランタン持ちの男」という意味で、別名「提灯ジャック」とも言います。ジャックオランタンと言われるようになった由来イギリスやアイルランドにはジャックオランタンに関しての伝承が残っており、その人物が元とされています。ジャックという男性が、自堕落生活を生前にしていたが故に、その魂が死後の世界へも入れず、萎びたカブをくりぬき、そこに火種を入れて彷徨っている姿がジャックオランタンの由来とされています。ちなみに二十世紀初頭に作られたカブのジャックオランタン(wikiより) pic.twitter.com/HOj94B8Kv I— ありゅう@鞄ちゃん (@alyu_dy) October 18, 2017 ずる賢い人が悪魔を騙して、死んでも自分の都合のいいように契約をしました。しかし、生前の行いが悪く、死んだ後に天国へも行けず、悪魔と契約しているため、地獄にも行けず、カブに憑依しずっと彷徨っている姿とも言われています。アメリカに渡り少し変化したイギリスでのジャックオランタンの伝承がアメリカにわたり、少しだけアメリカ独自のものになりました。移民したアイルランド人により、カブのランタンだったものが、アメリカでは生産が多かったかぼちゃに変化しました。現在でもアイルランドではカブが使われています。かぼちゃのジャックオランタンはフィクション作品でも取り上げられています。有名なのがディズニーの「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の主人公、ジャック・スケリントンもジャックオランタンがモチーフであり、パンプキン・キングと呼ばれています。ジャックオランタンとハロウィン日本で言うお盆に近い行事ハロウィン、通称「Halloween」と聞くと仮装した子供や大人が家々を回ってお菓子を貰う、そんな認識をしている人もいるのではないでしょうか?どうして仮装をする必要があるのか?そもそもハロウィンの起源や仮装する意味などをあまり知らない方もいるのではないでしょうか?起源はかなり古く、古代ケルト人の秋の収穫祭であり、亡くなった霊が親族のもとに訪ねてくる日でもあります。霊が親族を訪ねてくるところが日本のお盆に似ています。親族を訪ねてくる霊はみんながみんないい霊ではなく、中には悪い霊もいます。そして、悪い霊は収穫した作物を荒らすとも言われています。ハロウィンの言葉の由来は「All Hallows Eve」、意味は「諸聖人の日の前夜祭」という意味の言葉が短縮され「Halloween」になりました。10/31日がハロウィンなのはその日に収穫祭が行われ、その風習がキリスト教にも取り入れられ、11/1日の「諸聖人の日」の前日からハロウィン、「Halloween」と言われています。仮装する意味は?子供や大人がジャックオランタンになる!?

ハロウィン - Wikipedia ハロウィンの意味って何?今更聞けない由来や基礎知識! | 英トピ

ハロウィン 意味 由来

ハロウィンに重なるように設定されている諸聖人の日は、もともと東方教会の衆聖人の主日に由来するもので、カトリック教会では609年に導入され、当初は5月13日に祝われていた。 ハロウィンの日の10/31日に仮装をするのは、ジャックオランタンさながらに自分も彷徨える者ですよ、というアピールであったり、悪魔と同類ですよ、という意味があるとされています。子供や大人が仮装し、有名なセリフ「Trick or Treat」、「お菓子をくれないとイタズラするぞ?」という風習はのちに出来ましたが、これも子供や大人が仮装することで魔物のご機嫌をとり、家の中に入ってこないようにする意味もあります。子供にとってハロウィンとは?テレビなどで見かけるのは子供が仮装して家々を回ってる光景をよく目にします。実際、子供にとってハロウィンとはクリスマスと同じ位楽しみなイベントの1つで「子供たちの大晦日」とも言われているぐらい、盛り上がりがあります。勿論、大人も仮装して子供と一緒に気軽に楽しむこともできます。ジャックオランタンよりも怖い!? ハロウィンになれば家のあちこちに怖い顔をしたジャックオランタンが電灯代わりに沢山あります。それも見るのも少し怖いと感じる人もいるかもしれませんが、実はジャックオランタンの伝承程ではないにしろ、ハロウィンナイトにはいくつか言い伝えがあります。振り向いてしまうと・・・ハロウィンの夜、ジャックオランタンの灯りの下、道を歩いていて、背後から足音が聞こえてきても、決して振り返ってはいけません。その正体は彷徨える死者だからです。もし、振り向いてしまうと、近いうちに亡くなると言われています。未来が分かるかも!? ハロウィンの夜には未来が見えるとされ、いくつか言い伝えがあります。未婚女性がハロウィンの夜に明かりのついていない部屋で鏡を覗くと、未来の結婚相手の姿が見えると言われています。しかし、怖いことに結婚する前に亡くなってしまう相手だと骸骨が見えるとか見えないとか・・・。猫を見てしまうと・・・ハロウィンと言えばかぼちゃのジャックオランタン、そんなイメージを持つ人も少なくありません。それと同じぐらいイメージしやすいのが「猫」。よくハロウィンの装飾品などで見たことはありませんか?実はハロウィンの日は黒猫や白猫を見てしまうと、良くないことが起きると言われています。ですが、白猫の場合は吉兆と言われています。ディナーは賑やかに楽しいディナーの場で沈黙してしまうと、ジャックオランタンのような彷徨える悪霊や死者が入ってきてしまうことがあるので思いっきり盛り上がりましょう。子どもの仮装は親御さんにとってはいい思い出になりますし、親御さん自身の思い出にもなりますので盛大にはしゃいでください。親愛なる親族?ハロウィンの時にもし、蜘蛛をみてしまったらラッキーと思ってください。その蜘蛛は亡くなった人が親族に会いに来ている姿と言われています。まるでアメコミのヒーローのようにあなたに会いに来ています。したがって、決して殺めてはいけません。アメリカでのハロウィンの楽しみ方もし、アメリカに行く機会があり、そこで本場のハロウィンを楽しんでみたい方におすすめの楽しみ方と暗黙のルールをご紹介します。是非参考にしてみてください。ジャックオランタンを作ってみては?この時期になると、アメリカではいつも以上にかぼちゃが安い値段で売られ、しかも、かなり大きいものが半額以下になるぐらい安く買えます。そして買ったかぼちゃは上の部分を円形に切り取り、それを蓋にします。あとは中をキレイにし、三角の口と鼻と顔を書けばジャックオランタンの完成です。英語では「Pumpkin Carving」「パンプキンカービング」と言います。是非やってみてください。あの言葉を言われたら?ハロウィンでお馴染みの言葉「Trick or Treat」「トリックオアトリート」と言われたらどう返事をするか知っていますか?家の前に言われたら笑顔で「Happy Halloween」と言ってお菓子を一種類ずつ渡してあげましょう。そして、家々を回るのにも暗黙のルールがあります。訪問歓迎の家は玄関にジャックオランタンは勿論のこと装飾がなされており、灯りがついている家は訪問が歓迎されています。逆にや他の飾り付けがなく、灯りが消えているところに子供が訪れることは基本的にありません。由来がわかったので仮装してハロウィンを盛り上げようジャックオランタンの由来や、ハロウィンの由来をご紹介してきました。日本ではあまり浸透はしておらず、どちらかと言えばコスプレパーティのような感じになっています。ですが、起源や由来を知っておけばより一層楽しめませんか?ジャックオランタンの由来を知った上でイギリスのハロウィンや今となっては本場と言われているアメリカのハロウィンを体験してみてはいかがでしょうか?9月頃から留学という形で行けば、ハロウィンと運が良ければクリスマスも味わえるのでおすすめです。

【楽天市場】ハロウィン特集|ハロウィンっていつ?由来は? ハロウィンの由来を子供向けに!伝えたいポイントは? | | ももの雑学!豆知識生活!

ハロウィン 意味 由来

ハロウィン(ハロウィーン・halloween)の由来をご紹介!トリック・オア・トリートの意味は?毎年お祝いしているけれど、なんでお祝いしてるんだっけ?などハロウィンの素朴な疑問に答えます!毎年ハロウィンに参加している方も、ハロウィン初心者の方も楽天市場のハロウィン特集をぜひ ... 2015/10/27 日本でも身近なイベントになってきたハロウィン!仮装、カボチャ、お化け、キャンディーなど、ハロウィンを構成する要素はなんとなく分かりますが、そもそもどんなものかご存知ですか? 「ジャック・オー・ランタンの意味は?」 「トリック・オア・トリートの意味は?」 などなど…本来の意味を知らないまま盛り上がるのは、ちょっと恥ずかしいですよね。 ということで今回は今更聞けない「ハロウィンの実態」をご紹介します! スポンサーリンク ハロウィンって何? 語源は? “All Hallows’ Day”は英語での旧称で「諸聖人の日(万聖節)」の意味になります。この前夜に儀式を行うため、イブをつけて“All Hallows Eve”と呼ばれ、この音が訛って”Halloween”(ハロウィン)と言われるようになったそうです。

ハロウィンとは?Halloweenの意味と由来について Houzz 「ハロウィン」って何をする日?意味や由来・気になる疑問について

ハロウィン 意味 由来

ハロウィンの由来 ハロウィンとはもともと、古代ケルト人の収穫祝いから始まりました。 収穫が終わると暗い冬の季節が始まり、魔女や悪霊も訪れやすくなると当時の人々は信じていたので、彼らを追い払うための大切なお祭りでもあったのです。 ※現在の英語で”All Saitns’ Day”が「諸聖人の日」を意味します。 ※※「ハロウィーン」の呼び名でも同じ意味です。 いつ行われるの? ハロウィンは毎年10月31日に開催されます。 カトリック教会で祝われる「諸聖人の日」が11月1日で、この前夜に行われるお祭りのため10月31日なのですね。 なぜこの時期なの? 古代ケルト人は1年間を「明るい期間」と「暗い期間」に分けて考えていました。10月31日の夜はその「暗い期間」の始まりを意味し、かがり火と焚いて新しい年を迎え入れました。これは農作物の収穫が終わり、冬に備えるための意味があったそうです。 そして語源となっている「諸聖人の日」は、実は7世紀ごろまで5月13日とされていました。しかしケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへと改宗する過程で、カトリック教会がケルトの収穫祭に合わせて11月1日に設定し直したとされています。 怖い要素はどこからきたの? 当時の人にとって冬に備えて十分な食料を収穫することは、生死を意味しました。そしてこの時期は日照時間が短くなり、夜が長くなります。「暗い期間」の始まりは不安で一杯だったのかもしれません。 また「明るい期間」と「暗い期間」の移り変わりは、この世とあの世の間に見えない「門」が開くとされました。つまり死者の魂がこの世に降りてきたり、人間もあの世に迷い込む可能性があったのです。 「暗い期間」は不安になるだけでなく、生と死の境が曖昧になる怖い時期だったのですね。恐らくこういった要素が、現代の「怖い」ハロウィンにつながっているのかもしれません。 死者が帰ってくるという意味では、日本でいう「お盆」に似ていますね。 スポンサーリンク 現在のハロウィンとは? 概要 現代では宗教的意味がほとんどなくなり、日本では特にアメリカの民間行事として定着しています。 ただしアメリカに限られた文化ではないので注意しましょう。世界的に見るとハロウィンのイベントを行ってる国はアイルランド、イギリス、カナダ、ニュージーランドなどの英語圏が多いようです。 10月31日には「楽しいハロウィーンを!」を意味する“Happy Halloween! ”といって挨拶をしてみましょう! ジャック・オー・ランタン ハロウィンといえばこのカボチャを想像する人が多いのではないでしょうか? Jack-o’-lantern(ジャック・オー・ランタン)は日本語で「お化けカボチャ」などと呼ばれ親しまれています。オレンジ色のカボチャをくりぬいて顔を作り、中にロウソクを立てたら完成!ハロウィンの夜に家の窓辺や戸口に飾る家庭が多いですね。 実はこのジャック・オー・ランタンは、アイルランドの民話が元となっていると言われています。 昔あるところにStingy Jack(スティンジー・ジャック)というずる賢い男がいました。 (※”stingy”は「ケチな」、「せこい」という意味の英語) ジャックは何度か悪魔を騙し、最終的に「死んでも地獄に落とさない」という契約を取り付けました。いつしかジャックは死を迎えますが、「こんなずる賢い男は天国には連れて行けない」と神に拒否されてしまいます。契約のため地獄にも行けず、結局暗闇に投げ出されるジャック。ただし真っ暗闇を照らすために、去り際に悪魔から石炭をもらいました。ジャックは転がっていたカブをくりぬいてランタンにし、いつまでもこの世とあの世の間を彷徨っているのだそう。 ジャック・オー・ランタンは悪霊達を遠ざける意味を持つと言われるため、ハロウィンの日に飾られるようになりました。そしてアイルランドの移民がこの話をアメリカに持ち込みましたが、アメリカではカボチャの生産が多かったため、カブからカボチャになったそうですよ。今ではテーマカラーとなっているオレンジは、後から出てきたものだったんですね! トリック・オア・トリート ハロウィンの夜、子供達は仮装をして家々を周り、“Trick or treat.”(お菓子をくれないといたずらするよ。)と唱え、大人からお菓子をもらいます。ここでも”or”は「さもなくば」、「そうしなければ」を意味します。 またお菓子をあげる大人のほうは、この日のために大量のお菓子を買っておき、鍋やボウルにいれて準備をします。アメリカは9、10月になると、どこのお店もハロウィン仕様のお菓子を大量に店頭に置くので、この時期に観光の際は是非チェックしてみましょう。とは言え、チョコレートの味が「期間限定のカボチャ味!」といった工夫は全くしないのがアメリカらしいですね。期間限定商品に大きな意味を見いだすのは日本くらいのようです。 ちなみにこのトリック・オア・トリートの文化は、中世のころから出てきたという節があります。実は「諸聖人の日」の翌日11月2日は、「諸死者の日(万霊祭)」とされており、亡くなった方を偲ぶ日なのです。当時、教会は天国と地獄の間で苦しんでいる魂のために「諸死者の日」に祈りを捧げよという教えを伝えました。十分な祈りを捧げればこういった魂を天国に送ることができると考えられていたそうです。人々は“soul cake”(ソウルケーキ)を作り、死者を追悼しました。そんな中、飢えた貧しい子供達が食料をせがみ、ソウルケーキをもらう代わりにその家族の遺族に祈りを捧げに行くという行為があったそうです。確かに家をまわってお菓子をもらいにいく現代の風習に似ていますね! 仮装 ハロウィンの大きな要素が、この仮装ですよね。日本でもハロウィンと言えば仮装を意味すると誤解している人もいるかもしれません。それほどコスチュームの文化が大きな要素となって輸入されているように思います。 アメリカのハロウィンは特に「怖いもの」に仮装をする傾向があり、おばけ、魔女、ゾンビ、ドラキュラ、フランケンシュタインなどに化ける人が多くいます。しかし近年では仮装であればなんでもOKという流れになり、プリンセス、看護師、芸者、ディズニーキャラクターなど様々なジャンルの衣装を着る人が増えています。 特に大人の女性は露出度の多いセクシーなコスチュームが売られていることが多いですね。この日だけはパーティーで露出が多くても許されるといった風潮があるのが不思議です。 家のデコレーション みんなが毎年密かに楽しみにしているのが、家のデコレーション。実はアメリカにはこの日のために物凄い努力をして家を装飾する家庭がたくさんあります。 本格的なライティングとセットを用意し、家全体をホーンテッドハウスに変身させた様子を是非一度見て頂きたい!10月31日は家をお化け屋敷として開放するなど、ハロウィンをトリック・オア・トリート以外の楽しみ方で盛り上げているようですね。アメリカに留学の際は、近所にそういった有名なお家がないか友達に聞いてみるのもいいですよ! スポンサーリンク おわりに いかがでしたか? 私たちが知らないだけで、ハロウィンには色んな意味が隠されていましたね!こういった意味を知るだけで、イベントを去年より一層楽しむことができるかもしれません。時代や社会に合わせて新しい文化に変化をしていても、由来を学ぶことで本来の宗教的意味に敬意を払えるといいですね。

ハロウィン - 語源由来辞典 ハロウィン(Halloween)の由来・起源 - 元ネタ・由来を解説するサイト 「タネタン」

ハロウィン 意味 由来

ハロウィン 【意味】 ハロウィンとは、キリスト教の諸聖人の日『万聖節』(11月1日)の前夜(10月31日)に行われる祭り。ハロウィーン。 【ハロウィンの語源・由来】 スポンサードリンク ハロウィンは子供から大人まで楽しめるイベントですよね。 カボチャをくりぬいてお化けのような顔にしたり、子供たちが仮装して近所の家に行って… 「(´ω`*)トリックオアトリート!」 と言ってお菓子をもらいますよね。 しかし、なぜお化けに仮装したり、お菓子を子供にあげるのかなどの意味や由来についてはご存知でしょうか? 子供も楽しめるイベントだからこそ、子供たちはもっとその魅力について知りたいと思っているはずです! というわけで.. 管理人 今回はハロウィンの意味を色々と聞かれてお困りのママさんやパパさんまた先生にも使える! ハロウィンの由来→子供たちへの伝え方まで一緒に勉強していきましょう! ハロウィンの由来 まずは大まかにハロウィンの由来について学んでいきましょう! ハロウィンは元々古代ケルト人が秋の収穫を祝って悪霊を追い払う一種の儀式的なものだったようです。 そんなケルト人にとって一年の終わりは、12月31日ではなく10月31日と定められていました。 その日は死霊の霊が家に訪ねてくると言われており、また時を同じくして出てくる悪い精霊や魔女から身を守るために、仮面を被り、焚火を炊いていたそうです。 仮面を被って変装する理由は自分たちが悪霊や魔女に襲われないように、人間であることを隠すために仮面を被っていたと言われています。 つまり襲ってくるやつらの仲間だと思わせるのですね。 そうすると襲う相手である人間がいないので悪霊たちは帰ってしまうというわけで、以下の会話のノリだと思います(管理人の妄想) 悪霊とケルト人のやり取り(管理人の想像) 悪霊「(/・ω・)/10月31日だから来てやったぞ!ガハハハッ!」 ケルト人「(*’ω’*)おっ!フレンド!何しに来たんだい?」 悪霊「( ゚Д゚)え?あれ?俺の仲間じゃん!!ゴメンゴメン場所間違えたわ(笑)」 ケルト人「(*´ω`*)(ガッツポーズ)」 これくらいノリノリの悪霊なら追い返さずに家に招き入れたいですけどね(笑) このようなケルト人にとっての伝統的儀式が時を経てアメリカ合衆国に伝わり、カボチャをくりぬいてお化けのような形をした「ジャックオーランタン」 を飾り、魔女やフランケンシュタインなど各々仮装した子供たちが家を訪ねて「トリックオアトリート!」といってお菓子をもらいにいく楽しい国民的行事になりました。

ハロウィンの由来とは?子供向けの簡単説明とお菓子について。保育 ... ハロウィンの意味って何?由来や歴史を知ろう! | あまてん☆ショッピング

ハロウィン 意味 由来

実はハロウィンの由来は、そんな楽しい仮装とはかけ離れた由来がありました。 そんなハロウィンの由来について、保育園児でもわかるような簡単な子供向けの説明や、お祭りの際にもらうお菓子の意味、 ここまででおさえるべきポイントは以下ですね。 ハロウィンは元々悪霊を追い払う儀式だった。 仮装をする理由は自分たちが悪霊や魔女に襲われないように身を守るためである。 ケルト人にとって1年の終わりは10月31日、その日に悪霊や魔女がやってくる。 いつしかアメリカに伝わり、時代の流れとともに今のハロウィンとして定着していった。 次からさらに細かくハロウィンについて掘り下げていきましょう! ハロウィンは何故仮装をするの? ハロウィンで仮装する理由は先ほどちょっとお伝えした通り… 「(`・ω・´)人間であることを隠すためです」 10月31日には死後の世界から死霊がやってくるのと同時に、魔女や悪魔も地上に現れるとされております。 そいつらは、人間の魂を取ってしまうので、その悪いやつらから身を隠すために同じような「悪いやつ」に変装してばれないようにするためです。代表的なものはドラキュラやゾンビなどですね。 でも最初にアメリカでハロウィンをやろうとしたときは本当に魔女や悪霊が出てくるのではないかと思い込んだ子供が多かったそうでみんなびびりまくりだったみたいです。 ハロウィンは大人も子供も主役。 子供たちが怖がっていたのではダメということで、楽しいお祭りというイメージを子供たちに教えるべく、好きな仮装をしてお菓子を貰いにいくという今のハロウィンに姿を変えていったのです。 子供たちにとって怖いイメージだった魔女や悪霊を自分たちで追い払う。 そして自分たちがいたずらっ子のお化け役ということで家を訪れて「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」と言うようになりました。 話のポイントは以下です。 ハロウィンで仮装する理由は悪魔や魔女を追い払うため。 最初子供たちにとってハロウィンは「怖いお祭り」というイメージが強かった。 怖いイメージを払拭するために子供たちが好きに仮装させて自分たちで魔女や悪霊を追い払うものへと変化していった。 「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」と家を回って言うようになったのも同時期。 ハロウィンは大人だけでなく子供だって主役であるからこそ仮装して楽しむ文化が広まった。 ジャックオーランタン ハロウィン必須のアイテムといえばカボチャで作ったコレ!ジャックオーランタンですよね! ですが「なんでカボチャを使うの?別に他のものじゃダメなの?」という疑問があります。 実は、元々カボチャを使わずになんとカブを使っていたのですよ!これをくりぬいて怖い顔にしてから火を灯していたそうです。 「(´・ω・`)なぜカブを使っていたの?」 ですが、それは、カボチャよりカブのほうがたくさん作られていたそうです。 逆にアメリカでは、カボチャの方が多く生産されていたそうで、カボチャが使われるようになったとされています。 ちなみにジャックオーランタンの由来は、”ジャック”という名前の男がいて、彼が見つけたカブをくりぬいて火を灯し「ジャックオーランタン」=「ランタンのジャック」 という名前が付いたそうです。 ジャックオーランタンについてのポイントは以下です。 ジャックオーランタンはカボチャをお化けの顔に切り抜いたランタン。 元々生産量の関係からカボチャではなくカブを使っていた。 ジャックオーランタンの名前の由来は”ジャック”という男がカブをくりぬいて火を灯したことからその名前がついた。 トリックオアトリートの意味 仮装をした子供たちが家にやってきて「トリックオアトリート」と言ってお菓子をもらいますが、「トリックオアトリート」とはどういう意味なのでしょう。 日本語訳すると「トリック=イタズラ」、「トリート=招待」という意味です。 2つの言葉を合わせると「トリックオアトリート=イタズラそれとも招待」ということになりますね。 つまり子供たちをおもてなしするか、イタズラされるほうを選ぶかどちら?と聞いているわけですね。 仮装をした子供たちはみんな可愛いですから「お・も・て・な・し」の心で子供たちを歓迎しましょう!(しらけた方はゴメンナサイ…) 「トリックオアトリート」を日本語訳すると「イタズラそれとも招待」になる。 「トリック=イタズラ」「トリート=おもてなし」である。 子供たちをもてなすか、それともイタズラされるほうを選ぶかと聞いている。 なぜお菓子なの? 「トリックオアトリート」と言われたら「あっ!お菓子あげなきゃ!」となりますが、そもそも何故お菓子なのでしょう。 子供たちはお菓子以外におもちゃやゲームも大好きなはず。 ちなみに管理人は「トリックオアマネー」といって「お金ちょうだい」とアピールしたら親からゲンコツくらった苦い思い出があります(笑) さてお菓子じゃなければいけない理由ですが、諸説あります。 そこで一番有力であろう「ソウリング」というキリスト教の風習についてご紹介していきます。 「ソウリング」とは11月2日(死者の日)にキリスト教の信者たちがケーキを乞いながら村中を歩き回ることです。 そのような風習がいつしか子供たちが仮面をつけて家を回ってケーキを貰うことに変わっていき、ケーキをあげる人たちにとっても死者を供養することができると信じて喜んでケーキをあげていたそうです。 このような背景からハロウィンでも子供たちが仮装して家を回ってお菓子をもらうことに繋がっていったとされています。 まとめると以下の通りです♪ スポンサードリンク 「トリックオアトリート」でお菓子をあげる理由は「ソウリング」というキリスト教の風習が元になっている説が有力。 「ソウリング」とは11月2日(死者の日)にキリスト教の信者がケーキを乞いながら村中を歩き回ること。 「ソウリング」が時代の流れで子供たちが仮面をつけて家を回ってケーキを貰う風習へと変わっていった。 お菓子をあげる側も死者への供養となり有難いことであると言われている。 2019年のハロウィンは? 気になる2019年のハロウィンはいつでしょうか。 調べてみると2019年は10月31日(木)でした。 それまでに仮装のための衣装やランタン、お菓子を調達しておきましょう! 子供たちにどうやって伝えようか(Q&A方式) ハロウィンに関する知識は身についたと思います! ここからは子供たちへの伝え方について学んでいきましょう! 伝える際に大切なポイントとして「難しい言葉は使わない」「噛み砕いて簡潔に」ということがあげられます。 話す相手は子供たちですから意味が難しい四字熟語やことわざは使わず、また長ったらしい説明をしないように簡潔に伝えるように心がけましょう。 ではわかりやすいようにQ&A方式でまとめてみましたのでご参照ください。 (登場人物とストーリー) 子供の名前は「太郎」くん。 太郎くんはハロウィンがどんなイベントなのか知りません。 見ていたテレビでハロウィン特集がやっていたのに興味を持ち、お母さんに聞きたいことをぶつけてみることに。 さてさてお母さんはちゃんと太郎くんに説明できるのでしょうか。 ねえねえ。ハロウィンって何でお化けの恰好をしてるの? ハロウィンの日になるとね、わる~い魔女やお化けが出てきて人間に悪さをするの。 そんなお化けたちから守るために「ぼくは人間じゃない」と隠すためよ。 だって太郎がお化けの恰好をしていたらお化けや魔女は自分たちの仲間だと思うからね。 ふーん、そうなんだ。あとあと!「トリックオアトリート」ってみんな言ってるけど、なんで「トリックオアトリート」なの?? 「トリックオアトリート」というのはね。「お菓子をあげなきゃイタズラしちゃうぞ!」という意味なの。 みんなお化けの恰好をしているからこわ~いお化けの真似をしているよね。 さっきお化けは悪さをすると言ったでしょ。そんなわる~いお化けの真似をしてるのだから、お化けになりきって「イタズラしちゃうぞ!」と言っているの。 でも何でお菓子なの?? ぼくおもちゃの方が欲しいんだけどな~。 それはね、むか~しにある村で太郎のような小さな子供たちが仮面をつけて家にいってケーキをもらっていたことがあったのよ。 それが今ではお化けの恰好をしてお菓子をもらうことに変わっていったのよ。 だから太郎もおもちゃじゃなくて「トリックオアトリート」と言ってお菓子をもらわないとダメよ。 と、こんな感じでいかがでしょうか。 子供たちの質問攻撃はなかなかのものだと思いますが、うまく簡単な言葉に置き換えて話してあげてくださいね^^ 今回のまとめ ここまでお読みいただきありがとうございました。 最後にハロウィンについてのまとめをご覧ください。 ハロウィンに関する知識 まとめ ・古代ケルト人が秋の収穫を祝って悪霊を追い払う一種の儀式的なものだった ・仮装をする理由は人間であることを隠す為である。 ・子供たちはハロウィンに対して恐怖感があったので今のような楽しいイベントとして形を変えていった。 ・ジャックオーランタンはジャックという名前の男からその名がついた。 ・「トリックオアトリート」の意味は「トリック=イタズラ」、「トリート=おもてなし」 ・お菓子を渡す理由は昔にキリスト教の信者たちが村の家をまわってケーキをもらっていたことが始まり。 ・2019年のハロウィンは10月31日(木)。