• 記事: 18510
  • 質問に対する回答: 28688
  • コメント: 17299
  • 準備ができて答え: 18562

エクセル プルダウン

エクセルのプルダウン(ドロップダウンリスト)を作成/編集する|Offi... 【Excel】INDIRECT関数の応用問題(プルダウンリスト、連番の配列、名前を付けたセル) - わえなび ワード&エクセル問題集

エクセル プルダウン

エクセルで使う機会が多いプルダウンリスト(またはドロップダウンメニュー)の作り方を手順を追ってご紹介していきます。「データの入力規則」機能を使った方法や、別シートの情報をプルダウンリストで表示させる方法などもお伝えしていきます。 今回は下図のように給食の献立表について、和洋中の「ジャンル」それぞれ選択した内容に応じて、表示される「メニュー」の候補が切り替わる表を作成していきます。 予め、下図のようなプルダウンの候補となる範囲を入力しておきます。 第一階層は「ジャンル」ということで和洋中の部分、第二階層は「メニュー」ということで具体的な献立をワークシート上に準備しています。 まずは和洋中それぞれのジャンルのメニューごとに「名前の定義」を設定します。 なお、ジャンル名の数だけ1~4の作業を繰り返します。 ここから実際の献立表のワークシートに移ります。 5.

Excel プルダウンの使い方!作成・編集・連動・解除 [エクセル(Excel)の使い方] All... 入力規則で上位の階層ごとにプルダウンの候補を切り替える方法 | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~

エクセル プルダウン

Excelではプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を使うことによってあらかじめ入力規則を設定することで、入力ミスを防ぐ仕組み作りが可能です。今回はプルダウンメニューの作り方、編集方法(追加、検索、連動による自動反映など)、解除方法を解説します。 「ジャンル」のセル範囲を選択 6. 「データ」タブをクリック 7. 「データの入力規則」をクリック 「データの入力規則」ウィンドウが表示されます。 8. 「入力値の規則」は「リスト」を選択 9. 「元の値」の右側のボタンをクリック 10.「ジャンル」の該当部分を選択 11.「OK」をクリック ここまでで無事ジャンルの各セルにプルダウン(ドロップリスト)で和洋中を選択できるようになりました。 続いて、「メニュー」のリスト設定を行います。 12. 「メニュー」のセル範囲を選択 13. 「データ」タブをクリック 14. 「データの入力規則」をクリック 「データの入力規則」ウィンドウが表示されます。 15. 「入力値の規則」は「リスト」を選択 16.

エクセルのプルダウンリストの作り方~Excel入力規則 VBAを利用せずリストを予測候補表示(サジェスト機能)で絞り込む方法!エクセルのドロップダウンリスト(プルダウンメニュー)は便利なようで結構めんどい。。。 365・2019・2016・2013・2010・2007対応 | リーダーの独り言

エクセル プルダウン

プルダウンリストの作り方。エクセルでデータ入力を簡単にしたり、入力する値を制限したりするには、Excelの入力規則のプルダウンリストを作成すると便利です。 ここでは、エクセルVLOOKUP関数を使って、リストから項目を選択すると、隣りのセルに値が自動入力できる方法を紹介しています。いわゆる自動入力です。エクセルVLOOKUP関数の数式を、プルダウンリストの隣に作成します。そこで、リストから項目を選択します。すると、隣りのセルに値が自動入力できるという仕組みです。 セルに値を自動入力させることができると入力ミスが防げます。入力する手間も省けます。こんな便利な方法はありません。 プルダウンリストを作成するなら、この方法は見逃せません! プルダウンリストは、入力しなくても、▼から項目を選択するだけで入力できる便利な機能です。 ここでは、念のため、プルダウンリストの作成方法がよく分からないというユーザーの為に、プルダウンリストの作成方法も紹介しています。最後までお読みください! エクセルVLOOKUP関数を使って、プルダウンリストで項目を選択すると、隣のセルに、値が自動入力されるようにします。 シート名、「シート1」「シート2」の2つのシートがあります。 ① シート1:「名前」を選択できるプルダウンリストが作成されている ② シート2:「担当エリア」と、担当する人の「名前」が、入力されている一覧表が作成されている 下の表、シート2のB列を、 シート1のB列に、A列に作成されているプルダウンリストから項目を選択すると、自動で入力されるようにします。 1.B2に、項目に連動して自動入力される式を入力しましょう。 B2 =VLOOKUP(A2,シート2!

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作... エクセルVLOOKUP関数でリストから項目を選択して自動入力させる方法! | ホワイトレイア

エクセル プルダウン

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する2つの基本的な手順と、プルダウンリストの視認性を上げて使用しやすくするための応用手順2つをご紹介します。慣れてしまえば難しい操作ではありませんので、この機会に操作方法を覚えておきましょう。また、本 ... $A$2:$B$4,2, FALSE) 2.上の式だと、プルダウンリストから項目が選択されていない場合、「空白」の時はエラー値「#N/A」になります。エラー値を回避するため、B2にIFERROR関数を使った式を入力しましょう。 B2 =IFERROR(VLOOKUP(A2,シート2! $A$2:$B$4,2, FALSE),””) 3.B2の式を、プルダウンリストが設定している行まで、下にコピーしましょう。 4.プルダウンリストで項目を選択すると、隣のセルに連動した値が自動入力されます。項目を選択していない場合は、空白が返されます。 ここでは、エクセルVLOOKUP関数で、リストから項目を選択して自動入力させる方法を紹介していますが、プルダウンリストの作成方法がよく分からないというユーザーの為に、プルダウンリストの作成方法をここから説明していきます。 ここで、覚えてプルダウンリストを活用しましょう。 A2にプルダウンリストを作成してみましょう。ここでは同じシート、「C2: C4」にプルダウンリストの項目を入力します。 1.A1選択して、「データの入力規則」をクリックしましょう。「データ」タブ→「データ ツール」グループ→「データの入力規則」▼→「データの入力規則(V)」 2.「データの入力規則」ダイアログボックスが開きます。 3.「設定」の「入力値の種類(A)」で「リスト」を選択しましょう。 4.「元の値」に「=$C$2:$C$4」と入力しましょう。元の値(S)ボックスで「C2: C4」の範囲を選択すると、自動で式が入ります。 5.「OK」ボタンをクリックしましょう。 6.ドロップダウンリストが、A1に作成されました! こちらの記事もご覧ください。⇒エクセル ドロップダウンリストを作成する方法 「C2: C4」の範囲に名前をつけて、「A2: A10」にプルダウンリストを作成します。名前は、名前の定義からつけます。 1.「数式」タブ→「名前の定義」▼→「名前の定義(D)」をクリックしましょう。 2.「新しい名前」ダイアログボックスが開きます。 3.名前(N)に「名前」と入力します。名前をつける範囲「C2: C4」は、シート名「リスト」にあります。 4.参照範囲に次の式を入力しましょう。 参照範囲(R) : =リスト!

プロのエクセル活用術「プルダウン」作成・活用術【サンプル付】 キ... 簡単操作!プルダウンの作成方法 | | エクセルマイスター

エクセル プルダウン

エクセルでプルダウン(正式名称:ドロップダウンリスト)を設定・編集・解除する方法をご紹介します。既にある別シートのリストを使って設定したり、リストの選択結果を次のリストに連動させる方法など、プルダウンを使うためのノウハウを詰め込みました。 例えば、Sheet1のA1にシート名を選択するデータの入力規則を設定し、プルダウンのリストからシート名を選択するとそのシートのA1にジャンプする方法になります。 1. 「Sheet1」のシート見出しを右クリック→「コードの表示」 2. 表示された白い部分に↓のコードを貼り付ける Private Sub Worksheet_Change(By Val Target As Range) If Target. Value).

エクセル(Excel)で2つのプルダウンリストを連動しよう♩+INDIRECT関... エクセルでドロップダウン(プルダウン)メニューを作成する方法[Excel] – iBitzEdge

エクセル プルダウン

エクセルのプルダウンでも同じことがやりたいなーと思い、見つけたやり方です。 上の記事では、「プルダウンリスト」の設定方法を説明いたしましたが、今回はそれを少し応用してみたいと思います。 Address = "$A$1" Then Application. Goto _ reference:=Worksheets(Target.

Excelでプルダウンを解除!ドロップダウンリストを解除する エクセルでプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する2つの方法|ちあきめもblog

エクセル プルダウン

Excel(エクセル)で、プルダウンするリスト、ドロップダウンリストを解除するには、解除する範囲に、プルダウンリスト以外の入力規則が設定されているかどうかで、解除方法を変えます! エクセルINDIRECT関数を使用して、絞込み選択できるリストを作成する方法を紹介します。リストはエクセルのデータの入力規則で2つ作成します。2つ目に絞込み選択できるリストを作成します。リストを作成する時、名前の定義を使用する方法と使用しない方法がありますが、名前の定義を使用する場合は、エクセルINDIRECT関数を使います。ここでは、名前の定義を使用して絞込み選択できるリストを作成する方法を紹介します。 1.セルの範囲に名前を定義する 2.または、名前ボックスからセルの範囲に名前を定義する 1.セルの範囲に名前を定義する 2.データの入力規則で1段階のプルダウンリストを作成する 3.2つ目の絞込み選択リストを作成する この手順で、絞込み選択できるリストを作成していきましょう。 「データ」タブ→「データツール」グループ→「データの入力規則」 「数式」タブ→「定義された名前」グループ→「名前の定義」 1.「リスト」シートの「A1: C1」の範囲に名前を付けます。 2.「名前の定義」をクリックします。 「新しい名前」ダイアログボックスに次のように入力しましょう。 名前(N) : ワイン 参照範囲(R) : =リスト!