• 記事: 23794
  • 質問に対する回答: 25799
  • コメント: 30879
  • 準備ができて答え: 16062

サラリーマン お小遣い 平均

サラリーマンのお小遣いって平均いくら?年収別にご紹介!! 50!Goo... サラリーマンの平均年収のすべてがわかるページ【最新年は440.7万円】|年収ガイド

サラリーマン お小遣い 平均

サラリーマンのお小遣いの平均額は3万9572円! 2014年の男性の平均年収:414万円で計算し、給料からのお小遣い割合を出します。 3万9572円×12ヶ月=47万4864円 国税庁「民間給与実態統計調査」をもとに、2018年のサラリーマン・一般の平均年収を集計。 男性・女性・合計と性別ごとの年収推移を10年以上分掲載しています。 サラリーマンの年収状況がどのように変化しているのかがわかる推移データとなっています。 2018年 サラリーマン 平均年収 440.7万円 男性:545万円 女性:293.1万円 年 種別 給与 賞与(ボーナス) 平均年収 2018年合計371万円69.7万円440.7万円2017年合計364.2万円68万円432.2万円2016年合計357.1万円64.5万円421.6万円2015年合計355.6万円64.8万円420.4万円2014年合計352.5万円62.5万円415万円2013年合計352.7万円60.9万円413.6万円2012年合計349万円59万円408万円2011年合計349.7万円59.3万円409万円2010年合計353.9万円58.1万円412万円2009年合計349.8万円56.1万円405.9万円2008年合計365万円64.6万円429.6万円2007年合計368.5万円68.7万円437.2万円2006年合計367.7万円67.2万円434.9万円2005年合計369.4万円67.4万円436.8万円2004年合計370.1万円68.7万円438.8万円2003年合計373.8万円70.1万円443.9万円2002年合計375.3万円72.5万円447.8万円2001年合計376.5万円77.5万円454万円2000年合計380.3万円80.7万円461万円1999年合計379.7万円81.6万円461.3万円 年 種別 給与 賞与(ボーナス) 平均年収 2018年男455.1万円89.9万円545万円2017年男444.2万円87.3万円531.5万円2016年男438万円83.1万円521.1万円2015年男436.9万円83.6万円520.5万円2014年男433.6万円80.8万円514.4万円2013年男433.1万円78.2万円511.3万円2012年男426.7万円75.3万円502万円2011年男428.1万円75.7万円503.8万円2010年男433.5万円73.9万円507.4万円2009年男428.4万円71.3万円499.7万円2008年男449万円83.5万円532.5万円2007年男453.3万円88.9万円542.2万円2006年男452万円86.7万円538.7万円2005年男452.4万円86万円538.4万円2004年男453.3万円87.6万円540.9万円2003年男455.9万円88.3万円544.2万円2002年男457.6万円90.7万円548.3万円2001年男460.4万円97.7万円558.1万円2000年男464.8万円101.7万円566.5万円1999年男464.7万円102.7万円567.4万円 年 種別 給与 賞与(ボーナス) 平均年収 2018年女252万円41.1万円293.1万円2017年女247.3万円39.7万円287万円2016年女241.6万円38.1万円279.7万円2015年女238.4万円37.6万円276万円2014年女236.1万円36.1万円272.2万円2013年女235.7万円35.8万円271.5万円2012年女233.1万円34.7万円267.8万円2011年女232.9万円35万円267.9万円2010年女234.9万円34.4万円269.3万円2009年女230.1万円33万円263.1万円2008年女235.5万円35.5万円271万円2007年女234.3万円36.9万円271.2万円2006年女234.5万円36.5万円271万円2005年女235.4万円37.4万円272.8万円2004年女235.3万円38.3万円273.6万円2003年女235.4万円39.4万円274.8万円2002年女235.9万円41.8万円277.7万円2001年女234.7万円43.3万円278万円2000年女235.4万円44.6万円280万円1999年女234.4万円45.5万円279.9万円 上記のグラフデータを見てもわかるように、サラリーマン・一般の平均年収は1990年以降、下降傾向にありました。

サラリーマン・会社員のお小遣いはいくら?20代〜50代の平均金額 お... これって少なすぎ⁈ 旦那の小遣いの平均金額まとめ | ウーマンエキサイト

サラリーマン お小遣い 平均

サラリーマン・会社員の平均的なお小遣い金額を20代・30代・40代・50代の年代別でご紹介します。 「他のサラリーマンは一体毎月いくら位お小遣いを貰っているんだろう」 「旦那に渡すお小遣いはいくらが妥当? 2009年に一度、底を打った形になり、2010年には上昇に転じて、そこからはわずかながらも微増を続けています。 2018年には約440万円という水準にまで回復してきました。 ここ10年ほどで驚異的な経済成長を遂げた中国の国民所得は年々増加していますが、日本に関しては1990年代の水準にすら回復しておらず、人口の減少に転じる今後は国際競争力が低下して、より経済は厳しくなっていく事が予想されています。 サラリーマンの年収状況を解説 年 種別 給与 賞与(ボーナス) ボーナスの割合 平均年収 2018年 合計 371万円 69.7万円 15.8% 440.7万円 2018年 男性 455.1万円 89.9万円 16.5% 545万円 2018年 女性 252万円 41.1万円 14% 293.1万円 2018年は平均年収440万円と前年より約8万円上昇しました。

サラリーマンの小遣いの使い道は?平均の相場は年収で変わるの? サ... サラリーマンのお小遣いの平均はいくら?気になる飲み代、お昼代!不足はどうする!? - シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築

サラリーマン お小遣い 平均

参考:サラリーマンの平均年収を徹底分析!20代30代40代50代での推移と中央値は? 年代別のお小遣いの平均は? 平均のお小遣い額では女性では20代、男性では50代が最も高い金額となっています。 多少の上下はありますが、ここ10年は少しづつながらも増加し続けています。 近年の慢性的な人手不足の影響で賃金は上昇し続けているため、おそらく来年もこの傾向は続くと思われます。 景気回復する可能性 政府が政策を打ち出し、景気を回復させる事によって、かつての栄光(高収入)への回帰を目指していますが、実際にはかなり厳しいと予想されています。 数多くの要因が存在していますが、代表的なものに以下の3つがあります。 1.高齢化社会が目前に迫っており、将来的な年金制度の破綻が確実。 2.人口の自然減少による国力の低下。 3.好景気になり、経済が回復しても現在の企業が高度成長期のような賃金体系を採用する事はない。 1番と2番も大きな要因と言えますが影響が出てくるのは少し先の将来で、直近の大きな要因は3番の「賃金体系の変化」。 仮に大きな利益を上げたとしても、バブルの痛手で簡単には削減できない「人件費」の重さを嫌というほど味わった企業が、それをそのまま人件費にあてがうことは考えられません。 人件費を抑えたまま、企業としての売上・収入を増加させる事を目指すはずで、かつてと比較すると企業の利益を人件費にまわす割合を減少させているのが実情です。 そのため、日本全体に余程の大きな利益が得られない限り、現状から多少の回復はあったとしても、大きく上昇する事は厳しいと考えられています。 ここ10年あまりの変化 このデータを抽出した「民間給与実態統計調査」の母数と平均年収を乗算し 1999年 4498万人(給与所得者数)x 461万円(平均年収)=207兆3752億円 2018年 5026万人(給与所得者数)x 440万円(平均年収)=221兆1440億円 207兆3752億円(1999年総給与額)- 221兆1440億円(2018年総給与額)=+約14兆円 一億総活躍社会の成果なのか、近年は労働者人口が増加し、一人あたりの収入も増加傾向にあります。

2017サラリーマンの小遣い平均、40代はいくら、内訳は!?平均年収40... 2020年版サラリーマンの小遣い平均額 | 小遣い3万で貯蓄をこっそり増やしたい

サラリーマン お小遣い 平均

子育て世代の平均お小遣い額の減少が全体の水準を押し下げているんですね。 お小遣い額、40代の平均は? では働きざかりの40代を見てみましょう。この年代は子育てで最もお金がかかる年代。サラリーマンのお父さんも多いことでしょう。 景気としては良い方向に向かっているのは間違いありませんが、少子高齢化が加速度的に進行していく中で、この流れをどこまで次世代に継承していけるかは不透明と言わざるを得ません。 労働者人口が減少し続ける現状の出生率では、これまでの経済規模を維持することは不可能なため、どのようにして出生率を上げるか、あるいは移民を受け入れるかがこれからの日本経済の課題となりそうです。

サラリーマンのお小遣いの平均相場はいくら?年代別・年収別で変わる ... サラリーマンのおこずかいの「平均金額」はいくら?おこずかいを増やす方法とは? | サラリーマンだからこそ、会社に頼らず生きていこう! | サラリーマンだからこそ、会社に頼らず生きていこう!

サラリーマン お小遣い 平均

平均相場を知る事でお小遣いの調節がしやすくなるのではないでしょうか。 お小遣いの平均について. 新生銀行から発表されたサラリーマン全体のお小遣いの平均は、37,428円です(2017年調査) 前年度より445円減。 約4万円もらっている計算になります。 (c) liza5450 - Fotolia.com 収入や子どもの人数、家のローンなどによっても変わると思いますが、旦那の小遣いの平均はどれくらいなのでしょうか。特に節約を考えると削れる部分が旦那の小遣いしかないということもあります。また、お小遣いに仕事上の交際費が含まれるのか、趣味なども含むのかは家庭によってそれぞれ。そこで、みんなの夫の小遣いの平均をご紹介します。 少なすぎ? あなたはどう思いますか。夫のお小遣いの平均額 サラリーマンのお小遣い、希望額は昼食込みで「4万8,477円」 - 現実は? ビザ・ワールドワイドはこのほど、「お小遣いに関する調査」を実施し結果を発表した。調査は8月7日~12日、妻から夫へのお小遣い制である全国の30代~50代の既婚サラリーマン1,854名と既婚女性618名を対象に行われた。○サラリーマン約2人に1人が、お小遣いに不満はじめに、自身の"お小遣い"に満足しているサラリーマンがどのくらいいるのか調べた結果、半数以上が「かなり不満(14.8%)」「どちらかといえば不満(37.5%)」と回答した。昼食を含むお小遣い平均は3万1,091円と、希望金額4万8,477円との間に1万7,386円もの差があることが判明した。その一方で妻が妥当と考える夫のお小遣いは3万…夫の年収800万円? でも夫の小遣いは37,000円。結婚後の夫婦の「ちょうどいい」とは?昨日は、いい夫婦の日。いい夫婦の日といえば、2人の今後について考えるとき。家庭に入るとなかなか周囲の「ちょうどいい」が見えづらくなり、「本当はお小遣いがもっとほしい」や「旦那の年収低いな…」と感じてしまうこともあるだろう。そこで家族や夫婦の「ちょうどいい」を20代~50代で二人暮らし、もしくは子育て中の夫婦430名を対象に“イクメン”雑誌「FQ JAPAN」編集部がインターネット調査した結果から紐解いた。●妻が考える、夫の「ちょうどいい」年収の平均は8,140,474円。驚きの800万円越え!?「ちょうどいい」と思う配偶者の年収について夫・妻にそれぞれ聞いてみたところ、平均値は妻が考える夫の年…夫のお小遣い、平均額は「3万6,909円」 - 増やしたい? 減らしたい? フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは、30代~40代の主婦を中心とした同社サービス登録の既婚女性会員831名(平均年齢45歳)を対象に、「夫のお小遣い」についてのアンケート調査を実施し結果を発表した。調査期間は6月10日~16日。○夫68.4%が「お小遣い制」- 平均額3万6,909円夫が自由に使えるお金についてどのようにしているか尋ねたところ、およそ7割が「お小遣い制(68.4%)」と回答し、その「お小遣い額」は、30代以下では実に4人に3人が「30,000円以内(75.0%)」だったのに対し、40代以降では「30,001円以上」が5割超という結果となっ…「夫のお小遣い額」の平均は35,890円、約4割が「昼食代込み」と回答営業支援や市場調査を実施しているソフトブレーン・フィールドは、11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、同社登録の20代から60代の既婚女性会員(868名)を対象に「夫のお小遣い実態調査」を実施した。調査期間は11月6日から11月12日。「家計の管理」について尋ねたところ、妻が家計を管理している割合は72.0%、夫が家計を管理している割合は10.1%、2人で家計を管理している割合は17.9%という結果になった。妻の家計管理の大変さを理解しない夫も多く、「以前は、私がやりくりして、旦那に小遣いを渡していたのですが、ケンカが絶えなくなったので、旦那にやりくりを任せて大変さを分かってもらうことにしまし…冬のボーナス、夫に小遣いを「渡さない」が51% - 昨冬から平均6.7万円減ネオファースト生命保険は、全国の20~50代のサラリーマン世帯の主婦500名(各年代ごと125名 平均年齢39.5歳)を対象に、「2014 年冬のボーナスと家計の実態」をテーマとしたアンケートを実施し結果を発表した。調査期間は2014年12月13日~16日。○今冬のボーナス手取り額、昨冬から6.7万円減調査ではまず、今冬のボーナス手取り額について質問したところ、「25~50万円未満(34.4%)」が最多で、次いで「50~75万円未満(24.8%)」「75~100万円(14.2%)」と続き、平均金額は60.1万円と同調査開始以来最低を記録。昨冬から6.7万円ダウンする結果となった。○ボーナスの使…結婚後のお小遣い、平均は夫が3万855円 - 妻は?

サラリーマンのお小遣いの平均は?年収・年代別で紹介! Cosmic[コ... サラリーマンのお小遣い平均っていくら?世代・家庭別お小遣い事情 | マンションくらし研究所

サラリーマン お小遣い 平均

日々懸命に働くサラリーマンの皆さんは、今の自分の月々の小遣いの額についてどう思っているでしょうか?大抵のサラリーマンは少ない!と嘆いているのではないでしょうか?ではサラリーマン全体の小遣いの平均額はいくらなのでしょうか?年収別・年代別にご紹介します! オリックス銀行はこのほど、「家計管理の実態」に関するアンケート調査の結果を公表した。同調査は、全国の20歳以上の既婚男女を対象に、7月23日から25日にかけてインターネットを通じて実施。1,661人から有効回答を得た。○妻は社会進出、夫は家庭進出? 「家計管理の実態」については、昨年の調査と同様に「妻が管理」している家庭が56.2%と最も多いものの2年連続で下降した。一方、「夫が管理」している家庭は、前年度比1.7ポイント増加29.3%となり、2年連続で上昇した。「夫婦の小遣い事情」に関する調査では、夫は55.0%が小遣い制と、根強い結果となった。しかし、2年前からの推移をみると減少傾向が伺えた…夏のボーナス平均額、過去最低の61万円 - 夫の小遣い「0円」が5割損保ジャパンDIY生命保険は5日、サラリーマン世帯の主婦を対象に実施した「2012年夏のボーナスと家計の実態調査」の結果を発表した。同調査は、6月8日~13日の期間にインターネット上で行われ、20~50代の主婦500名から有効回答を得た。それによると、今夏の夫のボーナス平均手取り額は、昨夏より6万5,000円減少した61万1,000円で、2002年の調査開始以来最低を記録。金額帯で最も多かったのは、「25~50万円未満」の31.0%で、次の「50~75万円未満」の27.0%と合わせると、”25~75万円未満”が6割近くに上った。以下、「25万円未満」が17.0%、「75~100万円未満」が8.… 妻が理想とするお金の管理は? 夫婦円満になるには男と女どっちが「家計」を握るべきなの?月々の給料に応じて、夫のお小遣いを決定する妻がいる一方、食費や教育費など、必要なお金を受け取って、あとの支払いはすべて夫にお任せ…なんて妻がいるのも事実。 夫婦の数だけ存在するかお金の管理方法。あなたは男と女、どちらが家計を握った方が夫婦円満になると思いますか?1:家計を握るのは「妻」がいいの?(出典:株式会社リンクバル) 『恋学』が女性を対象に行ったインターネット調査「結婚後、家計を握りたいと思いますか?」によると、約半数(45%)が「自分が握りたい」と回答。夫の行動と財布の紐をキュッと引き締めたいと願う女性が多いことが分かりました。 確かに几帳面で細かい作業を得意とする女性の方が家計管理に… 海外から見た日本のお小遣い制。ええ!!この制度って日本独自なの!? 結婚後の「お小遣い制」って海外にもある? - 日本在住の外国人に聞いてみた妻が財布のひもを握り、夫にお小遣いを渡す「お小遣い制」。日本ではよく見られる家計の管理方法だが、海外ではどうなのだろうか。日本に住む外国人20人に、結婚後の「お小遣い制」があるかどうか聞いてみた。Q.あなたの母国には妻が家計を握って夫にお小遣いを渡す「お小遣い制」ってありますか? 夫婦の家計はどのように管理するのが一般的ですか? ○「お小遣い制」はある! ・「『お小遣い制』が一般的でしょう」(韓国人/48歳/男性)・「似たような制度があると思います。夫が妻に給料を渡すことが多いと思います」(シリア人/35歳/男性)・「あります。奥さんが家計を管理する事が多いです」(タイ人/30歳/女性)・「ありま…

サラリーマン 小遣いとは?飲み代 やりくり 40・50代お小遣い平均 ... サラリーマン、OL、学生、専業主婦のお小遣いの平均額は? | kinkoの幸せ配当金庫

サラリーマン お小遣い 平均

サラリーマンの給料は毎月ほぼ一定であり、臨時の高額収入はありません。そのため、うまくお小遣いをやりくりする方法(飲み代、昼食代、その他のお金を調整)が必要です。30代・40代・50代の実際のお小遣いのデータを基に対策を検討します。 あなたの1ヶ月のお小遣いはいくらですか?隣の芝生はなんとやら・・で他人のお小遣いの額も気になります。さらには、毎日のお昼代や一回あたりの飲み代の平均はいくらぐらいか?ここでは、サラリーマンのお小遣いの平均や気になるお昼代や飲み代をまとめています。ご自分のお小遣いと照らし合わせて今後の(奥様への交渉の)参考にしてみてください。ここではお小遣いが不足したときにはどういった行動に出るか!?も調べてみましたのでご参考に。ではさっそく、サラリーマンのお財布事情を覗いてみましょう。年代別、月の平均お小遣い額は?新生銀行が定期的に行っている「サラリーマンのお小遣い調査」(2016年)によると男性会社員のお小遣い額は37,873円だったことがわかりました。女性会社員のお小遣い額は33,502円。ご自身と比べていかがでしょうか?年代別にみた平均お小遣い額は下記のとおり(お昼代含む)男性女性20代40,879円38,220円30代36,846円32,515円40代35,670円30,880円50代38,113円32,228円男女とも、20代がお小遣い額が多いという結果です。この表には表れていませんが、未婚者がもっとも多く4万円半ばを超え、既婚者の中でもDINKS世帯では4万円を超えますが、子どものいる世帯では3万円前後にまで下がる傾向に。同じ年代でも家族構成によって差が拡大しています。サラリーマンのお昼事情お弁当持参時をのぞくお昼代の平均は男性会社員で587円、女性会社員で674円。年代別にみたときに特徴的なのが、20代女性が762円でもっとも高くなっているということでした。逆に20代男性会社員は528円と最も安く済ませているというのも特徴的です。昼食は願わくば「ワンコイン」でというのが希望のようです。男性、女性会社員ともに弁当持参の割合が最も高く、男性で3割半ば、女性で約半数は弁当持参という結果でした。あなたはいかがでしょうか?サラリーマンの飲み事情男性会社員の1回の飲み代の平均は、外飲みは5,102円。家飲みが2,734円。女性会社員の1回の外飲みの平均は3,915円、家飲みは2,450円という結果に。1ヶ月の飲みの回数は、男性で2.3回、女性で2.0回。金額で言うと、男性会社員の1ヶ月の飲み代は11,765円、女性会社員で8,022円。バブル時代に、毎晩飲みに行って午前様のイメージはもう古くて飲みはちょっと特別な日の位置づけの印象です。ちなみに、バブル期のお小遣いの平均額は77,725円。現在の平均の倍以上だったということで、飲みが多い印象だったのも頷けます。最近では飲み代を抑えた「家飲み」も定着してきた感があるのも特徴です。お小遣いが不足したときの対処法とは?そして気になるのが、お小遣いが不足してしまったときどうするか?お小遣いが不足してしまった時の対処法も時代とともに変化しているようです。30年前からサラリーマンの節約術の「王道」は昼食代や飲み代の節約でしたが、時代とともに現在では水筒を持参して飲み物代も節約しているようです。実際私も水筒持参派。各世代で20%程度の人が水筒持参が定着しています。さらに、お小遣いが足りない時の対処法としては、「使わずに我慢」「預貯金を取り崩す」が王道。世代別に見ると、「使わずに我慢」する率は若者の方が多く、ある程度預貯金がある50代では「預貯金の取り崩し」「家計から捻出」が多くなっています。「使わずに我慢」傾向が増えるなか、収入を増やすを選択する人も!お小遣いが足りない時には「使わずに我慢する」傾向が近年強くなっていますが、一方では副業やアルバイトで収入を増やすと回答する人も。給与以外の収入を持つ人はどれくらいいるのでしょうか?「給与以外の収入」がある人は2005年の調査開始以来年々増加し、2005年は29.8%と約3割だったのが、2010年には41.5%の4割超と増加。副収入の内訳としては、「株式」「投資信託」「為替・FX」といった運用系が主だったものが、近年は「ネットオークション」などの「ネットビジネス」による収入が増えており、副収入がある人の3分の1以上が利用しているという結果になっています。2010年には、「副業」する人が約2割、「アルバイト」する人も約1割と2足のわらじを履く人が増えています。就業規則で社員の副業・兼業を認めている企業はどのくらいあるのかも気になるところなので、調べてみると、帝国データバンクが所有している企業データからランダムに企業を抽出し聞いたところ、「容認している」が22.6%、「推進している」が0.3%であることが、リクルートキャリアの調査で分かっています。約2割の企業は既に副業を容認しているんですね。本業に支障のない範囲でという条件付きの企業がほとんどですが、副業・兼業を認めている企業に、その理由を尋ねると「特に禁止する理由がない」(68.7%)が最も多く、次いで「社員の収入増につながる」(26.7%)という結果に。今後はさらに副業を容認する企業は増えるのではないかと予想されます。お小遣いが足りない!そんな時、「使わずに我慢」する時代から「副業で稼ぐ」時代に変遷している過渡期なのかもしれません。まとめサラリーマンのお小遣い事情をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。お小遣いが足りないとき、もしくはお小遣いを増やすにはどうするか?お昼代、飲み代、飲み物代の節約・・。それもありですね。

【2020年版】年収別 サラリーマンのお小遣いの目安 -... 夫のお小遣いの相場はいくら?サラリーマンの平均&内訳をご紹介

サラリーマン お小遣い 平均

世間一般で言えば、20代男性サラリーマンの平均年収が336万円です。 恐らくその年代の方か、もしくは特殊業界(介護業など)の方かと思われます。 年収300万円のサラリーマンの適正なお小遣い額は、ズバリ. 21,000円; です。 雑学 2020.06.25 新生銀行が6月23日にサラリーマンの毎月の小遣い額の調査結果を発表しました。 4月にネット上で調査をして20〜50代まで男女2717人の回答結果です。 いずれも有職者対象としています。 男性社員の平均額 3万9419円 20代の平均額 4万1377円 30代の平均額 3万7874円 40代の平均額 3万6449円 50代の平均額 4万1987円 50代が1番高く、子供を持ち始める30代と40代が他の代と低い結果となっています。