• 記事: 23450
  • 質問に対する回答: 19386
  • コメント: 28264
  • 準備ができて答え: 29307

ドリュウズ対策

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシ... 【育成メモ】ドリュウズ育成論 結局この型が一番強い【ポケモンソード・シールド】  | とあるカフェの一室で

ドリュウズ対策

ドリュウズの対策 防御の高いポケモンで受ける 「ドリュウズ」は覚えられる技のタイプが少ないため、弱点で攻撃されない防御の高いポケモンで受ける事で攻撃を止める事ができます。 おすすめポケモン 今回はポケモン盾剣のドリュウズ育成論ということで書いていきたいと思います。トゲキッス、オーロンゲ、ロトム系など現環境で多いポケモンに有利に立てることから、ランクマッチでは多く見られるポケモンの一体。ドリュウズを採用したいかたは参考にどうぞ。 ドリュウズ育成論 性格:意地特性:かたやぶりA252S252振り余りH 持ち物:タスキ地震/アイへ/剣舞/がんせきふうじ 調整なしでAS252ぶっぱは確定。タスキ持ちで調整する理由がわからないし、AS削れない。 陽気or意地っ張りの選択について とにかく火力が必要なので、意地っ張りで採用しています。陽気だと準速ミミッキュまで抜けます。 意地っ張りだとH4トゲキッス、H4バンギ、H252ニンフィアなど確1で落とせるようになります。 特性について ロトム狩りたいので型破り確定です。 スカーフ、チョッキではなく、タスキ採用が一番良い理由。 ①他の持ち物を持たせるよりも、ウォッシュロトムを狩れる確率が高い。 スカーフ、チョッキとかでもダイマックスを切られない場合でもよほど耐久に振ってない限り勝てます。しかし、ロトムでダイマックス切られるとこちらもダイマックスを切っていない限り、どう足掻いても勝つことはできません。 ダイマックスすることで地震でロトムを確1で持っていけませんし、ロトムのダイストリームは突然のことながらチョッキを持たせた場合でも耐久に振ってない限り、耐えることはできません。 しかし、タスキなら確実に耐えることができますし、こちらがダイマックスを切らなくても勝てます。 環境に多いH252振りのロトムをダイマックスした状態でも確2で処理できます(きのみ持ちは別ですが )。つるぎの舞を詰めればきのみを気にせず、確1で狩ることができる。 よって、タスキならダイマックスを切ったロトムにも対応可能です。HB特化だと確2では無理なのでダイマックスを切りましょう。 ②スカーフヒヒダルマを狩れる スカーフ、チョッキなどではダルマの鴨ですが、タスキならダイマックスを切られない限り勝てます。ダイマックスされた場合でもアイアンヘッドでH4ダルマを68.5%〜81.2%まで削れるので、後方の種族値S95以上のポケモンで狩れます。 もし、相手のダルマダイマックスを読むならばがんせきふうじ→アイアンヘッドで処理は可能です。しかし、がんせきふうじを打っても、ダイマックスを切られなかった場合、Sは抜けないので、ダルマ返り討ちにされます。 勝てるとか言っといてなんですが、最近はドリュのタスキは読まれやすいので、とんぼでダルマを引かれる場合が多く、タスキが崩される場合もあります。ダルマ相手はドリュでは少々分が悪いかも。基本ダルマを相手にするのは避けた方がいいかもしれません。 ダルマ相手に戦う場合のがんせきふうじ、アイヘの選択は状況によるかと思います。 ③単純にスカーフ、チョッキよりもタスキを持たせる方が強い スカーフ→スカーフを持たせて対策するようなポケモンが見つからない。 最初はスカーフを持たせていたが、後々なんのためにスカーフを持たせているのかがわからなかなった。 最速ミミッキュを抜くみたいな利点はあるものの、スカーフなしでもミミッキュとは戦えるのに加えて、ミミッキュの他に抜いて処理したいポケモンが見つからなかった。 上からポケモン叩けるのは魅力的だが、スカーフ要因は他にもっといいポケモンがいると思った。 チョッキ→タスキの劣化版じゃないか? チョッキ持たせても、ダイマックスウォッシュロトムのダイストリームを耐えることができない。通常のハイドロポンプを耐えることが可能だが、ダイマックスなしでロトムがドリュと戦っても勝てない。 この理由から対面で戦うことが少ないと感じるので、ハイドロポンプを受ける機会は少ないので、そこの対策をしたところでなんなのって思った。てかドロポンなんかタスキでも受けられるし。 結局、突撃チョッキができることはタスキでもできてしまうし、チョッキよりも確実に1撃をうけても大丈夫なタスキの方がはるかに役割を持つことができると思っている。 タスキは簡単に腐るからチョッキを持たせるという人もいると思うが、砂で崩れないし、ステロも現環境ではあまり多くないので、腐る場面よりも強さを発揮する部分が多い。 結局タスキ持ちが最強です。 技について 地震/アイアンヘッドは確定。 がんせきふうじorいわなだれは選択になりそうだが、ダイジェットで上がった素早さを帳消しにしたいのでがんせきふうじを選択。 剣舞採用理由は主に壁貼りオーロンゲキッスの並びをぶっ壊す&ウォール搭載させるため。オーロンゲが壁を張りにきたら、剣舞を積みたい。2回詰めれば壁貼りダイマックスH252トゲキッスをこちらのダイスチルでワンパン可能。 剣舞をドリル、地割れなどの一撃必殺技にするのもいいですが、その場合壁貼りオーロンゲキッスの並びに対応できなくなります。 ダメージ計算(与ダメ) アイアンヘッド H4ダルマ確1(137.7%〜163.3%) H4ミミッキュ確1(143.0%〜170.7%) H252ニンフィア確1(107.9%〜127.7%) H4トゲキッス確1(100.6%〜119.2%)。壁あり確2(50.3%〜59.7%)。壁なしダイマックスされても確2。壁ありダイマックスで確4。 H252トゲキッス低乱数(6.2%)確1(84.3%〜100%)。 じしん H4バンギ確1(102.2%〜120.4%) H252ミトム確1(118.4%〜138.8%) HB特化ドヒドイデ 確2(66.2%〜80.2%)。1舞で確1 一舞でHB特化カビゴン1/3きのみ持ち確2(50.5%〜59.8%) 一舞でHB特化ナットレイ確1(63.5%〜75.1%) H252振りジュラルドン高乱数1発75.0%(96.0%〜115.2%)。H4なら確1。

【ソードシールド】特性無視!素早さ倍!ドリュウズ対策【ポケモン剣... 【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論!「かたやぶり」「すなかき」どっちがいいの!?? | もだっちブログ

ドリュウズ対策

ドリュウズ対策 基本的な対策 ・物理耐久ポケモンでうけよう. ドリュウズの覚えている技は予測しやすいため、相手のポケモンへの有利不利がはっきりしています。そのため、タイプ相性を考慮して物理耐久ポケモンで受けきることができます。 H252振りギルガルド乱数1発25.0%(87.4%〜104.1%) がんせきふうじ H4スピンロトム確2(58.7%〜69.8%) ダイスチル H252バンギ確1(110.3%〜133.3%) H252トゲキッス確1(135.4%〜160.4%)。1舞でダイマックスでも確1。壁ありダイマックスでは確3。1舞だと確2。2舞で確1 H4ドラパルト高乱数1発81.2%(96.9%〜114.0%) 一舞でHB特化クレベース確1(115.8%〜136.6%) ダイアース H252バンギラス確1(110.3%〜133.3%) HB特化ウィンディ確1(104.5%〜124.8%) H252振りギルガルド確1(112.5%〜131.4%) ダイロック H4スピンロトム確1(107.9%〜126.9%) 質問等はコメ欄で。誹謗中傷以外は受け付けます。

【ポケモンGO】ドリュウズの対策!弱点やレイド討伐人数も - Boom App... オーロンゲ+弱保トゲキッス対策「チョッキドリュウズ」育成論 - A級機関

ドリュウズ対策

ドリュウズの対策におすすめのポケモン シャンデラ 地面タイプが弱点のため耐久面がネックですが、ダメージ効率はトップクラス。 ドリュウズの型紹介 今回は前回の記事で紹介したドリュウズの型をいくつか紹介していきます。 ドリュウズの基本情報については前記事をご覧ください。 「すなかき」型 とくせい「すなかき」を使いすばやさを2倍にして一気に攻め落とす型です。 前作まではとくせい「すなおこし」を覚えたポケモンと組ませるのが主流でしたが、今作はダイマックス技の「ダイロック」で天候を砂嵐にできるため、ダイマックス前提の単体採用も多くなりました。 単体での採用なら「かたやぶり」と認識されやすい為、意表もつけるが、カバルドンなどの「すなおこし」と起点作り要員がいるとより動かしやすいです。 性格・努力値振り すばやさは「砂嵐」状態であれば無振りでも、最速ドラパルトを抜く事もできますが、 最速調整をすれば砂嵐なしでも、環境に多いギャラドスやロトムを抜く事ができるので、悩むところです。 性格ようき 砂下すなかきドリュウズ同キャラ対策 努力値: HP4 こうげき:252 すばやさ252 性格いじっぱり 砂下スカーフアイアント抜き 努力値: HP56 こうげき252 すばやさ200 砂下スカーフサザンドラ抜き 通常時最速ラプラスニンフィアバンギラス抜き 努力値: HP120 こうげき252 すばやさ136 「もちもの」 「きあいのタスキ」 攻撃を一度耐えるので、安定して「つるぎのまい」を積む事ができるようになります。

【ポケモン剣盾】ドリュウズの育成論と対策【ソードシールド】 - ソー... 【剣盾】【ネタ】レイドバトルにでてくるドリュウズ対策ワロタw←もはや何との戦いだよw | ポケモン剣盾 まとめ攻略 GAMER STAND

ドリュウズ対策

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)のドリュウズの育成論と対策をまとめています。タイプや種族値などの基本データから、個体値・努力値・技構成などの育成方法、役割関係の考察をまとめているので参考にしてください。 「ラムのみ」 主に「おにび」「あくび」などの状態異常の対策の為に持たせる。敵には起点を作らせず起点を作る。 「じゃくてんほけん」 完全にダイマックス前提の型だが、読まれにくいです。通常時であれば一撃で落とされてしまう水技、炎技などの弱点を、ダイマックスで一度耐え、「じゃくてんほけん」で火力をあげます。返しのダイロックで「すなかき」を発動し、すばやさを上げて一気に畳みかけます。 「とつげきチョッキ」 環境に多い「トゲキッス」や「ロトム」を対策した型。 特に「トゲキッス」対策として用いられる事が多い。 もともと、ドリュウズの耐久が脆いので、押し切られてしまうこともあり、そもそも物理には意味がない為、個人的には微妙。 技構成 ●確定枠 「アイアンヘッド」 はがねタイプ攻撃技。 「じしん」 じめんタイプ攻撃技。 「いわなだれ(がんせきふうじ)」 岩タイプ攻撃技。 「ダイロック」で砂嵐を発生させるために必須。ダイマックス状態でしか撃たないわけではなく、ギャラドスやリザードン対面には有効。 「いわなだれ」はダイマックス技の威力130 「がんせきふうじ」は110になる。 ●候補技 「つるぎのまい」 攻撃力2段階上昇の積み技。 受けループに強くなれる。 相手のダイマックスターンを枯らすための「ダイウォール」が打てるようになるのも良い。 「かたやぶり」型 技の通りの良い「かたやぶり」で採用し 環境の「ミミッキュ」「ロトム」に強く出る事ができます。 「こだわりスカーフ」の効果ですばやさの高い「ドラパルト」やすばやさが1段階上昇した「ギャラドス」「トゲキッス」などを対面から抜き去る事ができるので抜きエースにも多少強く出れます。 性格:努力値 ようき 最速ロトム抜き HP:8 こうげき:252 すばやさ:248 中速アタッカーで、抜きたいポケモンが沢山いる為、素早さはほぼ極振り。

【ポケモン剣盾】 ドリュウズの育成論と対策 ミミッキュ対策におすすめ!【ポケモンソードシールド】 -... 【ポケモン 剣盾】ドリュウズの対策したいんだけどよさげなポケモンいませんか? | ポケモンまとめ(仮)|剣盾(ソード・シールド)

ドリュウズ対策

ポケモンソードシールド(剣盾)のドリュウズのおすすめの育成論を紹介しています。育成論や対策、努力値振り、おすすめのわざ、持ち物などを紹介しているので、ドリュウズを育成する際の参考にしてください。 トゲキッスや草ロトム、などに出来るだけダメージを入れたいので攻撃も極振りが良い。 もちもの こだわりスカーフ 同じ技しか出せなくなるが、素早さが1.5倍になる。 「かたやぶり」で技の通りを良くしたドリュウズの高い攻撃から繰り出される。広い技範囲の攻撃技で高い対面性能を誇り、掃除役としての役割遂行力も非常に高い 「きあいのタスキ」 HP満タンなら必ずHP1で攻撃を耐える。 必ず1回は攻撃を耐えるため、対面性能が非常に高い。 「すなあらし」のスリップダメージもうけないため、タスキを削られる可能性も少ない。 「とつげきチョッキ」 「すなかき」の欄に書いた理由と同様の為、微妙。 技構成 ●確定枠 「アイアンヘッド」 はがねタイプ攻撃技。 「じしん」 地面タイプ攻撃技。 ●選択枠 「いわなだれ」 岩タイプ攻撃技。 「ギャラドス」「リザードン」などの飛行タイプに有効。3割ひるみの効果が強いため、こだわりスカーフなど上から打てる状況での使用が望ましい。 「がんせきふうじ」 すばやさ操作技。起点回避としても使える。 タスキを持たせればドリュウズ同キャラミラーに確実に勝てるようになる。 「つるぎのまい」 受けポケ対策に。 「ダイウォール」が打てるようになるのも強い。 「こうそくスピン」 今作から威力が50に上昇。追加効果に「すばやさ」1段階上昇が加わった為一気に使える技に。 ニトロチャージのように削れた相手へのトドメとして使用すれば、打ち分けできるスカーフドリュウズが爆誕する。 「かわらわり」 「ダイナックル」でこうげきが上がるので、積み技として使える。「バンギラス」へのダメージは地震と変わらないため、壁張り対策での採用となる。 「つのドリル」 アーマーガアやヌオーなどの受けポケモン対策に。「サニーゴ」には当たらない。 「じわれ」 サニーゴやヌオーなどの受けポケモン対策に。「アーマーガア」には当たらない ステルスロック 起点作り型ドリュウズ。「タスキ」を持たせ、先発に投げて確実に役割遂行する。 ドリュウズまとめ 「すなかき」「かたやぶり」どちらの特性もとても強力です。 「かたやぶり」の突破力は勿論。 「すなかき」ドリュウズの制圧力はすさまじく、 単体採用でも「かたやぶり」を警戒してくれる為、ロトムやミミッキュを選出されにくく「すなかき」が通しやすいです。 どちらの特性が強いは、他5匹のポケモンに大きく左右され、一概には言えませんがあなたのチームの大きな戦力のひとつになり得ることは間違いないでしょう。

【ポケモン剣盾攻略】ドリュウズが増えすぎているので対策を記載しま... 【ポケモンサンムーン】ドリュウズの対策と育成論まとめ【ポケモンSM】 - NAVER まとめ

ドリュウズ対策

ドリュウズの対策. ドリュウズの対策はぶっちゃけ超簡単。 「ドリュウズに1撃で倒されないs89以上のポケモン」で殴るだけ。 先制技もないため、極端ですが選出する3匹全員を89以上にすれば全く怖くない。 現在のランクマ環境では、弱点保険+ダイマックスという組み合わせが非常に流行しています。中でも使われているのがトゲキッスとバンギラスの2体で、特にトゲキッスはダイジェットで素早さを上げてくるため、対策をしていないと何もできずに3タテされることも少なくないと思います。 今回はオーロンゲの壁展開まで含めてある程度対策可能な「チョッキドリュウズ」に関する考察を行います。 追記: Aを削る支障がそれほどないと判断して、準速ミミッキュ抜きまでSラインを引き上げました。それに伴い、努力値配分が当初の内容とは異なっております。(実数値的にはA-3、S+3) 前提:オーロンゲ+トゲキッスについて オーロンゲの悪戯心で先制してリフレクターと光の壁を展開し、電磁波やソウルクラッシュで相手を妨害して起点を作った後、疑似的に耐久力の上がったトゲキッスを着地させて悪巧みやダイジェットで全抜きを狙うコンボです。 このタイプの構築に採用されるオーロンゲは耐久振りで、ソウルクラッシュ、光の壁、リフレクター、電磁波という構成が最も多いです。(電磁波ではなく後攻のしっぽトリックも見かけますが) チョッキドリュウズの育成論 性格:ようき特性:型破り 持ち物:突撃チョッキ努力値: H44 A124 B4 D116 S220実数値:191-171-81-x-100-149技構成:地震/アイアンヘッド/かわらわり/つのドリル ダイアタックのSダウン+ダイスチルでトゲキッスのダイジェット展開を阻止しながら大きく削ることができ、オーロンゲに関しても電磁波に対する耐性を持ちつつ瓦割で壁の破壊も行える型となっています。(後攻のしっぽトリックは厳しい) 調整意図 H-D・H実数値16n-1、ダイマックス時にトゲキッスのC+2ダイジェット+ダイバーンをダイバーン最高乱数以外耐え S・準速ミミッキュ抜き トゲキッスを後出しからでも見れる(交代際の悪巧みに対応できる)だけの耐久を確保しつつ、Sは準速ミミッキュ抜き、あまりをAに振り切りました。なお、ダイスチルのダメージ幅がかなりブレるため、Aは例え極振りでもダイアタック+ダイスチルでダイマトゲキッスを確定で落とすことはできません。最近はHSベースのトゲキッスも増えているため、ドリュウズ単体のみで完全に対策した気にはならず、後続の先制技持ちや砂嵐などの定数ダメージと併せて見るべきといえるでしょう。