• 記事: 19909
  • 質問に対する回答: 30891
  • コメント: 31811
  • 準備ができて答え: 31192

エースバーン 構成

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策 技範囲の広い物理アタッカー!【ポケモンソードシールド】 -... S7最終190位&241位 (レート2008&2001) 【カバミトム+エース】 - ろっく

エースバーン 構成

ポケモンソードシールド(剣盾)のエースバーンのおすすめの育成論を紹介しています。育成論や対策、努力値振り、おすすめのわざ、持ち物などを紹介しているので、エースバーンを育成する際の参考にしてください。 マサです。S5お疲れ様でした。今回は不正切断等の不正があるため、参考程度の順位ですが、最終順位としては最高だったので投稿させてもらいます。今回のコンセプトとしては①各ポケモンの技範囲を広げて役割対象を出来るだけ広げる②本来相手が受け出しにくるポケモンに対して採用率が低い有利な技を持たせておいて奇襲する事を念頭に作成しました。・最終306位(終了直前のスクショは307位ですが、終わったら306位でした)【個体紹介】・ドリュウズ技構成 アイヘ 地震 つのドリル 岩石封じ性格:陽気 特性:型破り 持ち物:こだわりスカーフ努力値AS252 あまりHミミッキュ・ロトム系統を牽制する枠。本来ミミッキュはドラパやスカーフならダルマで負荷をかけられるのですが、今回の形は相手が出来ない技構成の為、選出抑制として入れてました。実際、ミミッキュが出される事は少なかったので入れておいて良かったとは思います。最終日ドリルは6回打って1回も当ててくれなかったので次回から解雇します←選出率6位・ドラパルト技構成 流星群 火炎放射 雷 ハイドロポンプ性格:臆病 特性:すり抜け 持ち物:命の珠努力値CSぶっぱあまりH全シーズン使用していたドラパルトの改良版最速特殊ドラパが増えたのと、準速ギャラキッスのS 1の上から叩けるように控えめ→臆病にしたのとガオガエンが増えると感じたのでソーラービーム→ハイドロポンプへ変更受けにきたガオガエンをダイストリームで飛ばしたり、ヒトム・カバルドンに抜群を取れたのは大きかったがヒトムはチョッキ持ちが多い為飛ばせなかったりガオガエン・カバルドンも慎重HDだと倒せなかったりしたので要検討だと思います。シャドボを打ちたい相手は現環境ミミッキュくらいなのと、ダイマ時にBダウンが相性悪いと思っているので切りました。(ドリュウズ・ガルドはダイバーンで処理)個人的にはドラパの技構成は龍・炎技がマストでほか二枠が草・電気・水・霊から選択だと思います。選出率3位・ヒヒダルマ技構成 起死回生 鬼火 氷柱落とし 炎のパンチ性格:陽気 特性:ダルマモード 持ち物:気合いの襷努力値ASぶっぱあまりH前シーズン少し流行っていたタスキダルマを今シーズン採用しました。初手に出てきたドリュウズやスカーフドラパ・サザンを返り討ちに出来るのが強かったです。又、技が縛られていると思って起点にしてくるギャラに鬼火いれたり出来るのも良かったです。ダルマ同士の対面はスカーフじゃなきゃ素引きされるので起死回生安定!選出率2位・エースバーン技構成 火炎ボール 飛び膝蹴り 不意打ち 蜻蛉帰り性格:意地っ張り 特性:猛火 持ち物:拘り鉢巻努力値H44 A252 S212H: 珠ドラパの陽気アロー確定耐え(本来は28でも確定耐えだが、意地が多い為少しでも多く降ってます)S:最速サザン抜き使ってみたら想像の何倍も強かったポケモン。鉢巻を巻く事で受けに出てきたポケモンを受けられなくしていた。最初はスカーフでの運用だったので蜻蛉が入っているが受け出しもしにくい構築なので飛び跳ねるの方がダイマ時も考慮したら絶対良い参考火力・火炎ボールH252 水、火ロトム→中高乱数2発(70%)H252ドラパルト→6割〜7割 確定2発・不意打ちH4 ドラパルト 中乱数(62.5%)1発・飛び膝蹴りH4 B252カビゴン 高乱数(87.5%) 1発⭐️選出率1位⭐️・カットロトム技構成 悪の波動 放電 悪巧み リーフストーム性格:図太い 特性:浮遊 持ち物:オボンの実努力値H252 C140 B92 D4 S20Sは同族意識で上げたのを覚えてますが他の調整は昔作ったものなので忘れました…アシレーヌ、水ロトム、アーマーガアが重かった為、保管枠として採用。入れてみて分かったが悪巧みを詰める場面が他ロトムと比べて非常に多いと感じた。最初は飾り枠だと思ってたが思いの外選出して必ず仕事をしてくれた。ナットレイに強いのもgood!

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策|おすすめ性格【ソード... 【剣盾】【議論】エースバーンが嫌がられるのって、見た目の割に優遇されたからだろ? | ポケモン剣盾 まとめ攻略 GAMER STAND

エースバーン 構成

ポケモン剣盾(ソードシールド)における、エースバーンの育成論と対策を掲載しています。エースバーンの強い点や評価も掲載していますので、エースバーンを育成したい方は是非参考にしてください。 剣盾当初からエースバーンの隠れ特性がリベロ(ゲッコウガのへんげんじざいと同効果)であることは判明していましたが解禁されることはありませんでした。ゲッコウガが猛威を奮ったこともあり解禁されれば間違いなく環境入りすると当初から言われていました。そして、6/2 22:00に突然解禁されて、既に対戦環境入りしてその強さから環境に多大な影響を及ぼしています。 エースバーン@いのちのたま 特性:リベロ 性格:ようき 種族値:80-116-75-65-75-119 努力値:h4 a252 s252 実数値:156-168-95- 技構成:かえんボール/とびひざげり/とびはねる/ふいうち 入替候補:とんぼがえり、アイアンヘッド、エレキボール、しねんのずつき、ダストシュート、ビルドアップ、みがわり、カウンター、フェイントなど…

エースバーン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略 アッキのみバルジーナでエースバーンを返り討ち!! | シードポケット

エースバーン 構成

【ポケモン剣盾】『エースバーン』の種族値や弱点、進化、隠れ特性など基本データから、剣盾でエースバーンが覚える技、タマゴ技(遺伝技)、鎧の孤島にも対応したエースバーンのレイドバトル・生息地(出現場所)・入手方法まで完全網羅。 第八世代のほのお御三家。 物理アタッカーとして高水準なステータスに加え、専用特性「リベロ」により、全ての攻撃技を一致で扱うことができる。 これにより、高速・高火力・広範囲と三拍子揃った非常に優秀なアタッカーとして活躍でき、一致ふいうちによる高い縛り性能も有する。 専用キョダイマックス技「キョダイカキュウ」による対ミミッキュ性能に加え、ダイジェット・ダイナックル・ダイスチルなどを一致で扱えることからダイマックス適性が抜群に高く、名前通りのエースとして環境を牛耳るトップメタ。 ただし習得技のバリエーションはゲッコウガほどではなく、ほのお・みず・でんき・じめん・ひこう・ドラゴンの6タイプに対しては物理技で弱点を突けない。 火力より技範囲を重視されたゲッコウガとはやや事情が異なり、等倍での撃ち合いを求められるケースも少なくない。 そのため、アイテムやダイナックル・ビルドアップでの火力補強と相性がよく、撃ち分けメインの崩し役としてより、高火力での制圧を狙うダイマックスエースとしての運用を任せられがちである。 カバルドン・バルジーナといった物理受け相手はやや苦手だが、ラムのみ・ちょうはつといった手段で起点にできる可能性もあるため、上手く崩せるよう立ち回りたい。 S119は、ギリギリ120族に抜かれてしまう絶妙なラインだが、メガボーマンダの消滅した第八世代では大きな欠点とは言えず、インテレオンに抜かれるのがやや惜しい程度と言える。 素早さデフレの今世代では相対的にかなり速い部類であり、ミラーを意識するのでなければアイアント抜き程度までSを落とした調整も一考の余地がある。 準速でも最速104族=ニャオニクス相当であり、さらにSを落として耐久に回しても現実的なラインでミミッキュ抜きを維持できる。 【特殊技の有用性について】 ギャラドスピンポイントのエレキボールの採用が8%ほど。現時点ではその他の技は採用が伸びているとは言えず、奇策の域を出ないため記述を削除。 元技の威力に関係なく威力は160で固定。 効果によってがんじょうやもらいびを無視でき、特にミミッキュのばけのかわに阻害されない点は特筆に値する。 元技がなんであろうと炎であれば最高火力に変化するため、ニトロチャージ入りバトン特化構成でもいざというときに火力役になれるのは地味ながらとても優秀。 1発の威力はダイバーンより高く、天気をひでりにしない為、味方の水アタッカーの邪魔にもならない。 ただ、ひでりにしない事から2発目以降の火力では劣り、相手の天候戦術の妨害にもならない。 一長一短であるため、どちらで運用するかはパーティ次第と言える。隠れ特性。へんげんじざいと同じ効果。基本的にはこれ。 もうかの最大火力には及ばないが、全てのサブウェポンをタイプ一致で撃てるようになる。 本来抜群の相手の技を等倍や半減で受けることができれば実質的に耐久上昇効果も期待できる。素早さの高いエースバーンと好相性。 一方で炎技を半減するタイプの技を一切習得できない為、対炎性能は更に下がる。 元がほのおタイプなのでおにびを撃たれる事は少ないが、ねっとうは撃たれやすいのでほのおタイプ喪失による火傷にも注意。 特性:リベロ 性格:ようきorいじっぱり 努力値:AS252 持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ラムのみ 優先技:かえんボール/とびひざげり/ふいうち/とびはねる 攻撃技:アイアンヘッド/とんぼがえり/しねんのずつき/ダストシュート/エレキボール 変化技:みがわり 現環境のほぼすべてを占めるリベロを活かした物理アタッカー型。 出来る限り攻撃範囲を広げ、弱点攻撃を掻い潜りつつ相手を崩していく。 パーティーの補完から、ダイマックスエースまで幅広く戦える。 弱点を突けないタイプにも、一致等倍である程度はゴリ押しがきくため極めて腐りにくい。 性格は頻発するミラー意識のようき最速が多い。 テンプレの技構成は優先技の4つ。 高火力の非接触技であるかえんボール。 高火力かつ炎との補完に優れ、ダイナックルでの火力上げもできるとびひざげり。 唯一の先制技かつアタッカー型のドラパルトを縛れるふいうち。 癖は強いがダイマックス技でダイジェットにしたり、逆に相手のダイマックスを枯らすとびはねる。 ダイマックスエースとして運用する場合、等倍での崩し性能を高めるため持ち物はいのちのたまの採用が最も多い。ダイマックスすることで反動も半減できるため相性が良い。 特性:もうか 性格:ようきorいじっぱり 努力値:AS252 持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/チイラのみ/もくたん 確定技:かえんボール/とびひざげり 攻撃技:ふいうち/とびはねる/とんぼかえり/アイアンヘッド/しねんのずつき/カウンター/いかりのまえば 変化技:みがわり 高い素早さと物理火力を活かし、上から相手を殴る。 かえんボールのお陰できあいのタスキ もうかのコンボとも相性がよく、数値以上の火力を出しやすい。 もうかで反動のない高威力物理炎技が使える炎タイプは他におらず、非接触である事も命中不安を補って余りある強み。 サブウェポンは、威力が高く炎技との相性も良いとびひざげりはほぼ確定。 先手とんぼがえりで低めの耐久を晒さずにサイクルを回す事も可能。 いかりのまえばは苦手な相手への削りに使えるが、元々攻撃範囲はそこそこ広いうえ炎半減のドラパルトに無効なので優先度は低め。 先制技のふいうちや、ダイジェットとして使う事で抜き性能を上げられるとびはねるなどの方が使用機会は多い。 タスキの場合はカウンターも有効で、ギャラドスなどの圧倒的に不利な相手を強引に倒す事ができる。 みがわり連打で自主的にもうかを発動できる。チイラのみや晴れ補正と組み合わせれば、かえんボールの威力は凄まじいものに。 例としてA252@もくたん型のもうか発動 晴れ状態のダイマックスかえんボールで無振りドラパルトが半減でも一撃で吹き飛ぶ。 交代読みでみがわりを置く事でゴーストにとびひざげりを空かされるリスクも軽減できるため、優先度は高い。 特性:リベロorもうか 性格:ようき 努力値:S180をベースに調整、耐久調整、残りA 持ち物:ラムのみなど 確定技:かえんボール/ビルドアップ 優先技:みがわり 攻撃技:ふいうち/とびひざげり/とびはねる/アイアンヘッド/しねんのずつき リベロ解禁以降はすっかり数が減ってしまったが、巷で筋トレ型とも呼ばれた型。 数値受けを呼びやすく、それらに対して逆に起点化していくという地雷型。 あくびカビゴンなどを起点にビルドアップを積んでいく。 積みやすくするために、Sは補正有S180で最速アイアント抜き程度まで落とす事が多い。 身代わり採用時は、ビルド後に仮想敵から身代わりが壊されないように調整すると良い。 また、その場合は攻撃技が2つになるため、特性リベロは優先度が下がり、 代わりに身代わり連打で発動が狙いやすく、ゴリ押ししやすいもうかの優先度が上がる。 特性:リベロ/もうか 性格:ようきorいじっぱり 努力値:AS252 持ち物:きあいのタスキ(推奨)/いのちのたま 確定技:かえんボール(推奨)orフレアドライブ/コートチェンジ 優先技:とびひざげり/まもる 選択攻撃技:ダストシュート/アイアンヘッド/カウンター/ふいうち/いかりのまえば/でんこうせっか/とんぼがえり/ダメおし 選択変化技:ちょうはつ/みがわり 無反動高火力技を持つ高速炎アタッカーとして運用しつつ、専用技コートチェンジで追い風や壁構築に対しての切り返しをこなす。 おいかぜで上を取られてもきあいのタスキで耐えつつコートチェンジで素早さを逆転させ、 もうか発動かえんボールを叩き込む動きが可能なため、持ち物はタスキが推奨される。 一方、リベロによる全技タイプ一致も強力なので、特性はパーティによって選択か。 技候補にダメおしを追加、エースバーン自身が素早いため使い所はかなり限定されるが ドラパルトのような自身より素早いポケモンと並べた時、主なトリル持ちであるエスパー、ゴーストに対して高火力の弱点技を持てる。 ↑いくらタイプ一致で撃てるとしても、ダメ押しのために技スペースと構築枠を割くのか?

エースバーンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモ... 【剣盾必見育成論】最強エースバーン! - ラレツ!

エースバーン 構成

【ポケモン剣盾】『エースバーン』の育成論・調整。エースバーンのオススメの技構成や、努力値調整など様々なパターンを一覧にして比較できるようにしています。

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策【リベロ型もあり!】 - ... S5最終306位【鉢巻エースバーンは強い】エースバーン・ダルマ対面構築|マサ|note

エースバーン 構成

ポケモン剣盾(ソードシールド)のエースバーンの育成論です。おすすめの技や夢特性のリベロを使った育成論、エースバーンの対策やポケモンを「何発で落とせるのか?

エースバーン -... 【ポケモン剣盾S4使用構築】筋トレエースバーン+剣舞サザンガルド【最終日最高:775位/最終:1324位】 - ポケモン多め趣味濃いめ雑談マシマシ

エースバーン 構成

エースバーンの技構成次第では、自身でそのまま相手する事も出来る。 マリルリ タイプが変わらないうちに先制アクアジェット。悪や格闘に変化していてもじゃれつくで弱点をつける。