• 記事: 24776
  • 質問に対する回答: 25614
  • コメント: 21740
  • 準備ができて答え: 21408

オウム 裁判

オウム真理教事件 - Wikipedia オウム真理教の麻原と元信者、計13人の死刑執行から1年。 陰謀論やフェイクニュースがはびこる現代で、私たちは、オウム事件から何を学ぶべきか。 | 時事オピニオン | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス

オウム 裁判

オウム裁判. その後も、中川智正(5月17日逮捕)、松本知子(6月26日逮捕)、岡崎一明(9月6日逮捕、後に宮前に改姓)、上祐史浩(10月7日逮捕)など教団幹部の逮捕は続いた。地下鉄サリン事件以降484人の信者が逮捕され、1998年までに189人が起訴された。 死刑囚・無期懲役囚らと面会し、長年オウム事件を取材してきた記者が問いかけること 2019/06/28 オウム真理教の教祖・麻原彰晃と、元幹部信者12人が死刑執行されたのは、2018年7月。1年が過ぎて、『オウム真理教 偽りの救済』(集英社クリエイティブ)という本が出版された。著者である瀬口晴義さんに、ご寄稿いただいた。 ※ あれから1年 2018年7月6日朝、マナーモードに設定してあったガラケーを手に取ると、着信記録や伝言メモ、メールの受信履歴が山のように入っていた。上司である東京新聞の臼田信行編集局長、本社の社会部デスク数人、地下鉄サリン事件の遺族である高橋シズヱさんからの着信もあった。何の連絡なのか、瞬時に理解できた。ガラケーでニュース速報を確認するとオウム真理教元代表・麻原彰晃(本名・松本智津夫)らの死刑執行を伝えていた。 予期していたこととはいえ、腕の震えを抑えることができなかった。麻原とともに絞首刑になったのは早川紀代秀(執行時68歳、以下同)、新実智光(54歳)、井上嘉浩(48歳)、中川智正(55歳)、遠藤誠一(58歳)、土谷正実(53歳)の6人。それぞれ教団の「建設省大臣」「自治省大臣」「諜報省長官」「法皇内庁長官」「第一厚生省大臣」「第二厚生省大臣」を務めた幹部信者だった。 死刑を廃止・停止しているEU諸国などから強い批判を浴びた最初の「大量執行」から20日後の7月26日、地下鉄サリン事件の実行犯である広瀬健一(54歳)、豊田亨(50歳)、林泰男(60歳)、横山真人(55歳)、坂本弁護士一家殺害事件の実行犯である岡崎一明(57歳)、端本悟(51歳)の6人の死刑も執行された。確定死刑囚13人全員が死刑になった。あれから1年が過ぎようとしている。 「闇」は残ったのか 死者29人、負傷者6000人超の犠牲を出し、加害者として13人もの死刑が執行されたオウム真理教事件は、日本で起きた最大の刑事事件である。1995年3月の地下鉄サリン事件以降、私は断続的にオウム関連取材を続けてきた。95年10月から97年4月までの約1年半、オウム裁判を専従で取材した。教祖の麻原彰晃の公判をはじめオウム信者が被告となった裁判は連日開廷され、一日に4、5件の審理があるという日も珍しくなかった。オウムにかかわった若者たちの声に何時間も耳を傾ける日々だった。 取材の過程で、地下鉄サリン事件の実行犯である広瀬健一、林泰男、坂本弁護士一家殺害事件の実行犯である早川紀代秀、岡崎一明をはじめ、無期懲役や有期刑を受けた被告たちと東京拘置所で面会し、手紙のやり取りを重ねるようになった。交わした書簡は400通を超える。解脱や悟りを求めて出家したはずの彼らがなぜ人の命を奪ったのか。どうして、一線を越えてしまったのか。ただ、それが知りたかった。 かつての弟子の判決の中で強く印象に残ったのは、地下鉄サリン事件の実行犯・林泰男に極刑を言い渡した東京地裁の木村烈裁判長の言葉だった。裁判長は判決理由を「被告人を一人の人間として見る限り、資質や人間性それ自体を取り立てて非難することはできない。およそ師を誤ることほど不幸なことはなく、その意味において被告人もまた不幸かつ不運であったと言える」と締めくくった。 彼らと接した経験から言えば、麻原を「師」に選ばなければ、彼らは実直に生きて、それぞれの立場で社会に貢献したと、私は断言できる。彼らは罪を裁かれるべき加害者であると同時に、麻原に人生を狂わされた被害者の面も併せ持つ。これがオウム事件の本質だ。 麻原の右腕だった「科学技術省大臣」の村井秀夫が95年4月に殺害され、教祖が弟子に責任転嫁したことで、地下鉄サリン事件の事前謀議など、未解明な部分が残されたことは確かだ。一方、人生を真面目に考えていた若者たちが教祖に取り込まれる原因となった神秘体験や、教団が武装化に至った経緯などについては、公判での弟子たちの証言を通じて多くの光が当てられたと私は思う。「闇」を嘆くよりも、解明された事実を共有する仕組みを考える方が再発防止には有益だが、その共有が十分にできていないことが問題だ。 2011年11月の上告審判決の際、地下鉄サリン事件や坂本弁護士一家殺害事件に関与したとして死刑が確定する中川智正は、弁護士を通じて以下のようなコメントを出した。 〈オウム真理教関連の裁判全体に関しては、残念に思っていることがあります。それは、どうしてあのような事件が起こったのか、必ずしも明らかになっていないと思われることです。事件の動機や背景が、少なくとも事件を知らない世代の方が分かるような形では記録として残されていないと思います。(略)麻原氏が何も話さないままに裁判を終えてしまったことも残念です。個人的な感情を別にしましても、同種事件の再発を防ぐため、彼には話して欲しかったです。私たちが起こしたような事件が2度とないように心から願っています〉 坂本弁護士一家殺害事件などに関与した早川紀代秀は、宗教学者の川村邦光との共著『私にとってオウムとは何だったのか』(ポプラ社、2005年)で以下のようなメッセージを残した。〈オウム事件は、どんな気狂いじみた(原文ママ)ことであっても、それはグルの宗教的動機から起こっていったということ、そしてグルへの絶対的帰依を実践するというグルと弟子の宗教的関係性によって、弟子がグルの具体的な指示、命令に従って事件を起こしていったということ。この二点は、二度とこのような事件が起こらないためにも、見誤ることなく、きちんと理解していただけたらと思います〉 一連のオウム裁判で多くのことが明らかにされたが、宗教的確信に基づいて実行された事件としての掘り下げ方は、十分とは言えなかった。なぜ私たちの社会は事件を防げなかったのだろうか、なぜ解脱や悟りを目指した生真面目な若者たちが暴走してしまったのか、行政の対応やマスメディアの報道に問題はなかったのか――。数多くの疑問に刑事裁判が応えることは不可能だ。 だからこそ、首謀者である麻原の死刑が確定した後、宗教学や社会学、心理学、精神医学など、さまざまな分野の専門家を総動員し、死刑囚からも聞き取りをして、あらゆる角度から光を当てる検証作業を始めるべきだ、と繰り返し私は新聞に書いてきた。しかし、国は権力の意志として「生き証人」を抹殺した。生き証人を活用し、検証作業に取り組んだのは、テロ防止の観点から死刑囚に聞き取りをした米国の専門家だけだった。 解脱や悟りを求めた若者たち オウム真理教は1984年にヨガ教室「オウムの会」として発足した。「オウム神仙の会」と改称し、87年7月に「オウム真理教」と名前を変えた。その2年後に東京都から宗教法人の認証を得た。地下鉄サリン事件を起こした95年3月の最盛期で出家信者が1400人、在家信者は1万4000人。ロシアにも3万人以上の信者がいたとされる。「貧・病・争」の克服を目指した戦後の新宗教とは対照的に、オウムに魅力を感じていた若者たちは「生きることのむなしさ」への解答を求めていた。経済を優先する享楽的な社会の変革を願う純粋な若者たちの疑問に、麻原は常に断定調で答えた。強い父性が若者たちを吸い寄せた。 バブル経済の全盛期、自分の存在を素直に肯定できない空虚さを秘めていた弟子たちの思いと、教祖が抱いていた強烈な支配欲、破壊願望。双方の周波数がぴたりと同調してしまったと私は考えている。

オウム真理教事件 死刑執行|NHK NEWS WEB

オウム 裁判

オウム真理教の信者や裁判などを長年取材してきた 「なぜ、あの時代にオウムというカルト集団が生まれたのかという意味を考えなければいけ ...

「最後のオウム裁判」結審—20年を経て明らかになったマインドコントロ...

オウム 裁判

オウム真理教元信者・高橋克也被告の一審判決で、20年前の地下鉄サリン事件など教団による一連の事件をめぐる刑事裁判は大きな区切りを迎え ...

オウム裁判傍笑記〔小学館文庫〕 青沼 陽一郎 本 通販 Amazon

オウム 裁判

オウム裁判は、一言で言えるものではない。公訴事実の存否だけではなく、一人ひとりがどうして信じて行ったか、罪を犯したか、それなりに分かってきている。 ところが、論者によってはろくに傍聴も行かず、裁判記録も読んでいなかったりする。

オウム逆転無罪判決で揺れる「裁判員」の意義 災害・事件・裁判 東洋経済オンライン ...

オウム 裁判

オウム真理教の菊池直子元信者の裁判が大きな波紋を呼んでいる。11月27日に東京高裁が下した逆転無罪判決は、量刑の問題などではなく、一審の ...

オウム真理教 死刑執行された7人 裁判で判明した“恐るべき役割”とは

オウム 裁判

7月6日死刑が執行されたのは、オウム真理教の教祖、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら7人。裁判で明らかになった、それぞれが果たした役割はなんだったのか。松本死刑囚は1984年、「オウム神仙の会」代表として宗教活動を始めた。その後オウム真理教へと名前を変えて信者を増やしていくと ...

オウム裁判で分かったこと、残る謎(江川紹子) - 個人 -...

オウム 裁判

最後の被告人に一審判決が出て、オウム裁判の事実審理は事実上終わった。一連の裁判でたくさんのことが明らかになった。その教訓を、若い ...

オウム裁判終結 高橋克也被告の無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却(1/2ページ) -...

オウム 裁判

オウム真理教による地下鉄サリン事件(平成7年3月)などに関与したとして殺人罪などに問われた元信者、高橋克也被告(59)について、最高裁第 ...

松本サリン事件 - Wikipedia

オウム 裁判

下里正樹 『オウムの黒い霧 - オウム裁判を読み解く11のカギ』 双葉社、isbn 4575285137。 林直哉、松本美須々ヶ丘高校放送部 『ニュースがまちがった日 高校生が追った松本サリン事件報道、そして十年』 太郎次郎社、isbn 4811807146。