• 記事: 18891
  • 質問に対する回答: 26456
  • コメント: 31766
  • 準備ができて答え: 28816

バチンウニ 対戦考察

バチンウニ -... 【ポケモン剣盾】ランクマッチ シングルバトル集計とその考察【シーズン3前期】 | ポケモンソルジャー【ポケソル】

バチンウニ 対戦考察

バチンウニ No.871 タイプ:でんき 通常特性:ひらいしん(でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。 ダブルバトルで、自分以外のポケモンが使った単体対象のでんきタイプの技の攻撃対象を自分にする。 2020年2月1日から13日にかけて、「ランクマッチ シングルバトル」の「マスターボール級」で使用されているポケモンの数を集計しました。また、今回のデータと以前掲載した「シーズン2後期の集計結果」とを比較し、環境がどのように推移しているかを考察します。 ↓前回(シーズン2後期)の集計結果はコチラ↓ 使用率集計 ・集計数:1000試合・集計ランク:マスターボール級・期間:2020/2/1~2020/2/13 順位 種族名 採用数 採用率 変動 1位 ミミッキュ 430 43.00% ━ 2位 ドラパルト 407 40.70% ━ 3位 ドリュウズ 322 32.20% ━ 4位 トゲキッス 295 29.50% ━ 5位 ギャラドス 245 24.50% ↑↑ 6位 サザンドラ 241 24.10% ━ 7位 カビゴン 226 22.60% ↑ 8位 アーマーガア 218 21.80% ↓ 9位 ロトム(ウォッシュ) 180 18.00% ↓ 10位 ギルガルド 165 16.50% ↑ 11位 カバルドン 161 16.10% ━ 12位 ロトム(ヒート) 140 14.00% ↑↑ 13位 バンギラス 128 12.80% ↑ 14位 エースバーン 126 12.60% ↓ 15位 ヒヒダルマ(ガラル) 117 11.70% ↓↓ 16位 ナットレイ 100 10.00% ↑ 17位 ニンフィア 99 9.90% ↓ 18位 ドヒドイデ 95 9.50% ↓ 19位 オーロンゲ 92 9.20% ↑ 20位 パルシェン 83 8.30% ↓↓ 21位 ロトム(カット) 76 7.60% ↑↑ 22位 パッチラゴン 75 7.50% ↓ 23位 ラプラス 74 7.40% ↑ 24位 アイアント 66 6.60% ━ 25位 ブラッキー 65 6.50% ↓ 26位 ウオノラゴン 64 6.40% ↑ 27位 リザードン 58 5.80% ↓ 28位 エルフーン 54 5.40% ↓ 29位 ガマゲロゲ 50 5.00% ↓↓ 30位 トリトドン 48 4.80% ↓ 31位以下 31位ドサイドン474.70%32位ウインディ454.50%33位ローブシン424.20%34位サニーゴ(ガラル)414.10%35位シャンデラ404.00%35位インテレオン404.00%37位ジュラルドン393.90%38位オノノクス383.80%39位メタモン363.60%40位ミロカロス353.50%41位ルカリオ333.30%42位ホルード323.20%43位ヌオー303.00%43位タイプ:ヌル303.00%45位ルチャブル292.90%46位マホイップ282.80%47位ブリムオン272.70%48位ゴリランダー252.50%48位コオリッポ252.50%50位コータス242.40%50位タチフサグマ242.40%52位シザリガー232.30%52位ネギガナイト232.30%54位マンムー222.20%54位ポットデス222.20%56位ゲンガー212.10%56位グレイシア212.10%58位サーナイト202.00%59位ピクシー191.90%59位ジャラランガ191.90%61位マタドガス(ガラル)181.80%61位キリキザン181.80%61位ストリンダー(ローなすがた)181.80%64位エーフィ171.70%65位ヌメルゴン161.60%66位クワガノン151.50%67位ギガイアス141.40%67位セキタンザン141.40%69位ランターン131.30%69位バンバドロ131.30%69位ストリンダー131.30%72位バイウールー121.20%73位ニダンギル111.10%73位エレザード111.10%73位エンニュート111.10%73位グソクムシャ111.10%73位トゲデマル111.10%78位シャワーズ101.00%78位ネイティオ101.00%78位ロトム(スピン)101.00%78位マルヤクデ101.00%82位シルヴァディ90.90%83位バタフリー80.80%83位ルンパッパ80.80%83位ドータクン80.80%83位チラチーノ80.80%83位クレベース80.80%88位デンチュラ70.70%88位バルジーナ70.70%88位ヨクバリス70.70%88位サダイジャ70.70%88位モスノウ70.70%93位ピカチュウ60.60%93位オンバーン60.60%93位ナマコブシ60.60%93位モルペコ60.60%97位ブースター50.50%97位オクタン50.50%97位ドラピオン50.50%97位リーフィア50.50%97位ゴチルゼル50.50%97位ブルンゲル50.50%97位カラマネロ50.50%97位ワタシラガ50.50%97位カジリガメ50.50%106位キュウコン40.40%106位サイドン40.40%106位キレイハナ40.40%106位ペリッパー40.40%106位オニゴーリ40.40%106位ロズレイド40.40%106位エルレイド40.40%106位ズルズキン40.40%106位ランクルス40.40%106位ウォーグル40.40%106位ゴロンダ40.40%106位アブリボン40.40%106位パルスワン40.40%106位ウッウ40.40%106位カマスジョー40.40%106位バチンウニ40.40%122位ダグトリオ30.30%122位ウソッキー30.30%122位ハガネール30.30%122位カポエラー30.30%122位デスカーン30.30%122位バイバニラ30.30%122位ガメノデス30.30%122位キテルグマ30.30%122位オトスパス30.30%122位デスバーン30.30%122位イエッサン(オス)30.30%133位ラフレシア20.20%133位カイリキー20.20%133位ギャロップ(ガラル)20.20%133位サワムラー20.20%133位ツボツボ20.20%133位テッカニン20.20%133位ヌケニン20.20%133位ヤミラミ20.20%133位フライゴン20.20%133位フワライド20.20%133位ドクロッグ20.20%133位ユキノオー20.20%133位マニューラ20.20%133位ダゲキ20.20%133位シンボラー20.20%133位ペロリーム20.20%133位パンプジン20.20%133位オニシズクモ20.20%133位アマージョ20.20%133位ダダリン20.20%133位タルップル20.20%133位ダイオウドウ20.20%155位イワーク10.10%155位エビワラー10.10%155位バリヤード10.10%155位サンダース10.10%155位イノムー10.10%155位マッスグマ(ガラル)10.10%155位ダーテング10.10%155位クチート10.10%155位ライボルト10.10%155位サマヨール10.10%155位チェリム10.10%155位スカタンク10.10%155位ユキメノコ10.10%155位ムシャーナ10.10%155位イワパレス10.10%155位ユニラン10.10%155位シュバルゴ10.10%155位ギギギアル10.10%155位ツンベアー10.10%155位マッギョ(ガラル)10.10%155位ゴルーグ10.10%155位ニャオニクス(メス)10.10%155位ジジーロン10.10%155位イオルブ10.10%155位フォクスライ10.10%155位サニゴーン10.10%155位バリコオル10.10%155位イエッサン(メス)10.10%155位パッチルドン10.10%155位ウオチルドン10.10% 主な変動 ギャラドス(10→5) シーズン2終盤に「カバルドン+ギャラドス+ミミッキュ+カビゴン」という並びが大流行し、現在はランク帯に関係なく流行しています。

ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド) ダイジェットが使えるポケモンまとめ【ソード・シールド】 - Ante:PokemonEden

バチンウニ 対戦考察

ポケモン対戦考察まとめWiki 本サイトはポケモンの第八世代のバトルを考察するWikiです。 当Wikiはある程度自由奔放なWikiを目指しており、自由な編集を推奨しています。 原則的に新規ページ立ち上げ、編集など自由にしてもらって構いません。 「ラムのみ」を持った竜舞型などがメジャーとなった時期もありましたが、現在は「いのちのたま」持ちの4ウェポン型に回帰している印象です。本サイトで何度も解説しているように、特性の「じしんかじょう」と「ダイジェット」を合わせた攻撃しながらの「りゅうのまい」が今でも変わらず強力で、「ダイジェット」圏内のポケモンとギャラドスが対面してしまうとそれだけで試合を決められるだけのパワーを持っています。 カビゴン(9→7) 上記のギャラドスと同様、カビゴンを採用した並びが前シーズンで流行し、その影響もあってランクバトルではかなり多く見かけます。 これまでは「あくび」を持った対面操作型がほとんどでしたが、最近では「はらだいこ」や「のろい」で能力を上げてから「キョダイサイセイ」で攻撃してくるアタッカー型も増え、対処が非常に難しくなっています。さらに、このポケモンの活用方法も多岐にわたり、ただ後出しして「あくび」を使ったり積み技を積んでくるだけでなく、「トリックルーム」後のエースポケモンとしての採用も目立つようになりました。 アーマーガア(5→8) ギルガルドやギャラドスの使用率が増加し、パーティの鋼枠やダイジェット枠を取り合うような形で数を減らしてしまいました。また、前シーズンがTOD環境であったせいで遂行速度の遅いこのポケモンはあまり使われず、その印象に引っ張られて使用率が減っているようにも思われます。しかし、環境が向かい風であるわけでもこのポケモンの性能が低いわけでもなく、総合時間が増えTODもかなり減ったためシーズン1とほぼ変わらない活躍を見せています。 「ラムのみ」を持ったダイジェットエース型、同じくダイジェットエースである弱保型、ダイマックスミミッキュをも受けられる「オボンのみ」持ちの物理受け型などが使われています。 ガラルヒヒダルマ(7→15) 着々と数を増やしているギルガルド入りに対して、「キングシールド」で技を見られてから動かれると簡単に対処されてしまい、環境的に動き辛くなってしまっています。他にも、流行りのギャラドス+カビゴンに対してカビゴンの特性「あついしぼう」のせいで技が一貫せず、活躍が難しいです。 また、ヒヒダルマの型の開拓が進んでおらず、序盤から型の決めつけを食らってしまいがちである点も弱みの1つです。 よく見る並び スタンダード これらのポケモンはタイマン性能・崩し性能・ストッパー性能のどれを取っても優れており、明確なコンセプトを設けていないスタンダードなパーティには必ずと言っても良いほど採用されています。 環境の動きによってこれらのポケモンの型の流行り廃りが目まぐるしく動いており、豊富な習得技のおかげで新しい型も早いペースで誕生しているため、最新情報の把握がスタンダードパーティに勝つための条件であると言えます。 カバギャラ カバルドンやミミッキュで相手のポケモンを削り、ギャラドスで全抜きすることを目指したパーティです。 カバルドンやミミッキュなどの展開要因に手間取ってしまうとこちらのポケモンがギャラドスの「ダイジェット」圏内に入ってしまい、「じしんかじょう」と合わせて攻撃と素早さのランクを上昇させられてしまいます。これのせいで、こちらの後続のポケモンをダイマックスさせてギャラドスを対処しようとしても殴り勝つのは難しいです。そのため、これらのポケモンへの明確な対策を事前に用意し、ギャラドスの「ダイジェット」圏内まで削られないように立ち回る必要があります。 カビゴンは「あくび」でこちらのダイマックスポケモンを流そうとしてくる型や「キョダイサイセイ」を撃ってくるエース型、さらには序盤に雑に殴り合って試合を動かしてくるチョッキ型など様々で、選出段階で型を絞るのはかなり難しいです。 ヌルアント タイプ:ヌルの「とんぼがえり」で試合を動かし、アイアントで相手を倒せる対面を作ることを目的としたパーティです。 アイアントは特性「はりきり」のせいで非常に高い火力を持っているため、このポケモンより遅いポケモンばかりではまず間違いなく3タテされてしまいます。かといって速くて耐久の低いポケモンを使用すると「であいがしら」によって先制で倒されてしまうため、このパーティに勝つには単純にどの数値も高いスペックの高いポケモンを使用するか、アイアント以外の対面で「ダイジェット」を使用しアイアントの上を取れるよう立ち回る必要があります。 トリルパ ミミッキュの「トリックルーム」でドサイドンを活躍させるパーティーです。 初手に置かれやすいギルガルドは数値が高くこちらのダイマックスの使用を誘ってきますが、ダイマックスを切った状態で相手のダイマックスドサイドンを倒すのはほぼ不可能であるため、多少の被害を受けることは覚悟してギルガルド対面でのダイマックスを堪えるようにしましょう。 また、最近ではドサイドンではなくカビゴンをトリルエースとして採用しているパターンも多く、ミミッキュ+カビゴンという並びを見たらドサイドンと同様に「トリックルーム」を警戒する必要があります。 終わりに 以上、シーズン3前期分の集計でした。ポケモンHOMEがリリースされたものの、待望されていた集計機能などはまだ実装されていないため、私たちの集計はもう少し続きそうです。次回もよろしくお願いします。

バチンウニ - ネタポケまとめ改@wiki【7/5更新】 - アットウィキ 【ポケモン剣盾】ストーリー攻略まとめ | ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略Wiki | 神ゲー攻略

バチンウニ 対戦考察

バチンウニ ※第8世代のポケモンです。 No.871 タイプ:でんき 特性:ひらいしん(電気タイプの攻撃を受けるとダメージを無効化し特攻が1段階上がる。 ダブルバトルで、自分以外の電... こんにちは、しゅんくり~む(すんく)です。ランクバトルのダイマックス技の中で飛行タイプのダイジェットが非常に強力だということを踏まえ、今回は飛行タイプの技を覚えるポケモンをまとめてみました。 相手のダイジェットを警戒したり、ダイジェットが使えるアタッカーを探す時などにご活用ください。 飛行タイプの攻撃技一覧 ひとまず飛行タイプの技名・威力・ダイマックス技の威力をまとめておくので、以降の習得者をまとめた表と合わせてご活用ください。 物理技 元技の威力 DM技の威力 ゴッドバード 140 140 ブレイブバード 120 140 ドリルくちばし 80 130 そらをとぶ 90 130 とびはねる 85 130 アクロバット 55 110 つばめがえし 60 110 ついばむ 60 110 つばさでうつ 60 110 つつく 35 90 特殊技 元技の威力 DM技の威力 ぼうふう 110 140 エアスラッシュ 75 130 エアカッター 60 110 かぜおこし 40 90 以降の表ではスペースの都合で略称や漢字表記を使います。それでは、本編に入っていきます! 飛行タイプ タイプ一致でダイジェットを撃つことができる飛行タイプのポケモンについてまとめていきます。これらのポケモンは自然に飛行タイプの技を採用しやすく、高火力一致技を撃ちながら素早さを上げられる点が強力ですね。

バチンウニ/対戦 - ポケモンWiki のんびり丸のブログ

バチンウニ 対戦考察

このページは、バチンウニの対戦での扱い、および育成論を記述するところである。 バチンウニの歴史 第八世代. でんき単タイプかつ極度の鈍足で後出しとそこから動くのに向かないこと、ボルトチェンジを覚えないこと、hpが低く耐久の種族値配分に無駄があることから、当初の評価は低かっ ... 物理ダイジェット 飛行タイプの物理技を覚え、物理ダイジェットを撃つことができるポケモンを以下にまとめました。赤文字はその中でも特に物理アタッカーとしてダイジェットを活かしやすそうなポケモンを示しています。 名前 A C S ゴドバ ブレバ ドリル嘴 空を飛ぶ 飛跳ねる アクロバ 燕返し ついばむ 翼で撃つ つつく ギャラドス 125 60 81 ○ ウォーグル 123 57 80 ○ ○ ○ ○ ○ ● ケンホロウ 115 65 93 ○ ○ ○ ルチャブル 92 74 118 ○ ○ ○ ○ ● ○ ○ テッカニン 90 50 160 ● ○ アーマーガア 87 53 67 ○ ○ ● ○ ○ ● ウッウ 85 85 85 ○ ● ○ ○ ○ ● リザードン 84 109 100 ○ ● ○ ビークイン 80 80 40 ● フワライド 80 90 80 ○ ● ネイティオ 75 95 95 ● ○ ● オンバーン 70 97 123 ○ ● ○ バルジーナ 65 55 80 ○ ○ ○ ○ シンボラー 58 103 97 ○ ○ ココロモリ 57 77 114 ○ ● デリバード 55 65 75 ○ ● ○ ヨルノズク 50 86 70 ○ ○ ○ ● トゲキッス 50 120 80 ○ ○ ○ ● ペリッパー 50 95 65 ○ ○ ○ ○ バタフリー 45 90 70 ● マンタイン 40 80 70 ○ ● ○ 特殊ダイジェット 飛行タイプの特殊技を覚え、特殊ダイジェットを撃つことができるポケモンを以下にまとめました。青文字はその中でも特に特殊アタッカーとしてダイジェットを活かしやすそうなポケモンを示しています。

バチンウニ - ポケモンWiki

バチンウニ 対戦考察

ポケモンWikiは対戦情報サイトではありません。バチンウニの詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 ポケモン徹底攻略: 第八世代; ポケモン対戦考察まとめWiki: 第八世代 名前 A C S ぼうふう エアスラ カッター 風起こし トゲキッス 50 120 80 ○ リザードン 84 109 100 ● ○ スピンロトム 65 105 86 ○ シンボラー 58 103 97 ○ ● ○ オンバーン 70 97 123 ● ○ ● ○ ペリッパー 50 95 65 ● ○ ● ○ ネイティオ 75 95 95 ○ バタフリー 45 90 70 ● ○ ○ フワライド 80 90 80 ○ ヨルノズク 50 86 70 ● ○ ウッウ 85 85 85 ● ○ マンタイン 40 80 70 ● ○ ビークイン 80 80 40 ○ ○ ココロモリ 57 77 114 ○ ● ○ ケンホロウ 115 65 93 ● ○ ● ○ ギャラドス 125 60 81 ● ウォーグル 123 57 80 ● ○ バルジーナ 65 55 80 ○ ○ アーマーガア 87 53 67 ● ○ テッカニン 90 50 160 ○ ○ 飛行タイプ以外 タイプ不一致でダイジェットを撃つことができるポケモンについてまとめていきます。飛行タイプとは違い飛行技を採用することで技スペースが圧迫されてしまうなどの問題もありますが、高威力技で攻撃しながら素早さを上げられるという点は変わらず、ダイジェットを採用することで格段に抜き性能を高めることができます。

【ポケモン剣盾】イエッサンがテテフ並の火力を習得! 鎧の孤島の教え...

バチンウニ 対戦考察

イエッサンは第8世代のサイコメイカー使いです。カプ・テテフと比べて火力が足りないと言われてきたイエッサンですが、新技「ワイドフォース」によって、先輩テテフ並の火力を出せるようになりました。この記事ではワイドフォースを習得したイエッサンとライジングボルトを習得した ... 物理ダイジェット 飛行タイプの物理技を覚え、物理ダイジェットを撃つことができるポケモンを以下にまとめました。赤文字はその中でも特に物理アタッカーとしてダイジェットが活かしやすそうなポケモンを、青文字は特殊飛行技は覚えないが特殊アタッカーとして活躍しやすそうなポケモンを示しています。 名前 A C S 空を飛ぶ 飛跳ねる アクロバ 燕返し ついばむ 翼で撃つ つつく ゴドバ ブレバ ギルガルド 140 140 60 ○ ネギガナイト 135 68 65 ○ ○ シュバルゴ 135 60 20 ● ゴリランダー 125 60 85 ● エルレイド 125 65 80 ○ ゴルーグ 124 55 55 ○ カマスジョー 123 60 136 ○ ● ドラパルト 120 100 142 ○ ● サワムラー 120 35 87 ○ アマージョ 120 50 72 ○ ● ナゲツケサル 120 40 80 ● エースバーン 116 65 119 ○ ● アップリュー 110 95 70 ○ ● ○ ドクロッグ 106 86 85 ○ サザンドラ 105 125 98 ○ ● オクタン 105 105 45 ○ バチンウニ 101 91 15 ● フライゴン 100 80 100 ○ ギャロップ 100 80 105 ○ ダーテング 100 90 80 ○ パッチラゴン 100 80 75 ○ ○ パッチルドン 100 90 55 ○ トゲデマル 98 40 96 ○ ハリーセン 95 55 85 ○ ガマゲロゲ 95 85 74 ○ ソルロック 95 55 70 ● シルヴァディ 95 95 95 ○ バスラオ 92 80 98 ○ アズマオウ 92 65 68 ○ ● カラマネロ 92 68 73 ○ ● ホエルオー 90 90 60 ○ マラカッチ 86 106 60 ○ ● インテレオン 85 125 120 ○ ● マッギョ 81 66 32 ○ バイウールー 80 60 88 ○ ナマズン 78 76 60 ○ デンチュラ 77 97 108 ○ クワガノン 70 145 43 ○ ● ピクシー 70 95 60 ○ トサキント 67 35 63 ○ ● モスノウ 65 125 65 ● エンニュート 64 111 117 ● ドヒドイデ 63 53 35 ● ジジーロン 60 135 36 ○ ランターン 58 76 67 ○ フォクスライ 58 87 90 ● ホルード 56 50 78 ○ アブリボン 55 95 124 ● ルナトーン 55 95 70 ● 特殊ダイジェット 飛行タイプの特殊技を覚え、特殊ダイジェットを撃つことができるポケモンを以下にまとめました。青文字はその中でも特に特殊アタッカーとしてダイジェットが活かしやすそうなポケモンを、赤文字は物理飛行技は覚えないが物理アタッカーとして活躍しやすそうなポケモンを示しています。

バチンウニ育成論 :...

バチンウニ 対戦考察

【ポケモン剣盾】『バチンウニ』の育成論・調整。特性『エレキメイカー』、技『びりびりちくちく』『ねっとう』『じこさいせい』『のろい』を採用。バチンウニのおすすめの技構成や、努力値調整などを詳しく考察しています。 名前 A C S ぼうふう エアスラ カッター 風起こし クワガノン 70 145 43 ○ ギルガルド 140 140 60 ○ ジジーロン 60 135 36 モスノウ 65 125 65 ● ○ インテレオン 85 125 120 ○ アップリュー 110 95 70 ○ シルヴァディ 95 95 95 ○ ダーテング 100 90 80 ● ○ ● フライゴン 100 80 100 ○ ○ エルフーン 67 77 116 ● ○ エルレイド 125 65 80 ○ サダイジャ 107 65 71 ● キリキザン 125 60 70 ○ ヌケニン 90 30 40 ○ まとめ ダイジェットは高火力で殴りながら素早さを上げて大きく抜き性能を高めることができ、数あるダイマックス技の中でもかなり強力ですよね。そのため、ダイジェットが使えるポケモンをある程度把握しておくことは重要に思えますね~ 僕程度の考察ではそのくらいしか解らないので、これ以上の考察は強い方に任せます。

リザードンVMAX HR争奪戦 最強カード徹底考察!!|kidz1204|note

バチンウニ 対戦考察

・バチンウニ. デンリュウvと相性がよく,それでなくともコスパがいいくるくるスピンを評価しました。 ・キリンリキ. キリンリキらしい技を持つカードですね。 ドローやサーチの価値が高いシールド戦での手札妨害は泣けちゃいます! ・ツボツボ ポケモンソード・シールド(ポケモン剣盾)のストーリー攻略をまとめて掲載!各ストーリーの攻略ポイントも記載しているので、ストーリーを効率よく攻略したい時の参考にどうぞ! ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. GAME FREAK inc. 目次▼ジムバッチ1つ目まで▼ジムバッチ2つ目まで▼ジムバッチ3つ目まで▼ジムバッチ4つ目まで▼ジムバッチ5つ目まで▼ジムバッチ6つ目まで▼ジムバッチ7つ目まで▼ジムバッジ8つ目まで▼セミファイナルトーナメント戦▼ローズタワー▼ファイナルトーナメント▼まどろみの森〜ダンデ戦ジムバッチ1つ目まで 1 自室にバッグとぼうしを取りに行く 2 ホップを追いかけて、ホップの家に向かう 3 ハロンタウン北側にいるホップに近づく└ ・ハロンタウンのエリア情報 4 一本道を通り、ブラッシータウンに向かう└・ブラッシータウンのエリア情報 5 御三家の中から1匹を選ぶ 6 ライバルとバトルをする└「いいえ」を選択すると、レポートできる 7 まどろみの森に入り、森の奥まで進む└・まどろみの森のエリア情報 8 謎のポケモンとの負けイベントが発生する 9 自宅に戻り、ママに近づく 10 1ばんどうろにいるホップに近づく└・1番道路のエリア情報 11 ブラッシータウンにあるポケモン研究所に向かう 12 2番道路にある博士の家に向かう└・2番道路のエリア情報 13 外にいるホップに話しかける 14 ブラッシータウンの駅へ向かう 15 ワイルドエリアを通って、エンジンシティに向かう└・エンジンシティのエリア情報 16 ポケモンジムの外にいるソニアに近づく 17 エンジンシティの北側から2階へ移動する 18 エントリー後、左手にあるホテルに移動する 19 エール団との4連戦で勝利する┗ジグザグマ Lv6┗クスネ L9┗クスネ Lv9┗ジグザグマ L9 20 ホテルで休息後、スタジアムの受付と話す 21 3番道路を抜けて、ガラル鉱山に向かう└・ガラル鉱山のエリア情報 22 ガラル鉱山の出口でビートと戦う┗ ユニランLv13┗ ゴチムLv15┗ ミブリムLv16 23 ソニアのところへ向かう 24 ターフスタジムをクリアしてバッチをゲットする└・ターフタウンのエリア情報 自室のバッグを調べる ムービーが終了したら、自分の部屋にあるバッグを調べに行こう。バッグを調べないと冒険に出かける事ができない。