• 記事: 28087
  • 質問に対する回答: 31291
  • コメント: 22756
  • 準備ができて答え: 28650

ナルト サクラ 告白

ナルトはサクラにとって戦友! ふたりの関係性の変化や「告白」の真相について徹底解説!【NARUTO-ナルト... NARUTO(ナルト)の登場人物・キャラクター一覧!相関図も紹介 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

ナルト サクラ 告白

サクラはこの告白の直前、サイにナルトを苦しめているのはナルトに約束を課してしまった自分でもあるんじゃないかと指摘されます。 そのため、 サクラは自分との約束に縛られるナルトの重荷を解くため、告白をしました 。 WJネタバレありです!ご注意ください。 あとだいぶ欲目入ってます(笑) 最近巷ではナルトは最終的にヒナタとくっつくのではないかという予想がちょこちょこ囁かれ始めているように感じます。 かつてはそんな話出ることも少なかったように思うのですが、では、どうして今になってそう言われ始めたのか。超絶ナルヒナ寄りヒナタ信者が色々と考えてみました。 要するに作品の中でナルトがヒナタを好きになるのかどうかという考察でありますから、公式片想い相手であるサクラについては、いくらか否定的な立場を取ることになります。ご注意ください。 正確には、告白→ヒナタやられる→ナルトが初めて六本目の尾を出す一連の流れ。 ぶっちゃけここのシーンのヒナタは、完全にヒロインだと思います(笑) 主人公が強大すぎる敵に追い詰められたところに、実力の差なんて考えずに見境なく女の子が飛び込み、その想いの丈を伝えた直後に捻じ伏せられ、主人公がその怒りに堪えられず新たな力を解放しちゃうんですよ?なんという王道展開! 似たシーンとして挙げられるのは、死の森でボロボロになったサクラを見て、サスケの呪印が暴走するところあたりでしょうか? そういえば、この頃のサクラは今よりヒロインらしかったような気が。今まで考えたことありませんでしたが、もしかしたらサクラの立ち位置が、ヒロインからナルトと共に戦う仲間へとチェンジしたというのも、ナルヒナEND説が囁かれ始めた理由のひとつなのかもしれませんね。ヒロイン枠が空席になったと。 そこにきて、この四本目→六本目へとこれまでになかった一段飛ばしの覚醒ですから。当然九尾の封印が五本目だけやたら緩かったとかは考えられないので(笑)、自分に今しがた告白したヒナタが目の前で止めを刺されたその光景は、ナルト史上(少なくとも尾獣化云々を習得して以来は)かつてないほどの怒りと悲しみを引き起こしたのだという結論でいいと思います。 言い換えれば、その直前に殺された蝦蟇たちや破壊された木ノ葉の里は勿論、解放された尾の数だけでいえば「オレの前で自分の物みてーにサスケの名を~」のシーンよりも怒りが大きかったのかもしれません。 あの告白はやっぱり大きいと考えます。バトル漫画において主人公がその章のラスボスに立ち向かえるレベルの新しい力を手に入れるきっかけとなった重要なシーンですし、何よりこの話のサブタイトルが「告白」なんですよね。今までのNARUTOなら、「六本目……!」とか、いかにもありそうじゃないですか(笑)だから、この437話で一番大事なのは、ナルトが六本目を解放したことでも、もっと踏み込めばヒナタが死をも覚悟してペインに立ち向かったことでもなく、「ヒナタがナルトに想いを伝えたこと」なんですよね。 扉絵もナルトを想ってるヒナタだし。 とにかく、ヒナタの告白は作中で極めて重要視されているということ! それと、字が大きくなっているのは「私はナルト君が大好きだから」ですが、「私はナルト君のためなら死ぬのも怖くない」も凄く大事な台詞だと思うんですよね。 ナルトにとって、仲間にここまで言われたのは初めてだと思う。ヒナタのこの命がけの言葉が、人からの愛情というものをここにきてようやく受け取れるようになったナルトの心に響かなかった筈はないと、私は考えます。 これを不満に思っている人は多いですよね。もちろん私もです(笑)まあ不満とまでは行かなくとも、疑問に思ってる人なら相当数いるのでは。 もっとも、ヒナタ自身は全くと言っていいほどそんなことは気にしてないけどね。ヒナタのナルトへの想いは、いわゆる無償の愛です。ナルトから自分への何かしらの見返りを期待している様子が、最初からまるで無いんですから。これってやっぱり凄いことですよ……。 でもまあ、読者にとってはそうはいかない(笑) 確かに忍界大戦中だし、ましてやナルトはこの戦争における最重要人物だし、そこにきていきなり恋愛シーン差し挟むのもねえ、っていうのも解るんですが。 告白以降初めてのナルトとヒナタの接触は、例の「目を見ればわかる」のシーンだったわけですが、これもこれでなかなか重要なシーンではあるんですけどね。次に書くのでここでは飛ばします。 えーと、上述したようにヒナタのナルトへのある意味遺言にも似たこの告白は重要なシーンとして扱われています。 にも関わらず、ナルトからはヒナタに告白の返事はおろか、「あのときはありがとう」と伝えることすらしていない。これはナルトの人柄を考えると、彼の行動としては明らかに不自然です。「あなたのためなら死ぬのも怖くない」とまで言われたのに。 だからやっぱり、このまま何もない筈はないと思うんですよ。で、ここから都合よく解釈すると(笑)、ナルトからヒナタへ告白の返事、あるいは上述の台詞への感謝をするために、何かしら特別な舞台を取ってあるのでは……?とか、ほんとは重要な展開あったんだけど忍界大戦終わってから回想って形でやるんじゃ……?っていう希望が生まれます。 ちなみに私は割と本気で期待してます(笑) 告白以降初の対面。己の嗅覚と視覚への確かな自信ゆえに疑ってかかるキバやネジと、目の前のナルトをナルトだと目を見てはっきり感じ取るヒナタを対照的に描いた場面ですね。ヒナタにはひょっとすると、他の人にはないナルトレーダーみたいなものがある(笑)っていうとバカバカしく聞こえますが、でも、そういうことなんだと思う。どんなに姿形が、あるいは匂いまで違ってても、それがナルトでさえあれば、ヒナタにはちゃんと分かるってことが明白に示されたシーンなんじゃないでしょうか。アカデミーの頃からずっと見続けてきたからこそ、なんでしょうね。そこまでは描かれてないけれど、ナルトは凄く嬉しかったと思いますよ(*^^*) 追いかけるのは止めにします、からのヒナタの一連のモノローグ。一応キッシー的には→ヒナタはずっと憧れの人であるナルトを追いかけ続けていて、ナルトのようになりたかった。そう願って懸命に努力しているうち、成長した自分をナルトに見てもらいたいと思うようになった。で、そこにきてナルトに「ヒナタ、お前は強えーんだから」と言われ、ヒナタにとってはこれ以上ないぐらい嬉しかった。そして、背中を追いかけるんじゃなく、隣にいて一緒に歩いていきたいと思うようになった。っていう流れなんだと思います。そしてこれらのエピソードはちゃんと筋が通っていると言っていいんじゃないかな。でもこれはストーリーとして、一般的な人間の感情の変遷として。 ただ、長年ヒナタのファンをやってる私には、正直ちょっと引っ掛かった(笑)。 ヒナタは、「ナルト君の隣を歩きたい」なんて、たとえ心の中でさえも言わない、というか言いたくても言えない子だと思うんですよね…。 凄く言い方が悪くなるんですけど、「ヒナタにしてはでしゃばり過ぎだなあ」っていう印象を受けました。 勿論普通の人間ならそういう思いに至ることに不自然さは無いと思うんですよ!でもヒナタって普通じゃないじゃない!(笑)人より遥かに自分に自信がなくて、ナルトをそれこそ自分にとっての救世主みたいにずっと崇めてきた(ペインとかより長いよ!)子なんです。 ただ私はもう筋金入りのヒナタ馬鹿なので(笑)、極端な話ヒナタが何言おうと、ヒナタを嫌いになんてなれないので、他のところに原因を探すんです。 そこで、キッシーがヒナタのキャラクターを微妙に曲げてまでこのモノローグを描いたのは何の目的があってのことなのかっていうのを考えたときに、ナルヒナendへの布石っていう説を考えちゃった訳です(笑)我ながらこじつけ!!(`∀´) これはナルヒナend説が囁かれる理由というより、むしろナルトとサクラがくっつく可能性が極めて低くなったといわれる理由の一つですかね。 えー…多くは語りません(笑) ただ、私いまだに何でサクラがナルトに嘘の告白をしたのか分からないんですよね…。 サクラはナルトの反応なんて分かってたって言われてますし、「だったら何で?」って当然持ってしまう疑問の明確な答えをまだ探し出せてません。皆さんにお聞きしたいぐらいです(笑) こんな訳のわからんエピソード入れたのも、ナルトがサクラとくっつかないようにするための、ひいてはナルヒナendへの暗示…?いくら何でも強引すぎるな(@_@) と、予想以上に長く、かつごっちゃごちゃになってしまいましたが二週間近くかけたナルヒナ好きによるナルヒナ好きのためのナルヒナ好きの考察でした。 読んでくださってありがとうございました(≧▽≦) P.

ナルト。【サクラの嘘告白】ってどういうサクラの意図ですか... - Yah... サクラ『ナルトはドジ!!足手まとい』 : ジャンプ速報

ナルト サクラ 告白

ナルト。【サクラの嘘告白】ってどういうサクラの意図ですか?m(_ _)mなんか、今50巻を途中まで読んでましたが、サクラの嘘告白にはどんな意図があったのでしょうか?僕には、【ナルトにサスケを危険な事を犯してまで追わないで欲しい。あなたは人柱力なんだから里にとっても大事な存在だ ... ≫≫ 戦争の終結、ナルトとサスケの最後の戦いから数日後――。 ナルト「…」 サスケ「…」 大戦の英雄うずまきナルト。 一応英雄、肩書き的には未だ犯罪者のうちはサスケ。 二人は仲良く同じ病室に収められ、綱手から十分療養するように言いつけられていた――。 ≫≫ ナルト「なーサスケェ…」 サスケ「何だ…」 ナルト「なんでよりによって同じ部屋なんだろうな…」 サスケ「火影が言ってただろ…『ナルトはサスケの見張りも兼ねて同じ部屋にした』、と」 ナルト「サスケはもう木の葉潰したりしねぇって言ってんのにさぁ」 サスケ「世界的に見れば俺は犯罪者だからな、信じてもらえないのも無理は無い…」 ナルト「つかお前随分あっさり更正したよな」 サスケ「もういいだろ別に」 ナルト「へへ…まぁよかったってばよ」ゴロン サスケ「……」 ナルト「……」 サスケ「ナルト」 ナルト「んー?」 サスケ「関係的には、結局お前って俺の弟なんだよな」 ナルト「まぁ………魂レベルの話になるけど」 サスケ「……」 ナルト「それが何?」 サスケ「一回で良いんだけどさ」 ナルト「うん」 サスケ「お兄ちゃん……って呼んだりとか」 ナルト「………」 ナルト「いやいやいやいやいやいや」 サスケ「ホラお前童顔だし」 ナルト「それ関係あるか?」 サスケ「いいじゃんちょっとだけ」 ナルト「お前キャラ変わりすぎだってばよ!?戦争中に頭のネジ全部ぶっ飛んだんじゃねぇの!?」 サスケ「確かにネジぶっ飛んでたな」 ナルト「ブン殴るぞてめぇ」 サスケ「ごめん」 ナルト「ていうかあのときまだお前来てなかったじゃん」 サスケ「サクラが教えてくれたんだ」 ナルト「あっそ……でもお兄ちゃんとかぜってー言わねぇかんな!」フン サスケ「え?何?」 ナルト「お兄ちゃんとかぜってー言わねぇってばよ!」 サスケ「なんて?」 ナルト「だからお兄ちゃんとか……あれ?」 サスケ「ありがとう、三回分俺の心は満たされた」ニヤリ ナルト(サスケってこんなにウザかったっけ) ≫≫ サスケ「あとネジで思い出したんだけどさ」 ナルト「あ?」ギロリ サスケ「そんなに睨むな……日向のさ、ヒナタっているじゃん」 ナルト「うん」 サスケ「お前とあの子ってあんなに仲良かったっけ?」 ナルト「……」 サスケ「お前サクラが好きなんじゃなかったのか?」 ナルト「いや、なんというか……」 サスケ「付き合ってるのか?」 ナルト「その………まぁ色々あったんだってばよ」 サスケ「色々…?」 ナルト「だから…ペインの時とかさ」 サスケ「何があったんだ?」 ナルト「えぇ……もういいだろ」 サスケ「教えてくれないのか…やっぱり俺はもう第七班の…」グスッ ナルト「あー!泣くな!わかったよ、言えばいーんだろ!?」 サスケ「フッ」ニヤリ ナルト「俺がペインにやられて動けなくなったときに、助けに来てくれたのがヒナタだったんだってばよ」 サスケ「…それで?」 ナルト「まぁでも結局やられちまって、そんで俺ってば……わけわかんなくなって九尾化しかけたんだ」 サスケ「風影が死んだときも暴走しただけなのに、その子がやられたときは九尾化したのか」 ナルト「なんでそれ知ってんの…」 サスケ「サクラがな」 ナルト(サクラちゃんそこまで教えといてなんでペイン戦については何も言わねーんだよ…) ナルト「まぁほんと目の前だったし…」 サスケ「そういえばあの子の忍道お前と同じなんだってな」 ナルト「やっぱ全部知ってんじゃん!」 サスケ「サクラがな」 ナルト「もうそれはいいってばよ!」 サスケ「ちなみに俺は近々サクラと付き合おうと思っている」 ナルト「あっそ!!………ってええ!!?」 サスケ「お前もヒナタと付き合えよ」 ナルト「今のお前に言われるのはなんかすげー気持ち悪いってばよ」 ≫≫ サスケ「あとさ」 ナルト「まだ何かあんのか…」 サスケ「奈良シカマルっているじゃん」 ナルト「うん」 サスケ「アイツ随分お前のこと気にかけてるみたいだな」 ナルト「あー…」 サスケ「付き合ってるのか?」 ナルト「なんでヒナタと同じノリで聞くんだってばよ!?」 サスケ「つうかお前って別に全く友達いなかったって訳でもないよな?」 ナルト「……友達、って言えるほどの関係かどうかはわかんなかったけどな」 サスケ「ちなみに俺は一人も友達がいなかった」 ナルト「……」 サスケ「一人も」ジー ナルト「そんな捨てられた子犬みてーな目やめろってばよ」 サスケ「寂しかったぞ」 ナルト「ごめんて…」 サスケ「まぁ俺には群がる数多の女の子がいたからいいけどな」ドヤァ ナルト「やっぱお前キャラ変わりすぎだってばよ…」 サスケ「だからお前に『友達だ!』って言われたとき、わりと本気で嬉しかったんだ」 ナルト「お、おぉ…」 サスケ「そのあと『お前といると、兄弟がいるってこんな感じかなって思うんだ』とか言い出したときには泣くかと思ったぞ」 ナルト「それなのに俺のことぶっとばしたんだな」 サスケ「体裁がな……お前は気絶してたから知らんと思うが、あのあと俺は二時間半お前の顔を見つめ続けた」 ナルト「え?」 サスケ「お前の髪が雨で濡れて頬に張り付き、見ててなんかムラムラしてきた」 ナルト「」 サスケ「チューしたろうかと思ったらカカシが近づいてきたから流石に逃げたがな」 ナルト「俺もうお前がわからねぇよ」 サスケ「お前過呼吸ホモとかストーカーとか言われてるけどさ」 ナルト「オイ」 サスケ「実際俺の方がずっとお前の尻を」 ナルト「ぎゃー!!もうやだ!!黙れってばよぉ!!」 サスケ「嘘だぞ」 ナルト「うぅ……冗談でもそういうのは止めてほしいってばよ……」グスグス サスケ「俺が本当に好きなのは兄さんだけさ」ハハハ ナルト「あっそ……え?」 サスケ「でもお前が過呼吸で倒れたシーンは二、三回読み直した」 ナルト「ウッ、なんか吐き気が…」 サスケ「アニメもエロかったぞ…中の人女性だしなんか生々しくて」フフ ナルト「お前結局男が好きなのか女が好きなのかハッキリしろぉぉ!!」 ≫≫ コンコン 看護師「はーい昼食ですよー」ガラガラ ナルト「この流れでメシとか食える気しねぇ…」 サスケ「む…納豆だと…」ズーン 看護師「それでは」ガラガラバタン ナルト「はぁ、いただきまー……あ」 サスケ「どうした?」イタダキマース ナルト「そういや俺ってば利き手無いじゃん…」 サスケ「右手どっかいったもんな」モグモグ ナルト「……」チラリ サスケ「うめぇ……あ、納豆はお前にやるよ」ポイ ナルト「そっか…お前は左手か…」パシ サスケ「スプーン持ってきてもらえばいいだろ」 ナルト「白米をスプーンはなんか嫌だってばよ」 サスケ「仕方ないだろ、文句言うな」モグモグ ナルト「む……」ジー サスケ「……何だ」モグモグ ナルト「ずるい!!なんでサスケは利き手があるんだ!!」 サスケ「千鳥左手で打ったからな」モグモグ ナルト「あー!!俺も螺旋丸左手で練習すりゃよかった!!」バタバタ サスケ「いいじゃないか、ヒナタに食べさせてもらえよ」ニヤニヤ ナルト「んん………あ、そういや!」 サスケ「ん?」 ナルト「おーい九喇嘛ァー」 九喇嘛(なんだ) ナルト「お前のチャクラって生命力に溢れてるんだったよな」 九喇嘛(それが何だ?……まさかお前…いや、流石に腕は生やせんだろ…) サスケ「俺も会話に混ぜろ!」バッ ナルト「うるせぇ」 サスケ「…」グスッ ナルト「ものは試しだってばよぉ!そぉい!」シュゴォ サスケ(九尾モード……まさかそれで腕を治すつもりなのか) ナルト「包帯取って…」クルクル サスケ「柱間細胞で義手作ってくれてるらしいし、そこまでしなくても良くないか…?」 ナルト「やってみる価値はある!えい!」ギュウ サスケ「…」 ナルト「…」 サスケ「やっぱ腕は……ん?」 九喇嘛(あ) ナルト腕「ニョキニョキ」 ナルト「あぁ…なんか感触がエロい」ニョキニョキニュルニュル サスケ「エロいだと!」バッ ナルト「反応するとこ違くね?」 ナルト腕「ジョウズニハエマシタ」デーン ナルト「っしゃー!腕生えたァー!」 サスケ「もうむちゃくちゃだな」 九喇嘛(嘘やん) ナルト「ようしこれで飯が食える!!」ニコニコ ナルト「いただきまーす!!」パクパク サスケ「………あのさぁ」 ナルト「お?」ムグムグ サスケ「……もしかしてだけど、俺の腕も生えたりするのか?」 ナルト「…」ムグムグ ナルト「生やして欲しいの?」 サスケ「そりゃ…まぁある方が」チラッ ナルト「やだ」 サスケ「えぇ…」 ナルト「なんか今のお前には触りたくねぇってばよ」 サスケ「そんな俺を汚物のように…」ガーン 九喇嘛(おーい、ナルトォ…) ナルト「うわっ何だよ九喇嘛」 九喇嘛(右腕が復活したってことは、もしかして六道のアレも…) ナルト「……」パッ ナルト「あるな」 サスケ「そこまで完璧に復活するのか…」 ナルト「…ん?」 サスケ「どうした」 ナルト「つーことは現時点で最強の忍ってやっぱ俺?」ニヤ サスケ「六道の力なしでも十二分に強いだろ」 ナルト「お前はもう使えないの?」 サスケ「わからんし別に試す気もないな…ていうか下手したら木の葉滅ぶし止めとくわ」 ナルト「それもそうだな」 ガラガラ サクラ「二人とも元気してるー?」ヒョコッ ナルト「あ、サクラちゃん!」 サクラ「お見舞いに……っ!ナルトなんで腕生えてるの!?」 ナルト「本気だしたら生えた」 サクラ「なんというファンタジー……」 サスケ「なぁ俺の腕も…」 ナルト「やだ」 サスケ「クッ…」 サクラ「んん…それにしてもまさか腕が生えるとはね…設定むちゃくちゃ過ぎない…?」 ナルト「そこ気にしたら負けだってばよ」 サスケ「……あ」ピコーン サクラ「どうかした?」 サスケ「ナルト」チョイチョイ ナルト「あー?」 サスケ(人体にも影響が与えられるってことはつまり、その手でサクラの胸に触れば…) ナルト(はぁ?) サスケ(だからつまり……)ボソボソ ナルト(……) サクラ「どしたの急に」 サスケ「サクラ、ちょっと目を閉じてくれないか」スッ サクラ「え?何?」 サスケ「いいからいいから」 サクラ「??……うん」 サスケ(今だ!ナルト、サクラの胸を揉め!)カッ ナルト(まさかお前が巨乳好きだったとはな……) サスケ(うるさい!早くしろ!) ナルト(……俺英雄なのになんでこんなことやらされてんだ…)シュゴォ 九喇嘛(なぁもう止めてくれないか?) ナルト(…まぁ暇だしちょっとくらいいいか) 九喇嘛(よくない) ナルト「……」ピトッ サクラ「!!?!?」ビクゥ サスケ「大丈夫、俺が触ってるから」(嘘だけど) サクラ「どういうこと!?」 サスケ「どうしようもなくお前の胸を揉みたくなった、許せサクラ」 サクラ「」 ナルト「……」モミモミ ナルト(マジで何なんだこれ……)モミモミ サクラ「んっ……あ……やんっ///」ムクムク サスケ「おっほ///」 ナルト「……」パッ サクラ「もう本当に何なの…?目あけていい?」 サスケ「いいぞ」 サクラ「ん……んん!?!?」ボーン サスケ「ナイス、推定Eカップ」グッ ナルト「もうやだ何コイツ」 九喇嘛(ワシもうついてけない、寝る) ナルト(ごめん) サクラ「な、何!?ていうかく、苦しい…」パツパツ サスケ「愛の魔法だ」ウインク サクラ「なるほど…///」 ナルト「この二人俺よりアホなんじゃ…」 ≫≫ ナルト「なんか色々疲れたってばよ…」 サスケ「まぁサクラのとびっきりの笑顔も見れたし良いじゃないか」 ナルト「俺の心には罪悪感しかねーよ…」 サスケ「お前が罪悪感を感じる必要など無い…俺は今最高に嬉しい」ニコニコ ナルト「おぉ……」ドンビキ サスケ「飯も食ったし暇になったな」 ナルト「話題の転換早すぎねぇ?」 サスケ「気にするな」 コンコン ガラガラ ヒナタ「こ、こんにちは」 ナルト「お!ヒナタ!」 いの「私もいるわよ~、サスケくーん!お見舞いに来たよぉ!」バッ サスケ「あ、はい」 いの「あれ?なんか冷めてない?」 サスケ「だってお前サイとかいうやつと付き合ってんだろ」 いの「え、…//そっ、それでもお見舞いくらいいいでしょ?」 ヒナタ「ナルトくん、大丈夫?………あれ?」 ナルト「うん?」ゴタイマンゾク ヒナタ「腕…どうしたの?」 いの「え………義手、もうできてたの?」 ナルト「本気だしたら生えた、義手じゃねーってばよ」ヒラヒラ サスケ「だから俺の腕も」 ナルト「うるせぇ」 サスケ「…もういいや」 いの「うへぇ、本当に本物の腕じゃない…本気だしたら生えたってすごすぎでしょアンタ」サワサワ ヒナタ「す、すごいね…」 ナルト「俺に出来ないことはない」 いの「アンタが言うとマジで冗談に聞こえないわ…」 ヒナタ「人体の再生なんて、もはや医療とかいうレベルじゃないね……」 サスケ「錬成術だな」 ナルト「かっこいいってばよ」 いの「呑気してていいの?わりと重大な事実発覚してるのよ?」 ナルト「かっこよければなんでもアリだってばよ」キリッ ヒナタ「ナルト君///」 いの「そういえば、さっきサクラが来てたでしょ?」 サスケ「…」ドキッ ナルト「…」ビクッ いの「本当は一緒に来るつもりだったんだけど、ヒナタと二人でお見舞い選んでたら遅くなっちゃった」 サスケ「そうか」 ナルト「お見舞いって?」 ヒナタ「これだよ」スッ サスケ「定番のフルーツだな」 ナルト「おぉ、サンキュ!」ニカッ ヒナタ「ひえっ」フラッバタン いの「あんだけ大胆に告白したりほっぺ叩いたりしたのにまだ気絶するのねこの子…」ハァ ナルト「……」 サスケ「どうした、ナルト」 ナルト「いやぁ……あのさ、ヒナタってばなんで俺見て気絶すんだ?」クビカシゲ いの「出ました天然」 サスケ「そんなお前も可愛いぞ///」 ナルト「螺旋手裏剣で二分割してやろうか」 いの「サスケ…君?」アトズサリ サスケ「あ、いや、冗談だそ?」 いの「そ、そうよね…ビックリした…」ホッ サスケ「俺が好きなのはイタチただ一人さ」ニッコリ いの「ほげぇ」バタン ナルト「あーあ」ヤレヤレ サスケ「クソ…ちょっと兄弟愛が強すぎるだけじゃねぇか!どいつもこいつもホモ扱いしやがって…!」 ナルト「俺もなんかホモ扱いされてるしな…まぁあんだけサスケのこと追い回してたし仕方ねぇか……」 サスケ「あくまで友情の範疇なんだよな」 ナルト「うん」 サスケ「じゃあやっぱり俺の片想い……」グスッ ナルト「もう突っ込む気も起きねーよ」 ≫≫ ナルト「どーしよ、二人とも気絶しちまったってばよ」 サスケ「ほっとけばそのうち起きるだろ」 ナルト「今誰か入ってきたら結構やばい状況な気もすっけど」 サスケ「そんな立て続けに見舞いが来るわけねぇよ」 ガラガラ シカマル「うぃーす……うおっ、何だこりゃ」 サスケ「来るわけあった」 チョウジ「いのにヒナタ?どうしたの二人とも…おーい、いのー?」ユサユサ キバ「何だこりゃ…ヒナタぁー?」ペチペチ ナルト「なんか今日はやたら来んな」 シノ「俺もいるぞ」ヌッ ナルト「うわっ…脅かすなよ」 シカマル「ヒナタの方はいつも通りナルトのせいだろうが、いのは…サスケ、お前が何かしたのか?」 サスケ「知らん」 ナルト「…」 キバ「あれ?ナルトお前、腕もげたんじゃ…」 チョウジ「もげたって…他に言い方あるでしょ」 ナルト「本気だしたら生えた」 シノ「…信じ難いが、確かに偽物でもなさそうだな」 シカマル「おめー人知越えた能力身に付けすぎだろ」 ナルト「文句なら九喇嘛に言ってくれってばよ」 キバ「クラマって」 シノ「九尾の名だろう」 サスケ「ん?…サイとかいうやつは一緒じゃねーんだな」 チョウジ「あぁ…」 シカマル「だって俺らあんまあいつと面識ねーし…」 ナルト「そうだっけ?」 シノ「話したこともない」 サスケ「……あいつって俺の代わりに第七班に入ったんだよな」 ナルト「それが?」 サスケ「いや……あいつってどんな奴なんだ?」 シカマル「わかんね」 チョウジ「知らない」 キバ「さぁ」 シノ「わからん」 ナルト「えぇ…」 サスケ「俺のこと好き好き言ってたいのがコロッと乗り換えるくらいだから俺に似てるのかと思ったが」 ナルト「言い方ひどくね?」 シカマル「確かに若干顔つきが似てるような…似てねーような」 キバ「匂いはクソ程も似てねぇぞ」 チョウジ「そんなのキバ以外わかんないでしょ」 ナルト「うーん……サスケほどスカした態度取るわけでもねーし」 シノ「下ネタは好きらしいとしか」 サスケ「下ネタ…だと」 ナルト「お前もゲスいネタ好きじゃん、おっぱいとk」 サスケ「黙れぇ!」バチチッ ナルト「おわあっ!」バッ シカマル「うおっ!…ツッコミついでに千鳥かますなよ危ねーな」 シノ「まぁこのくらいなら余裕で避けられ……」 キバ「…ぐぉ」バタリ ナルト「直撃してんじゃん」 シカマル「あーあ…」 チョウジ「実際キバってあんまし強くないよね」 シノ「言うな」 シカマル「そういやこいつが勝ったところ見たことなくね?」 ナルト「俺の屁に負けたしな」 サスケ「ンフッ」 シカマル「今笑ったろ」 サスケ「幻聴だ」 ナルト「幻術だみてーに言うな」 いの「う、ううん……?」ムクリ チョウジ「あ、起きた」 いの「?あんたら…」 シカマル「見舞いだよ」 いの「あ、そう……あれ、私なんで寝てたの?」 ナルト「サスケのイタチ大好き発言にショックを受けて」 サスケ「もっ、もういいだろ!//」 シカマル(ホモか…) チョウジ(ホモか…) シノ(ホモか…) サスケ「ただの兄弟(恋)愛だ」 シカマル「なんかニュアンスに違和感が…」 サスケ「そういうお前もずっとナルトの傍にいたいんだろ?」ニヤ ナルト「職業としてサポートしたいって意味で、だよな?」 シカマル「お…おう//」 ナルト「?」 シノ「俺は応援しているぞシカマル」グッ いの「木の葉の里やばい」 ≫≫ ヒナタ「うぅ…ん?」パチリ ナルト「おはよう」 ヒナタ「わ!?…にゃっ、な、ナルト君!!」ガバッ サスケ(今噛んだな…かわいい) ナルト「もうみんなは帰っちまったってばよ」 ヒナタ「みんな?…あ、もう夕方…私もそろそろ帰らなきゃ」スッ ナルト「おー、今日はありがとな!」 ヒナタ「う、うん!//……今日はあんまりお話できなくてごめんね…」 ナルト「別に、来てくれただけで嬉しいってばよ」 ヒナタ「ありがとう…//じゃあ、今日はこれで…」バイバイ ナルト「気を付けてな~」 ヒナタ「サスケ君も、お大事にね!」スタスタバタン サスケ「…あの子には胸部錬成術を施す必要はなさそうだな」 ナルト「もう胸の話はいいってばよ…何だ胸部錬成術て」 サスケ「推定E....下手すればFか…」 ナルト「うちは一族ってそんなに性欲強いもんなのか…?」 サスケ「少なくとも父さんと母さんは一日おきに愛を確かめ合っていたが」 ナルト「ド変態じゃん」 サスケ「日向も木の葉最胸とか言われるくらいだしそこそこエロいんじゃないか?」 ナルト「最強は自称だし漢字も違う気がすんだけど」 サスケ「自称とか言うなよかわいそうだろ」 ナルト「かわいそう……?」 サスケ「実際木の葉の血筋でいけばかなり上のランクだし」 ナルト「まぁな」 サスケ「もちろんうちはには遠く及ばねぇがな」ドヤァ ナルト「確かにそうかもしんねーけどそこまで自信たっぷりに言われっと、逆に弱そうだわ」 サスケ「俺は強いぞ」 ナルト「知ってるよ」 ≫≫ サスケ「それにしても暇だな…」 ナルト「つか片腕ねーのにだいぶ元気してんな俺ら」 サスケ「もはやそれも俺だけになっちまったしな…早くサクラに告白してぇ…」 ナルト「ほんと性格変わったよなお前…でもこれでやっと二人が幸せになれんだし、俺も祝福すんぜ」 サスケ「お前はいいのか?サクラちゃんサクラちゃん言ってたくせに」 ナルト「実はわりと早い段階でサクラちゃん熱は冷めてたんだ」 サスケ「初耳だな」 ナルト「でも俺ってば真っ直ぐ自分の言葉は曲げねぇとか言ってたしさ…ホイホイ諦めることもできずにずるずるずるずる……」 サスケ「なんか聞いてはいけない話を聞いた気がする」 ナルト「いや、最初の内は本気で好き……だった、うん」 サスケ「何今の微妙な間」 ナルト「いや俺…恋愛感情とかいまいちわかんねーし…」 サスケ(ヒナタの告白も、どうせラーメンが好きとかの"好き"と同列で考えてんだろうな…) サスケ「女体には興味あんだろ?」 ナルト「お前の口からそんな言葉を聞く日が来るとは……」 サスケ「おいろけの術とかハーレムの術とか」 ナルト「逆ハーレムとか?」 サスケ「カグヤ面食いだったし」 ナルト「あれはもうやりたくねぇな…またホモ扱いされそう」 サスケ「俺は素晴らしい術だと思うぞ、ハーレムの術」 ナルト「女の方の話だよな…?」 サスケ「どっちでも可」 ナルト(もうこのことに関しては一切踏み込まないようにしよう) サスケ「ちょっとやってみてくれよおいろけの術」 ナルト「えぇ…」 サスケ「いや俺実際にあれ見たことねーし」 ナルト「そうだっけ?」 サスケ「たぶん……いいから分身しろよ」 ナルト「……影分身の術」 影ナルト「やりたくねぇ」ボン ナルト「一回だけだかんな?」 サスケ「ばっちこい」 影ナルト「はぁ」ボン→変化 サスケ「すげぇ乳だな」 ナル子「サスケくぅーん//」スリスリ ナルト「見慣れた光景のはずなのに相手がお前ってだけで違和感5割増しだってばよ」 サスケ「乳揉んでいい?」モミモミ ナルト「そんなことされたら一生影分身解除できねぇよ…つかもう揉んでんじゃん!」 ナル子「…うっ」オロロロロ サスケ「吐くなよ!!」 ナル子「もう無理」ボフン ナルト「……うぐっ、嫌な記憶が流れ込んでくる……おっ…おうぇ」オロロロロ サスケ「二回も吐くなよ傷つくわ」 ナルト「だって男同士じゃん……」 サスケ「そういや胸で思い出したが」 ナルト「もう全てが嫌だってばよぉ」バタン サスケ「同期のメンバーに今のサクラの姿見られたらわりとやばくないか?俺愛の魔法だとかクソ寒いこと言っちまったしそんなんで胸でかくなるわけねぇし」 ナルト「知るか」 サスケ「急激な胸の成長をバケモノ呼ばわりされるかも…」 ナルト「……」 サスケ「そしてやがてサクラはハブられ独り身に」 ナルト「飛躍しすぎだろ」 サスケ「孤独の辛さはお前もよく知っているだろう!!」カッ ナルト「何いい話っぽく纏めようとしてんだコラ」 サスケ「Cらいで止めときゃよかったな」 ナルト「そもそもやらないっていう選択肢はねーのかよ…」 ―――Fin.

【ナルト】サクラの嘘告白の真相とは? コミックコミック ナルト「俺とお前の」サスケ「病室トーク」 - SS投稿速報

ナルト サクラ 告白

【ナルト】サクラの嘘告白とは何? そもそも、サクラの嘘告白について何なのかピンとこない方も多いと思いますが、第四次忍界大戦勃発前、ペイン襲撃後の五影会談前後で行われました。 岸本斉史により週刊少年ジャンプにて連載されていた大ヒットバトル忍者漫画『NARUTO(ナルト)』及び続編シリーズの『BORUTO(ボルト)』に登場する主人公うずまきナルトと当初はナルトを影ながら応援するサブヒロイン的立ち位置だった日向ヒナタの公式カップリング『ナルヒナ』 超鈍感だけどまっすぐなナルトと恋愛初心者でうぶなヒナタのカップリングにファンはメロメロ!? 今回は、そんな二人の生い立ちやなれ初めをTi PS特別徹底紹介!! 4代目火影の息子として誕生したうずまきナルト(CV:竹内順子)は、生後まもない頃火の国の襲撃により行われた木の葉崩しの犠牲として、その身に九尾を封印された挙げ句、両親はナルトだけでなく里を守るために命を落としてしまい天涯孤独となってしまう。 多くの犠牲を出した元凶でもある九尾の狐をその身に宿すことから、里の人々からは物心ついた頃から迫害を受けてきたため、幼少期のナルトは構ってほしさにイタズラ三昧に明け暮れていた。そのため問題児としても評判は悪かった。 さらに4代目の息子ではあるものの幼少期はかなりの落ちこぼれ(しかも4代目の息子ということは極秘なので周りはおろか本人すら知らなかった)だったため、周りからは忍者としての評価も低く一歩間違えるとグレる手前からのはい上がりを見せる。 最初ナルトは本作のメインヒロインの春野サクラに憧れていたことや、サスケにライバル意識を燃やしていたためヒナタの分かりやすい態度にも気づかなかった。 ナルトは当初ヒナタをイジイジした根暗でよく分からないやつとあまり良いイメージを持っていなかった。(これはナルトを見ると恥ずかしくて気絶してしまうヒナタのせいもある)しかし、だんだんヒナタの努力家なところや日向の因縁に巻き込まれていくうちに信頼できる仲間になっていく。 ヒナタとサクラは本当にすごいと思う。2人とも小さい頃からずっと好きだった人と結婚して子供が生まれて。ヒナタはナルトがサクラのことを好きって知っててもずっと好きでい続けて。サクラは殺されかけたこともあるのにサスケを見放さず好きでい続けて。この2人の一途さは本当に尊敬する pic.twitter.com/ox Ud Xh Lftn — 漫画ばか (@mangasmilelove) March 20, 2017 木の葉にて最強!

「NARUTO ナルト」 サクラの告白 #ナルスト - YouTube テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝

ナルト サクラ 告白

サクラがナルトと結ばれない理由に全米が泣いた【都市伝説】【アニメ】 - Duration: 13:09. 【ノンラビ】ノンストップラビット Recommended for you 13:09 な名門日向家の長女として一族固有の血継限界『白眼』を持つ日向ヒナタ(CV:水樹奈々)。日向家当主の娘として誕生したこともあり、父ヒアシからは幼少期から忍術のスパルタ教育を受けていた. しかし気弱で心優しく争いを好まない性格や、五歳年下の妹ハナビが天才的な忍びの素質を持っていたこともあり、当初はナルトと同様に一族の中でも冷遇されていた。さらに、3歳の頃に白眼を狙って誘拐される事件もおきている。 そのことで命を落としてしまった1つ年上の従兄弟 日向ネジの父親の一件以来、ネジからは長年殺意を抱かれていた。これが第1部の中忍試験のネジとの因縁の対決へと繋がっており、ナルトの火影になって里を変えたいという意識が強まるきっかけにもなった。 そんなヒナタだが、実は幼少時代に虐められていたところをナルトに助けられて以来(こちらはアニメオリジナルエピソード)自分と同様に世間から疎まれていたナルトが『ただ落ち込むだけの自身』とは違って『明るく前向きで気丈に振る舞う姿』に刺激をうけ、憧れの存在となっていく。 ちなみに、すでにアカデミー入学時からは影ながらナルトを見つめ応援しているヒナタがいたので、この頃から憧れから恋慕へと変わっていたとも言える。 当初はさほど接点がなかった二人だったが、大人達だけでなくアカデミーの同級生からも相手にされていなかったナルトに対してヒナタは、シカマル同様に特に差別をするわけでもなく普通に接していた数少ない人物でもあったことや、物語が進むにつれて忍としてのお互いの実力も向上していき、いつのまにか信頼できる仲間の一人として認識するようになっていく。 さらに物語的にも大きな展開を見せた第1部の中忍試験では、ヒナタに声援を送ったり、ネジに瀕死の重傷を負わされながらも健闘したヒナタのために怒り、ネジに挑んで誰もが予想していなかった勝利だけでなく、ヒナタとネジの和解へと繋がるきっかけにもなっている。 ヒナタの中の人水樹奈々さんも何度かラジオなどで「ヒナタの恋はきっと報われない」と諦めていたが、47巻437話『告白』にてまさかのヒナタ大胆告白が発表された!!

ナルト、サクラから告白の意味は?いきなり急な展開になるが冷静 - Ha... 『ナルヒナ』はショック!?小説に嫉妬…ツイッターの反応は?【NARUTO】【ナルト(NARUTO)】 | TiPS

ナルト サクラ 告白

ナルト疾風伝(アニメ)やマンガでみられたシーンで、おどろきましたね。 サクラの告白は、かわいかったですが何か違和感があってナルトはうれしそうではない。 その意味はいかに・・・。 ナルトへの気づかい. サクラはナルトの負担を軽くしたかった ... これにはヒナタの報われない片思いに諦めていたナルヒナファンはもちろんのこと、原作でも今まで一切恋愛要素が皆無だったこともあり、多くのファンが度肝を抜かれた!! 当時、ナルヒナファンの間では大きな衝撃をうみ、この後から一気にメインヒロインのサクラよりもヒナタ押しが急増していく。ナルトを守るためにペインの前に飛び出したヒナタだったが、圧倒的な強さに瀕死の重傷を負ってしまう。 ヒナタの姿に理性が飛んだナルトは、九尾の封印を解いて一時暴走状態に…と告白の後に色々な事件が立て続いたことや、戦争の激化に伴い、この告白は終盤までスルーされるというナルヒナファンにとっては生殺しの状態がしばらく続き、あの告白の回答はどうなったのかと論争も巻き起こった。 その時、ヒナタがナルトに平手打ちをし自分の従兄弟ネジが自分の目の前で亡くなるという辛い事態に、毅然とナルトを諭し「私と一緒に立とうナルトくん…まっすぐ自分の言葉は曲げない…私もそれが忍道だから! 」とナルトを奮い起こす。 そんなヒナタに答えるかのように「ヒナタ…ありがとう! 」と手を握り返したナルトは、なんとしてもこの戦争を終結させるために決意し、ネジの死を無駄にしないためにも奮闘していく。 これがファンの間ではナルヒナショックとして語り継がれているのだが、実際に告白をしたのは47巻が先なので、初期の頃からのファンが本当に衝撃をうけたのは実質47巻で、その後のナルヒナショック時に衝撃をうけた多くが元々ナルヒナ押しではなかった、あるいは47巻の告白自体がナルトを暴走させるためのただの伏線としか考えていなかったファンが多かった。 しかし615話で初めてナルトがヒナタに対し好意的な気持ちや態度を示したこともあり、この話でほぼヒナタルートが確定したこともあり、今でもナルヒナファンの間では当時のショックは鮮明に刻まれている。 幼少期の孤独だった二人や、そこから同じ忍道のもと修行を重ねお互いを支え合うほどに成長し、あの第4次忍界対戦も乗り越えた二人。 まさかのメインヒロインのサクラではなく、あまり絡みも多くなかったサブヒロインのヒナタとくっつき話題を呼んだナルヒナショックについてなど、ここまで数々のエピソードを紹介してきたがいかがだっただろうか? 映画ではまさかの原作者もノリノリの急展開で結ばれ、現在は長男ボルトと長女ヒマワリも誕生し、次の世代へと二人の火の意志は確実に受け継がれ次作BORUTOも目が離せない!!