• 記事: 20848
  • 質問に対する回答: 21531
  • コメント: 28166
  • 準備ができて答え: 28366

サスケ 左腕

アニメボルトでサスケの左腕が無い理由は?ナルトは何故義手なのか考... アニメ【NARUTO/ナルト】名言・名シーンランキング【ナルト(NARUTO)】 | TiPS

サスケ 左腕

サスケの左腕は、ナルトとの結末の谷の戦闘で失われました。 原作では、naruto単行本72巻に収録されている、698話「ナルトとサスケ⑤」にて、ナルトとサスケの腕が失われます。 ナルトは右腕、サスケは左腕で、お互いの術を撃ち合いました。 【 あかどう ヨロイ VS うちは サスケ 】 「行こうかァア!?」 「ああ!」 ヨロイが印を組んだ。サスケはホルスターに手をやり、クナイをいつでも抜き取れるようにする。ヨロイが腰を落し、右手を右足の膝に置く。その手がぼっとチャクラを纏って燃え上がる。左手は腰の後ろに結わえ付けたホルスターへ手をやり、そして両者は互いを睨みつけて、暫く様子を見ていたが……やがてどちらともなく攻撃を開始した。 ヨロイが三枚の手裏剣を投擲し、しかしサスケはクナイで三枚を全て弾き返す。刹那首の付け根を痛みが襲った。また呪印か! 思わず「くそっ、しまった!」と悪態をつく。不意をつかれた体のバランスが崩れかけ、なんとかバランスを取り直そうとするもそれは叶わず、不覚にも前のめりに転んでしまう。 忍者らしいスピードで自分の目の前に到達したヨロイのチャクラを纏った拳がサスケにたたきつけられようとする。咄嗟に転がって横向けの体型になり、それをなんとかかわす。ヨロイのその一撃で、床に小さな穴が開く。サスケはクナイを床に突き刺し、それを軸に足を回転させ、ヨロイの足を引っ掛ける。倒れたヨロイの首筋を左足で固定、そしてその右腕を左足と両腕とで固定する。 「やった!」 ナルトの嬉しそうな声が聞えた。その歓声に、ヨロイがふっと嘲るかのような笑みを浮かべる。そしてヨロイの右腕がくるりと浮んで、今まで上を向いていた掌がサスケの胸元に触れる。 「っ、ちからッ……!」 喪失感。何かを少しずつ奪われているような気味悪い感覚。 「ぐああッ!」 力の抜けた手から、ヨロイの右腕が解放される。そしてその腕は少し持ち上げられたかと思いきや、勢いをつけてサスケの胸に落下した。その一撃を残してヨロイは一旦サスケの傍から離れる。痛みに歯を食いしばりながら、サスケは痛む胸元を両手で押さえる。 ――なんだ? 力が……ッ! 力がとられてかれたような感覚。喪失感。これはまさか。 「サスケくん!」 サクラの悲痛な叫びに、咄嗟に体を起こす。しかし間に合わなかった。ヨロイのチャクラを纏った掌がサスケの頭を掴んで床に叩きつける。 「ぐああああああッ!」 またもや、あの気味悪い感覚が襲った。ヨロイの腕を引っ剥がそうと必死でその腕を掴むも、力が急速に抜けていく。有りっ丈の力を込めているはずなのに指先にはまったくと言っていいほど力が篭らない。 そしてやがて、全く力が入らなくなってきた。まずは利き腕で無い方の左腕がだらんと垂れ下がる。ようやくわかってきた。そうかこの気味悪い感覚は、 「お前、俺の、チャクラを……!」 チャクラを吸い取られている感覚だ。 「今頃気付いたか?」 ヨロイが、チャクラを吸われる感覚同様に気味悪い笑い声をあげる。 サスケのチャクラに反応して動く呪印と、対象のチャクラを吸い取るヨロイ。 それは余りにもサスケに不利な組み合わせだ。師たるカカシに写輪眼の類は使うなと言われ、写輪眼とその他火遁などは封印して、体術や手裏剣術などでしとめてしまおう、と思っていたが、このような相手に体術を使うだなんて自殺行為に等しい。チャクラとってください、というようなものだ。 更に右腕も力を失って、だらんと床に叩きつけられる。チャクラを吸われすぎた為だろうか、チャクラを取られる気味悪い間隔は痛みになりつつある。 「うあぁああああああ! はあッ、あッ、ああッ!」 どんなに呻き、叫び、ヨロイから脱しようとしてもチャクラは吸い取られていくばかりだ。そして苦しみもまた、重ねられる一方。苦しみに喘ぎながら、サスケはそれでも必死に力を込めようとする。 ――さあ……解放しなさい、甘美なる力……それしかあなたに生き残る道はないわ……

サスケは左腕がないので印が結べないと思いますなので千鳥とか出来な... 暁 〜小説投稿サイト〜: 木ノ葉の里の大食い少女: サスケ

サスケ 左腕

サスケは左腕がないので印が結べないと思いますなので千鳥とか出来ないのですか?あと映画だと影分身の術を使ってまさしたが片手だけしかないのに出来てるのは何故ですか? 変化の術を使い、音忍達の担当上忍として試合を観戦している大蛇丸は、心の中でサスケに向けてそっと囁く。ヨロイ、ミスミ、そしてカブトは、大蛇丸が木ノ葉に放った音のスパイなのだ。大蛇丸がもっとも信頼している部下カブトに、今回ヨロイとミスミが同行したのはそれぞれその能力ゆえだ。ヨロイのチャクラを吸い取る能力はサスケに呪印を発動させるに丁度いいし、ミスミの関節を外して体をぐにゃぐにゃにする能力はサスケの体に巻きつきさえすればその体術を封じ込めてしまう。 大蛇丸の爬虫類めいた瞳が、飢えた目付きでサスケを見つめる。うちはの末裔。うちはの生き残り! うちはサスケ、うちはイタチと同じ万華鏡写輪眼を開眼し得る男! ――そして私の次期転生候補に相応しい子! 大蛇丸はニタリと笑みを浮かべて、サスケの首の付け根に視線を注ぐ。そこから地虫のように呪印が這い出すのを今か今かと待ち構えて。 「ぐああああああッ――!」 力の入らない手に力を込めて、ぎゅっと握り締める。爪を掌に食い込ませた。先ずは手。それからゆっくりと足を持ち上げる。ヨロイはチャクラを吸い取るのに夢中で気付いていない。 先ずは手。それから、足。 「――っこの野郎っ!」 足を跳ね上げて、ヨロイの腹に一撃をお見舞いする。吹っ飛ぶヨロイに自由を取り戻したサスケは、力を失って震える腕になんとか力を込めて起き上がろうとする。 「まだ力が残ってるとはなあ? ただのモルモットのくせに」 ――っ危なかった……! 言葉を返す余力もなく、サスケは肩を上下させながら呼吸する。 「安心しろよ。直ぐ終わらせてやる」 その手に再び、チャクラが篭る。こちらに向かって駆けて来るその姿に、ふらふらとしつつサスケは起き上がった。よろける足ながら、振るわれるその腕をなんとか回避する。相手に吸われてやれるチャクラはもう残っていない。 自分の左頬目掛けて飛んできた拳をなんとか交わしてみるも、相手の手の纏ったチャクラが髪の毛と耳元とに触れてくる。それだけでもチャクラは吸われ、サスケはよろけた。その手に纏うチャクラに触れるだけでもチャクラは吸われてしまうようだ。 「どうしたどうした? もう終わりかァ?」 「はッ!」 小ばかにしたかのようなヨロイの声。振り返りざま、蹴りをお見舞いしてやろうとするも、それは容易く避けられてしまう。 ――こいつの狙いは、接近戦一本……! どうする、このままじゃジリ貧だ……! 息が苦しい。ヨロイが余裕と嘲笑の笑い声を立てた。 ――うちはサスケ……この程度か 我愛羅の冷たい青の瞳が疲労困憊したサスケを見下ろす。当初は兄たるカンクロウに気付かれず、カンクロウに石を当てることに成功したことから、実力者なのではないかと一目置いていたが――カンクロウを兄と認めていなくとも、我愛羅はその実力が砂ではまだ強い方に入ると認定していた――別にそうでもなかったようだ。 ――サスケくん……

うちはサスケ - Wikipedia ナルトのこのシーンめっちゃ衝撃的だったよなぁ・・・ : ジャンプ速報

サスケ 左腕

うちはサスケは、岸本斉史作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『naruto -ナルト-』に登場する架空の人物。 アニメでの 声優 は 杉山紀彰 、 東山奈央 (乳・幼児期、イタチ真伝)。 苦しむサスケの姿を見据えて、リーはぽつりと心の中で呟いた。元は戦いたいと思っていた相手だ。うちはの血を継いだ、最後の二人の内の一人。そんな彼が苦しんでいる姿を、リーは半ば失望、半ば心配の気持ちで見つめていた。 リーのその傍、ナルトは歯を食いしばってそんな様子をみつめていた。視界の隅、見ていられなくなったサクラが顔を逸らす。試合前泣きながらサスケを阻止しようとしたサクラを思い出して、悔しくなった。 サクラがそれほどまでに想ってくれてる相手が自分じゃないことが悔しい。俺はお前とも戦いたいと、そうやってナルトの強さを認めてくれたサスケと戦えなくなるんじゃないかということも、それと同じくらい悔しい。 耐えられずに、ナルトは大声で叫んだ。 「サスケェエエ! てめーはそれでも、うちはサスケかァアあ!?」 ナルトの大声にサスケが振り返る。 「ダッセー姿見せてんじゃねえ! しっかりやりやがれェエ!!」 サスケの視線が、こちらを見つめているカカシ、顔を逸らしたサクラ、大声を上げるナルトから、その傍のリーへと移って行く。その瞬間サスケの脳裏で何かが結びついた。 ――あいつは ロック・リー。五分で倒す。写輪眼。体術。敗北。コピー能力。 ――そうか!! 「――?」 その瞬間サスケの目付きが自信満々なものになったことに気付いたハヤテは、軽く目を見開いた。サスケのチャクラが磨り減っていくのを見守るだけと、半ば興味を失いかけていたこの試合。しかしサスケのこの目――これは何かあるなと、ハヤテは集中力を試合に戻した。 「余所見している暇なんかないだろ?」 手にチャクラを宿したヨロイが再びこちらに走ってくる。しかしサスケが彼を見据える目は、焦りと苛立ちの入り混じったような目付きではない。あくまで冷静沈着に、そして余裕に満ちた目つきだ。 「これで最後だ!」 走ってくるヨロイに向かって身構える。全身の神経を研ぎ澄ませ、集中力を高める。これは賭けでしかない。写輪眼のコピー能力なんて使うのはこれが始めてだ。それでもサスケは躊躇わない。もうこれしかないんだ。それにサスケの中には、きっと自分には出来るだろうという、何の根拠もない、得体の知れない自信に満ちていた。 ――これまでですかね 自信に満ちた目つきをしていたサスケだが、しかし今はまだヨロイの攻撃を避けてばかりである。ハヤテがまたもやこの試合に対する興味を失いかけたその瞬間、サスケの口元に、不敵な笑みが浮んだ。 「消えたッ!?」 「――!!」 いきなり消えたサスケの姿にヨロイがあたりを見回し、サスケがどこにいるのかに気付いたハヤテや大蛇丸たちは驚きに目を見開いた。リーの目が驚愕の色に染まる。 チャクラをためた足でヨロイの足元に高速で移動し、その腹を下から思い切り蹴り上げる。ヨロイの口から吐かれた血が紅い蝶々のように宙を舞う。 ――あれは僕の! ――何!? その技をよく知っているガイ、ネジ、テンテンも目を見開く。あの技はガイがリーに伝授したものだし、組み手でしばしば一緒になっているネジとテンテンも、あの技は一度ならず見たことがある。 跳ね上げられたヨロイの後を追ってその下方すれすれを飛ぶ。彼はまるでリーたち三班の思いを読み取ったかのように、言った。 「もっとも、ここから先は俺のオリジナルだけどな」 試験前リーと戦った時には、リーの技は禁じ手とされ、最後までやり終わる前にガイとその忍亀に阻止されて止められてしまった。だからこれからは、死の森にいた五日間習得した技でこいつをしとめてやる。 サクラは再び視線をサスケに戻した。悲しみと不安を浮かべていた緑色の瞳に驚きにも期待にも似た色が浮かび上がる。 サスケは人差し指と中指を立てて、ヨロイの腰につきつけた。 「終わりだ!」 「っか、影舞葉だと……!?」 「――食らえ」 サスケが静かにそう言った瞬間、首の付け根を痛みが襲った。呪印が赤く爛れたような色合いを発し、地虫のようにそこから這い出そうとする。体は悪熱を帯び、手足が痙攣する。げほ、と咳をすれば、口から吐かれた血がてかてかと眼の前の空を飛ぶ。 「っちくしょお……! 一々邪魔をしやがって!」 言った瞬間、サスケは地虫のように這うそれらがサスケの眼球にまで這い出したことに気付いた。驚くほど素早い動きで、呪印が悪熱をもってサスケの体を駆け巡る。痛みに目を瞑ってしまうと、“現実”から全てが消えていったような気がした。世界も。音も。臭いも。ただ舌に鉄みたいな血の味と、肌を駆け巡る呪印の感覚だけが残る。 そして現実から引き離されたサスケの脳裏に、サクラやナルトの姿が浮ぶ。 ――お願い。お願いだから、……やめて―― このような悪熱とは全く違う、人肌の暖かさ。発育途上のサクラの体には脂肪も付き始めて、その感触は男の自分と比べるとずっと柔らかい。嗚咽混じりの声が鼓膜を震わせ、ぎゅっと抱きしめてくる腕はか弱く震えているけれど、それでもとても暖かかった。 ――てっめー、サスケェエ! ダッセー姿見せてんじゃねェエ!―― 前はドベだの落ち零れだの見下していた彼を認めはじめたのはいつからだろう。サスケの反撃の切っ掛けになったのがその声であったことだけは確かな事実だ。もしナルトがそのような声を出さなければサスケが振り返ってリーを見ることにはならなかっただろうし、それにナルトの言葉が自分を随分と励ましてくれたこともまた事実。 ――あいつらに心配されるとはな……! 前までずっと見下していた二人に心配されるとは自分も随分と落ちぶれたもんだと、サスケは自嘲気味に笑う。これ以上やつらに俺を心配させてたまるかと、思いつつサスケは軽く息を吸う。 ――ここまでか……

【NARUTO】サスケの輪廻眼はなぜ左目だけ開眼した?能力や強さをネタ...

サスケ 左腕

【naruto】サスケの輪廻眼はなぜ左目だけ開眼した?能力や強さをネタバレ解説. 様々な力を持ちnarutoの世界で最強の忍と言えるナルトと相対して引き分ける事が出来るのがライバルであり親友であるサスケ。

サスケ (漫画) - Wikipedia

サスケ 左腕

サスケの微塵がくれによって右足を失う。 死巻兵馬(しまき ひょうま) 第2部に登場する柳生配下の隠密。十兵衛の命令で謎の浪人や下男・小六に扮してサスケを監視する。サスケとの戦いで左腕を失う。 糸瓜狂之助(へちま きょうのすけ) 声 - 森山周一郎

NARUTOのうちはサスケが犯した罪wwwwwww BORUTO速報...

サスケ 左腕

サスケ暗殺しようにもホモ達の火影がいるから多少はね? 14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/28(金) 16:05:12.19 ID:AWoRztA9p ダンゾウ殺したのはむしろ功績だからセーフ

七代目火影になったナルトの右手 包帯の下はどうなっているのだろう -...

サスケ 左腕

うちはサスケと仲直りするために 犠牲となったナルトの右腕 ナルトは初代火影の木遁使い 千手柱間細胞によって 右手の義手を作りました 柱間細胞ってiPs細胞みたいですね サスケは過去の過ちを忘れないために 戒めとして失った左腕はそのままにしています 人に見せられないほど できの悪い ...

うちはサスケ (うちはさすけ)とは【ピクシブ百科事典】

サスケ 左腕

サスケの罪は、世界を救うために貢献したことや、カカシやナルトの尽力によって免責された。 喪った左腕には義手が造られていたが、その完成を待たぬまま、贖罪のため、世界を見て周り、守るために旅に出る決意をした。

【NARUTO-ナルト- 疾風伝】 最終話 ナルトとサスケ - YouTube

サスケ 左腕

ナルト ストーリー最終話 ナルトとサスケ 二人の決着は・・・ この動画は PS4版 ゲーム NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4 より ...