• 記事: 20753
  • 質問に対する回答: 27442
  • コメント: 28831
  • 準備ができて答え: 30481

のほほんママ

のほほんママの半額節約ブログ トイレトレーニング全面拒否…たった1つの質問であっさりと成功!【のほほん息子とのんびり育児 第12話】|ウーマンエキサイト(1/4)

のほほんママ

のほほんママさんのブログです。最近の記事は「別の仕事をしてみて分かったこと(画像あり)」です。 \u3050\u3089\u3050\u3089\u3050\u3089\uff5e \u3069\u3063\u304b\u30fc\u3093","original Description":"mylist\/20242848 \u3050\u3089\u3050\u3089\u3050\u3089\uff5e \u3069\u3063\u304b\u30fc\u3093","thumbnail URL":"https:\/\/nicovideo.cdn.nimg.jp\/thumbnails\/14660131\/14660131","large Thumbnail URL":"https:\/\/img.cdn.nimg.jp\/s\/nicovideo\/thumbnails\/14660131\/14660131.original\/a960x540l?

ブログ記事一覧|のほほんママの半額節約ブログ コーギーママの、のほほん日記.。.:*・゜゜・*:.。

のほほんママ

のほほんママの半額節約ブログ 二人の男女のママの日々の半額食品料理や節約趣味ブログです♪アラフォー。 田舎の母に聞いた話。 母の友人(婆様)は農家で、ある大雨の翌日いつもの様に畑に行くと 畦道の水たまりに子イタチがはまってタヒにかけていた。 哀れに思った婆様はその子イタチを家に連れ帰り、手厚く看病した。 ほどなく元気になったので、「山へお帰り」と放してやった所、 婆 様 の 家 の 庭 に 帰 っ て 行 っ た 。 以来、庭はイタチ臭くなってしまったのだが、納屋からネズミは消えた。 庭をテリトリと決めた様で、侵入者がいると威嚇する。 が、婆様「だけ」特別で、今も仲良く手から鳥ササミもらってたりする。 つうか婆様もイタチかわいいらしくて、「困ったわー」とか言いながら 夜は家の中に入れてあげたりしてるらしい。どっちだよw 毎年見事な花を咲かせる婆様の庭の桜の下での花見を母達は楽しみに していたが、かなわぬ夢となったと母は嘆いていた。 でも婆様とイタチが仲良く花見する姿を想像したら、なんかなごんだ。映画館でならんでる時に見た、結構ガタイのいい男性.二人組 男性.Aが映画館の入口に置いてあるハチのぬいぐるみ(かなりでかいヤツ)をじっと凝視していると B「触りたいのか?」 A「超触りたい。触っても怒られないかな?」 B「お前さっき○○(失念)食ってただろ。汚れた手で触んなよ」 A「ちょっと待ってて」 Aは映画館の奥へと速足で行き、すぐに戻ってきた A「手洗ってきた。映画館の人に聞いたら、ちょっとなら触っていいって」 B「洗ってきたのかよwそんなに触りたいのかよw」 A「うはーハチかーわえー!」(頭撫でまくるA) B「俺も触らせろw」 A「これ欲しい…いくらくらいすんだこれ」 B「ぬいぐるみはアホ程高いぞ」 A「マジかよー超欲しいー」 B「どこに置くんだよwww」 二人しばらく撫でて満足した顔で映画館を出て行った いい年したお兄さんが二人してぬいぐるみ撫でててなごんだw長文失礼します もうすぐ義父になる予定の微妙な関係ですが一応「父」で。 実父のおかげで父親不信?

のほほんママさんのプロフィールページ - Ameba シンママ☆のほほん日記

のほほんママ

のほほんママさんのプロフィールページです. たくさんの芸能人・有名人が 書いているAmebaブログを 気味になり 義父さんが家に泊まるようになってからも しばらくは毎回部屋に閉じ籠っていた。 気まずいながらも言葉を交わすようになった頃 修学旅行先で好きな文字を彫ってくれる 革のブレスレットが売っていたので 母と義父さんに色ちがいで二人の名前を入れて作り 義父さんには母経由で渡してもらった。 ものすごく喜んでくれたらしい。 義父さんは週末はたいてい泊まりにくるんだけど、 ある週末の夜、母に迎えを頼むと、 いつもは義父さんの車で二人でくるのに何故か母一人。 「義父さんが寝込んで泣いてる。なんとかして。」 どうやらブレスレットをどこかで落としたらしい。 家も仕事場もスーパーも探したし交番も行ったが見つからなかった 申し訳ない、と布団をかぶってしくしく泣いていた。 布団から覗くスキンヘッドに萌えた。 高校生の時の話し。猫を飼っていた。ねこじゃらしを買い与えていたが、直ぐになくなりまた買うの繰り返し。多分10本以上。途中でもったいないと気付き止めた。どうせ猫も無くしたことに気づいてないと思ってた。ある日文化祭の振替休日で昼近くまで寝ていた。すると不思議な音がする。ジーゴトゴトポトッ一回だけでない。何回も。流石に目が覚めると寝ていた布団の周りにねこじゃらしが無数にあった。一人で混乱してると、ジーって音が聞こえてきた。音のする方向を見てたら、飼い猫の一匹がねこじゃらしくわえてた。起きた私を見た途端めちゃくちゃ甘えられた。そこで理解した。コイツはねこじゃらしを無くしてたんじゃなくて隠してた。その場所を覚えていた。今回、平日だから他の家族は居ないが私は居るが寝ている寂しい。そうだねこじゃらしで遊んでもらおう?

主婦必見の節約ブログ!のほほんママから学ぶ節約術とワーママの毎日 ... のほほんマロンさんⅡ:SSブログ

のほほんママ

のほほんママの半額節約ブログ とは? 節約に関する記事 リサイクルショップ・断捨離 今日は、昨晩息子の宿題を 見張り寝不足でしたが 親戚来るので、朝から衣替え断捨離して ゴミ出し、 子供のサイズアウトした服や 主人のいらないボロボロジャージ 着ないジャンバーなど ゴミ袋に入れて ... ってなってひたすら献上してたっぽい。因みにジーゴトゴトポトッの音はジー←ねこじゃらしの穂をくわえてくるから、棒の所が床に擦れるおと。(フローリング)ゴトゴト←私の部屋畳だから、擦れる音が変わる。ポトッ←私の耳元にねこじゃらしを置くからその音。一通りねこじゃらしで遊んだらまたなくなったけど本人(猫)が覚えてるならいいやってなった。産まれた時から猫と過ごしてたけど、これが一番衝撃的でした。父が、銀行口座を開設しに行った時の話。 今はクレジット機能がつくのが主流らしく、書き込む欄が色々ある。 そこにあった年収の欄を巡って、銀行員のお姉さんとのやり取り。 父「年収も書くんですか?」 銀「ええ、アバウトで良いですよ」 父「えっ?アバウトで良いの?」 銀「ええ、アバウトで」 父「何で年収がアバウトなの?」 銀「アバウトで良いんです。アバウトで。大丈夫です」 父「・・・そうですか・・」 父が年収の欄に書いたのは「アパート」 用紙を確認したお姉さんの顔、ポカ―(゚Д゚)―ン…

のほほんブログ ゆうママの 毎日のほほん ママ…ダウン

のほほんママ

【神戸どうぶつ王国】に行ったら最高すぎたのでその感想とママ視点 に SEO Reseller より 【⠀実録!】41歳で3人目出産!高齢出産のリスクを目の当たりにした日々 に 【3児ママ体験談】もし妊娠高血圧症候群になったら?予防法はある? のほほんブログ より